2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.21 (Sun)

JOHNNY,LOUIS & CHAR 「OiRA」

6月15日、日本武道館でCharのライブが盛大に開催された♪
5月22日にリリースされたニューアルバム「ROCK+」に参加した
ミュージシャン達も多数出演したようですね!観たかったなぁ。
多分、その時の模様はCD・DVD・BDとして発売されるでしょう?
ZICCA RECORDSさん、そうですよね?期待してますよ(笑)
翌日がChar、なんと!60歳の誕生日!もう還暦なんですね!
そこで、最新作「ROCK+」の記事を書きたいところなんですが、
まだ、「ROCK+」をしっかり聴き込む時間が取れていませんので、
今回は、CHAR関連の作品の中で特に好きなコレを紹介します♪

JOHNNY,LOUIS&CHAR 「OiRA」


1.HEAD SONG
2.DOUBT
3.YOU KEEP SNOWIN'
4.KINDESALTER
5.WELCOME FOR MY BABY
6.HEAR ME IN HEAVEN
7.MOON BEAM
8.HOLD ME TIGHI

(1981年リリース作品)

伝説のバンド、イエローで活躍していたドラマー、ジョニー吉長(故人)、
若い方達にはロック・バンド、RIZEのドラマー、金子ノブアキ、
ベーシストのKen Kenの父親と紹介した方が分かりやすいかな?
ちなみに、Charの息子はRIZEのギター&ボーカルのJesseです。
ザ・ゴールデン・カップスに在籍していて、「リードベース」と称された
圧倒的なベースプレイで注目を集めていたルイズルイス加部
そして、Charの3人で1978年に結成されたバンドの3rdアルバムです。
このアルバムの後にレコード会社移籍に伴い、PINK CLOUDと改名。

「贅肉を削ぎ落としたソリッドでハードなロック」という印象を持ちましたね♪
「贅肉を削ぎ落とした」といってもスマートということではなく、骨太であり、
「脱いだら凄いんです!」的な鍛え抜かれた強靭サウンドを堪能できる!
あっという間にアルバム1枚を聴き終えてしまうスピード感といったら、
AEROSMITHの「ROCKS」を聴いた時の印象に似ているなと思えた。
曲自体が短いというのもあるが、どの曲も出来がとても素晴らしくて、
「カッコイイぜ!」と興奮しながら聴いていたら、最後の曲が終ってしまう。
とても楽しい時間というのは、あっという間に過ぎてしまいますからね。
「また聴きたい♪」と、再生ボタンを押してしまう中毒性のあるアルバムだ!
Charのギターも絶好調で、力強いリフ、スリリングなソロと縦横無尽に
弾きまくっており、聴いていると自然にテンションが上がってきますね!
ルイズルイス加部(加部正義)が描いたジャケットのイラストもグッドです!

Char、「ライブで聴いた方が絶対にいいだろうね」と言ってましたが、
確かにライブで聴いた時は、アルバムの数倍カッコよく感じられました!

残念ながら、この3人でのライブは生で体験したことはありませんが、
Charのソロ・ライブで「OiRA」に収録されている楽曲を演奏された時は
鳥肌立ちましたね!めちゃくちゃカッコイイです!また体験したいです。

DVDなどで、JOHNNY,LOUIS&CHARのライブを見ることができますので、
興味のある方は一度見てください。あまりのカッコよさに興奮しますよ(笑)





「OiRA」は、JOHNNY,LOUIS&CHAR~PINK CLOUDのアルバムの中で、
2番目に好きな作品ですね(笑)ちなみに1位は「INDEX」(1990年)です!
FREE SPIRIT」「TRICYCLE」「THE PERIOD」などの傑作もありますけど。
Charは、「OiRA」の出来に不満な部分もあるようだが、僕は大好きですよ!
聴き終えた後、いつもスカッとした気分にさせてくれるんですよ、「OiRA」は。
長い付き合いになるが、まだまだ僕とお付き合い願いたいアルバムですね(笑)









スポンサーサイト

テーマ : Rock ジャンル : 音楽

12:33  |  JOHNNY,LOUIS&CHAR  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.20 (Sun)

ジョニー、ルイス&チャー 「tricycle」

1月もあっという間に後半に突入である。
すっかり正月気分も抜けました (笑)

相変わらず時間があれば音楽を聴いて楽しんでいるのだが、
先週聴き込んでいたナイスなアルバムはコレです!
ジョニー、ルイス&チャー「tricycle」
 

1980年にリリースされた2ndアルバムになります!
1stがいきなりライヴ盤でしたのでスタジオ・アルバムとしては1stになりますね!
ジョニー吉長(Dr・Vo)
ルイズ・ルイス加部(B)
チャー(G・Vo)
日本が誇る最強トリオによるかっこいいアルバムである!
3人の個性&テクニックがCharのプロデュースにより見事に融合された
バラエティーに富んだ楽曲が収録された傑作アルバムではなかろうか!
3人の変幻自在のプレイには脱帽するしかないですね!凄いですよ!!
もろジミ・ヘン!?風ナンバー「Finger」、極上グルーヴで体が自然と動き出して
ジッとしてなんか聴いていられない大好きなナンバー「Get High」 
軽快でとても心地良いほぼインストであるナンバー「Restaurant」「Scooter」
そして、過去のライヴでも頻繁に演奏された名バラード「Song In My Heart」など、
メンバーの七変化的な演奏が存分に楽しめる名曲揃いのアルバムですね!
 








Charを人生の師と勝手に仰いでいる僕なので、もちろん以前からChar関連の
アルバムは
聴き込んでいたが 、特に本作はよく聴き込んだものでした!
今までの人生(43年程ですが)で一番聴いたり、ライヴ参戦したアーティストが
Charでありまして、いろんな面で多大な影響を受けたミュージシャンである!
Char関連の作品
はほとんど揃えているし、ライヴにも20回ぐらいは参戦している。
しかし、この3人が揃ったライヴを生で1度も拝見することができなかった(涙)
いつか観たいと思っていたのだが、昨年ジョニー吉長が永眠してしまい、
僕の長年の願いも叶うことができなくなってしまいました。残念です(涙)
3人から放たれるオーラ、グルーヴを生で体感したかったですね・・・。

本作はリアル・タイムで聴いたわけではなく、リリースされて7年経った
僕が高校生の頃に購入して聴き即お気に入りアルバムの仲間入り!
小学3年生の頃に当時ヒットしていた「闘牛士」を友達とよく歌っていたので、
Charの存在は知っていたのだが、中学生までは音を聴くことはなかった。
当時、ザ・グッバイで活躍していた野村義男が「チャーから影響受けた!」
というようなコメントをしていて、ぶらうん少年はCharに興味を持つことになる。
そして、「THRILL」「CHAR」「HAVE A WINE」という順でレンタルした!
「CHAR」収録の「SMOKY」にはぶっ飛びましたね!鳥肌立ちましたよ!
それから、Charにハマっていくことになっていった!影響もかなり受けた。
そして、ジョニー・ルイス&チャーPINK CLOUDというバンドを組んでいる
ということを知り、ジャケットが印象的な「tricycle」を購入して聴き込むことになる。
M-2「Get High」で興奮してゾクゾクしたのを今でもハッキリ覚えている!
先述のとおりバラエティーに富んだハイ・クオリティーな楽曲が収録されており
イッキに全曲を聴くことができてしまう素晴らしいアルバムですね!
だが、僕の周りのロック好きの友人達の魂には響かなかったようで、
あまり聴こうとはしませんでしたね・・・。僕一人で興奮していたものでした(笑)
そして、最強トリオの
アルバムも集めることとなっていった!虜でしたね(笑)

彼らのアルバムはどんな時に聴いても楽しめる!
特に「tricycle」は、1990年リリースの「INDEX」と並び最高かな!
まだまだお世話になりますよ!





テーマ : ロック ジャンル : 音楽

16:39  |  JOHNNY,LOUIS&CHAR  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。