2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015.09.19 (Sat)

BAD ENGLISH 「BACKLASH」

前回に続き今回も秋の夜長に聴きたいメロディアス・ロックの名盤を紹介♪

BAD ENGLISH 「BACKLASH」


1.SO THIS IS EDEN
2.STRAIGHT TO YOUR HEART
3.TIME STOOD STILL
4.THE TIME ALONE WITH YOU
5.DANCING OFF THE EDGE OF THE WORLD
6.REBEL SAY A PRAYER
7.SAVAGE BLUE
8.PRAY FOR RAIN
9.MAKE LOVE LAST
10.LIFE AT THE TOP

ジョン・ウェイト(Vo)
ニール・ショーン(G)
ジョナサン・ケイン(Key)
リッキー・フィリップス(B)
ディーン・カストロノヴォ(Dr)


(1991年リリース作品)

JOURNEYBABYSの元メンバーにディーン・カストロノヴォを、
加えたスーパー・バンド、BAD ENGLISHの2ndアルバムです!
そういえば、ジョナサン・ケインは両方のバンドに在籍してましたね!
本作リリース後に、バンドはあっけなく解散してしまいましたが・・・。
大成功した1stの次作ということでプレッシャーもあったと思われるが、
(このメンツならプレッシャーなんて無かったかもしれないですね)
サスガ!と思わず唸ってしまう傑作アルバムを作り上げていた!
大人の哀愁漂うメロディアス・ロックをたっぷり味わえる作品です♪
1stより落ち着いた感じを受けるが曲の出来は2ndの方が良いと思う。
聴き手の心に沁み込んでくる美しいメロディーにウットリしてしまいます。
特にジョン・ウェイトのボーカルには惚れ惚れしちゃいますね。上手いです!
力強くロックを歌う声も良いが、バラードを歌わせたらピカイチですね!
ニール・ショーンも彼らしい緩急自在の素晴らしいギターを弾いています。
自身は、ギターが抑えられてしまって不満爆発だったみたいですけど。

それが原因で?製作中、メンバーは分裂状態になっていたようですが、
それでも、これだけ素晴らしい作品を作ってしまうとは!サスガです(笑)

24年前の今頃にリリースされたんだよなぁ。ちょうど失恋した頃だ・・(涙)
確かフレディ・マーキュリー死去のニュースも、この少し後だったな・・(涙)
傷心していた頃に聴いた「BACKLASHは、めちゃくちゃ心に沁みたなぁ。
哀愁漂うロックサウンドが僕の傷ついた心を優しく癒してくれていた♪
あの時に、傷心から立ち直れたのは「BACKLASH」のお陰でもある(笑)











テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

20:03  |  BAD ENGLISH  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.23 (Sat)

バッド・イングリッシュ「BAD ENGLISH」

最近、ようやく春らしい陽気になり桜の開花の知らせも入るようになった。
だが、花粉症の僕には辛い季節でもあるのだ・・・。今がピークです(涙)
なので、なるべく外出を控えて家族の迷惑にならない程度に音楽鑑賞楽しんでます(笑)

先週の金曜日(15日)にJOURNEYのライヴを心底楽しんできましたので、
今週はJOURNEY
アルバムを中心に聴き込む一週間でありました!
やっぱり美しいメロディー満載の素晴らしい曲が多いですね!「初期はどうなのよ?」
という声も聞こえてきそうですが・・・。素晴らしい演奏が満載の曲が多いですね(笑)
ということで今回の記事は当然JOURNEYのアルバムでいこうかと思いましたが、
BAD ENGLISHでいきたいと思います(笑)「ほとんどJOURNEYじゃないか」という
声もまた聞こえてきそうですが・・・。いやいや元BABYSのメンバーが3人います(笑)

バッド・イングリッシュ「BAD ENGLISH」



ジョン・ウェイト(Vo)
ニール・ショーン(G)
ジョナサン・ケイン(Key)
リッキー・フィリップス(B)
ディーン・カストロノヴォ(Dr)

1989年リリースの凄いメンツによるスーパー・バンドの1stアルバムでございます!
数曲のヒット・シングルも生まれて、
アルバムの方も大ヒットしましたね!

JOURNEY1986年リリースの「RAISED ON RADIO」を最後に解散してしまい、
ニール・ショーンがソロ・アルバム「LATE NITE」をリリースして楽しませてくれたが、
JOURNEYのファンである僕は腑抜け状態が続いていた。そんな時に大ニュースが!
「ニール・ショーン&ジョナサン・ケインがジョン・ウェイトらとバンドを結成!」という
ビッグ・ニュースを知り興奮したものだった!ニール・ショーン&ジョナサン・ケインが、
名曲「Missing You」の大ヒットで知られるジョン・ウェイトと組むのですからね!
「Missing You」大好きな曲なんですよ!アルバム「No Brakes」もよく聴きました!
なので、このスーパー・グループのアルバム・リリースを楽しみに待ちました。
「BAD ENGLISH」はレコード店に予約して購入したと思います!気合入ってました(笑)
何度も繰り返して聴き込んでいましたねぇ!JOURNEYと後期BABYSにも通じる
産業ロックの王道をいく極上のメロディアス・ロックが満載されたアルバムです!
特にバラードは最高ですね!何度も胸キュンになってしまいましたよ(笑)
ジョン・ウェイトのどことなくブルージーでソウルフルなボーカルは絶品です!
期待していたニール大先生のギターは予想よりコンパクトにまとめられていて、
少し物足りなく感じましたが、美しいメロディーがそんな不満をかき消してくれる。
とにかく良い曲ばかりで飽きずに何度も繰り返し聴ける素晴らしいアルバムである!
JOURNEYBABYSなどのメロディアス・ロック・ファンの方なら楽しめると思います。
「BAD ENGLISH」を流しながらのナイト・ドライブはかなり気持ち良いですよ!
若い頃のドライブ・デート時に「BAD ENGLISH」はとてもお世話になりました (笑)
 とは言っても僕だけが良い気分になってただけなんですけどね・・・(笑)

あれ!現JOURNEYのメンバーが3人いますね!「ほとんどJOURNEYじゃないか」(笑)








テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

17:33  |  BAD ENGLISH  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |