2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.01.17 (Sun)

STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE 「TEXAS FLOOD」

今月11日の夕方にショッキングなニュースが飛び込んできた。
イギリスのスーパースター、デヴィッド・ボウイ死去のニュースだ。
正直言うと、あまり興味がなかったミュージシャンではあったが、
それでも死去の知らせは、やはりとても悲しいものである・・・(涙)
その日の夜は私がデヴィッド・ボウイのアルバムで唯一持っている
「レッツ・ダンス」のCDを追悼の意を込めながら聴いていました。

スーパースター、デヴィッド・ボウイご冥福をお祈りいたします。
そこで、本来ならデヴィッド・ボウイのアルバムの記事にしたいとこだが、
「レッツ・ダンス」のレコーディングにリード・ギタリストとして参加をして、
一躍脚光を浴びたブルース・ギタリスト、
スティーヴィー・レイ・ヴォーン
デビュー・アルバムを紹介しますね♪ 一応、デヴィッド・ボウイ関連かな?

STEVIE RAY VAUGHAN AUD DOUBLE TROUBLE 「TEXAS FLOOD」


1.LOVE STRUCK BABY
2.PRIDE AND JOY

3.TEXAS FLOOD
4.TELL ME
5.TESTIFY
6.RUDE MOOD
7.MARY HAD A LITTLE LAMB
8.DIRTY POOL
9.I'M CRYIN'
10.LENNY

(1983年リリース作品)

私がブルースに興味を持つキッカケになった重要なアルバムだ♪
スティーヴィー・レイ・ヴォーンの豪快なギターがとても気持ちイイです!
高度なテクニックと極上のギター・サウンドを持ち合わせておりまして、
彼のギターから放たれる図太いサウンドは聴く者を圧倒する強さがある!
そして、気合の入ったソウルフルなボーカルも味があってナイスです。

ベースのトミー・シャノンとドラムのクリス・レイトンとの息もバッチリで、
ほとんど一発録りの生々しくてスリリングな演奏を楽しめるアルバムだ♪
コテコテのブルースが苦手な方でもコレなら聴けるのではないでしょうか。
ブルース・ロックが好きな方なら文句無しで楽しんでもらえると思います。





このアルバムは高校生の時に度々出てくる友人からダビングしてもらい、
当時ハードロックを主に聴いていた私でも衝撃を受けてしまいました!
「ブルースってカッコイイじゃん!」もう目じゃなく耳から鱗状態でしたね。
すぐにカセットでは物足りなくなってLPを買ってしまうぐらいでしたから(笑)
彼のストラトキャスターから放たれる極上のトーンに痺れまくってました。
それと、ギター・テクニックの素晴らしさにも度肝を抜かれてしまいました。
それまでエディ・ヴァン・ヘイレンイングヴェイ・マルムスティーンなどの
凄技を聴いていたのだが、
スティーヴィー・レイ・ヴォーンのギターは、
派手なテクニックこそ無いが聴き手の琴線を刺激しまくる極上トーンと、
感情剥き出しの熱いギター・プレイで聴き手の心にガンガンと迫ってくる!

そして、ライナーノーツを読んでデヴィッド・ボウイ「レッツ・ダンス」に
スティーヴィーが参加している事を知り「レッツ・ダンス」を購入したのだ。



皆様ご存知のとおりスティーヴィー・レイ・ヴォーンは1990年に飛行機事故で
35歳という若さで残念ながらこの世を去ってしましました。ショックでしたね(涙)
これからは天国でスティーヴィーデヴィッド・ボウイ
セッション楽しんでね♪






テーマ : BLUES ジャンル : 音楽

18:25  |  STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.27 (Sun)

ブルースのかっこよさを教えてくれたアルバム

ここ数日はブルースをよく聴いていた。
年齢を重ねるにつれてブルースを聴く時間が
多くなってきている。
酒を飲みながら聴くと、気持ちよく酔えて
快適な時間を過ごすことができる!

そんなブルースの良さを教えてくれた作品が
スティーヴィーレイ・ヴォーン&ダブルトラブル
「テキサス・ハリケーン」である!

テキサス・ハリケーンテキサス・ハリケーン
(1999/08/04)
スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ダブル・トラブル 他

商品詳細を見る


1984年に発表された2ndアルバムになります。
 
中学3年生の時にテレビの音楽番組を見ていると
ゲスト出演していたのが
スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブルトラブルでして
「テキサス・ハリケーン」のオープニングを飾る
「スカットル・バッティン」を豪快に演奏してくれた!
あまりの凄まじさに呆然としたのを覚えています。
凄い衝撃でしたね~。
翌日、学校でロック好き仲間と
「昨日のステーヴィー何とかという名前の奴、凄かったよな」
と興奮気味に話してましたよ!
その中の一人は私の腕をギターのネックに見たて
「こんな風に弾いてたよな~」
なんて言いながらモノマネをしていた。
仲間達もかなり衝撃を受けていたようだ!

アルバムはレンタルではなく、しっかりと購入して
興奮しながら聴きまくったものでした!
スティーヴィー・レイ・ヴォーンの豪快なギターに
メロメロになっていました。
「かっこえーな~」

今までに何度も聴いた作品であるが、今聴いても
「かっこえーな~! しびれちゃうな~」
とホットで豪快なブルース・スピリット溢れる
ギター&ヴォーカルでグイグイ迫られると
ついつい興奮してしまうのであります。



ビールを飲みながら「テキサス・ハリケーン」を聴けば
最高に楽しい時間を味わえると思うよ!



テーマ : BLUES ジャンル : 音楽

18:17  |  STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |