2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.11.06 (Fri)

CHICAGO 「CHICAGO 16」

前回ケニー・ロギンスの記事を書いている時、ある曲とアルバムを思い出していた♪
シカゴの大ヒット曲「素直になれなくて」とラヴ・ミー・トゥモロウ(シカゴ16)」だ。

CHICAGO 「CHICAGO 16」


1.WHAT YOU'RE MISSING
2.WAITING FOR YOU TO DECIDE
3.BAD ADVICE
4.CHAINS
5.HARD TO SAY I'M SORRY/GET AWAY
6,FOLLOW ME 
7.SONNY THINK TWICE
8.WHAT CAN I SAY
9.RESCUE YOU
10.LOVE ME TOMORROW

(1982年リリース作品)

プロデューサーにデヴィッド・フォスターを迎えて起死回生を図ったアルバムです!
このアルバムからビル・チャンプリンが正式メンバーとして迎えられました。
TOTOスティーヴ・ルカサー、 デヴィッド・ペイチ 、スティーヴ・ポーカロや、
マイケル・ランドウなどがデヴィッド・フォスターの要請を受けてゲスト参加してます!
メロディアスで洗練されたサウンドにCHICAGOのウリであるホーン・セクションを
加えて煌びやかでゴージャスな、いかにも80'sらしいロック・ソングを堪能できる♪
この策が見事に成功して、シングル「HARD TO SAY I'M SORRY」は全米No.1!
アルバム「CHICAGO 16」も大ヒットして見事にCHICAGOは復活したのであった!

ちょうど、ケニー・ロギンスの「サンライズ・パーティー」がヒットしていた同じ時期に
CHICAGOの「素直になれなくて HARD TO SAY I'M SORRYも大ヒットしていた。
学校から帰宅してFMラジオを聞けば、一日に一度は耳にするぐらいでしたからね!
美しいメロディー&ハーモニーの極上バラードに、ぶらうん少年は心奪われてました。
ラジオから流れてきた「素直になれなくて」カセットに録音して何回も聴いていた♪
すると、運良く母親も気に入ってLPを買ってくれることになった!凄く嬉しかったなぁ。
しかし、初めてLPで聴いた「素直になれなくて」には、かなり違和感を感じましたよ。
タイトルを見てもらうと分かるが、「GET AWAY」という曲が組み込まれていますが、
これが、ロマンチックな気分(笑)をぶち壊すような快活な小曲になっているのです!
当時、ラジオでは「ゲット・アウェイ」はカットされてたので曲の存在を知らなかった。
なので、最初の頃は「オイオイ、それはないだろ」と少し嫌な気分になっていましたよ。
でも、今は「ゲット・アウェイ」がないと逆に違和感を感じる程馴染んでおります(笑)

「HARD TO SAY I'M SORRY」は、洋楽を聴かない同級生までも虜にしてしまって、
数人の野郎と乙女達に「CHICAGO 16」のカセットへのダビングを頼まれたものでした。
その中には約1年後に付き合うことになった彼女も含まれていました!元気かなぁ?

中学生の頃は3度の飯よりレコードを聴いてる時間の方が好きだったなぁ(笑)
今は食事の時間も大好きですが、音楽を聴いてる時間も相変わらず大好きです♪



「CHICAGO 16」を聴いてると、楽しかった中学生時代の思い出が甦ってきます。
当時住んでいた家と自分の部屋、学校の校舎や級友達、当時の彼女などなど・・。
心が段々と癒されてきて、なんだか不思議と優しい気持ちになってくるんですよね。
久しぶりに「CHICAGO 16」を聴いて音楽の力の凄さを改めて思い知らされました!





テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

19:33  |  CHICAGO  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.24 (Sun)

シカゴ「シカゴ17」を聴いた。

デビッド・フォスターがプロデュースしたシカゴの17枚目のアルバム
「シカゴ17」 を聴いてみることにした !



私としては、超名曲「素直になれなくて」収録の前作
「シカゴ16 ラブ・ミー・トゥモロウ」 より好きなアルバムです!
80年代のシカゴの作品で一番好きですね!
ピーター・セテラ在籍最後の作品でもありますが・・・。

このアルバムは中学、高校生の頃によく聴いてました。
女の子に人気があり、よくダビングしてあげてましたよ。
「素直になれなくて」の威力?凄いです!!
中には、ロックじゃん なんて文句を 言ってくる子もいたなぁ。



サウンドはフォスターがプロデュースということで
シンセサイザー類の導入が目立つような気もするけど
ホーン・セクションも健在であり
シカゴ特有の味わいもある傑作だと思います!

「忘れ得ぬ君に」、「想い出に生きて」なんて
「素直になれなくて」に匹敵する 胸キュン・バラードですな。
女の子はこのような曲にキュンとするんだな。



久しぶりに聴いてみたが、おっさんになった今でも
バラード聴いてキュ~ンとしちゃったよ(笑)

それにしても、ビル・チャンプリンは 良い声してるよなぁ。
しびれちゃいますね。


テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

18:43  |  CHICAGO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |