2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.03.31 (Sun)

B.B.KING&ERIC CLAPTON「RIDING WITH THE KING」

今日で3月も終わり明日からは4月に突入です!新年度の始まりですね。
それにしても先週末は年度末と重なりバタバタでしたよ。忙しいかったなぁ。
なので、なかなか音楽を落ち着いて聴くことができませんでしたので、
昨日はのんびりと音楽鑑賞の時間をもらい疲れを取ることにした。スッキリ!
昨夜、飲みながら楽しんで聴いてたアルバムがコレなんですよ!

B.B.KING&ERIC CLAPTON「RIDING WITH THE KING」



2000年にリリースされた偉大な2人による共演アルバムでございます!
B.B.キングと共演というエリック・クラプトンの念願が叶った作品でもありますね!

リリースされた時、僕は31歳でありブルースも好んで聴きだしていた時期である。
B.B.KING「LIVE AT THE REGAL」ERIC CLAPTON「From The Cradle」なんかは、
当時よく聴いていたアルバムなので当然「RIDING WITH THE KING」は購入した!
もしブルースを聴いていなくても、この超大物2人の共演アルバムというだけで
僕は、「RIDING WITH THE KING」購入してたと思いますよ。たぶん(笑)
で、やはり購入当時はよく聴いていましたね!だってB.B.&CLAPTONですよ!
二人のギター&ボーカルの掛け合いに興奮せずにはいられませんでした(笑)
曲はB.B.キングの作品が中心となっており、「ザ・スリル・イズ・ゴーン」などの
誰もが知っているような有名な曲は収録されていませんが、別にいいんですよ(笑)
二人のギター&ボーカルの掛け合いが聴けるだけで満足なんですからね(笑)
 サム&デイヴで有名な「ホールド・オン・アイム・カミング」のカヴァーは、
ゆったりとしたブルージーなアレンジがナイスで何度も聴いたお気に入りです!

ブルース好きの友人は、あまり良い印象を持っていないアルバムなのだが、
僕には、文句のつけようのない大好きなブルース・アルバムの1枚です!
とても聴きやすいアレンジになっておりブルースの入門用アルバムとしても
よろしいのではないのでしょうか!? 素晴らしいギター&ボーカルを味わえます!
ここで、僕のような若輩者!?がB.B.クラプトンのギター&ボーカルについて、
ああだこうだと言える立場ではないことぐらいは重々承知していますので、
「イェ~、やっぱりサイコーだぜ!」とだけ言わさせてくださいね(笑)
飲みながら聴くブルースはやっぱり良いもんですね!気持ちよく酔えます(笑)
それにしても、B.B.キングの衰え知らずのボーカルには圧倒されてしまいます!










テーマ : BLUES ジャンル : 音楽

15:39  |  B.B.KING&ERIC CLAPTON  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |