2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.05.19 (Sun)

人間椅子 「桜の森の満開の下」

先週は、爽やかな天気が続いて心地良い日を過ごすことができた!
聴いてた音楽は、天気とは逆の少しドロドロとしたロックを聴いていた(笑)
それまで、ライトで爽やかなロックをよく聴いていたので、その反動でしょうか(笑)
そこで、何枚か聴いた中で今回記事にしてみたいアルバムがコレなんですよ!

人間椅子「桜の森の満開の下」
 
1991年にリリースされた彼らの2ndアルバムでございます!

1990年代初頭に、「いかすバンド天国」通称「イカ天」というオーデション番組が
放送されており人気を博していた!僕も視聴者の一人で番組を楽しんでいました!
この番組からフライング・キッズたま、BEGIN、マルコシアス・バンプなどの
個性的なバンドがデビューしていき人気バンドの仲間入りを果たしていきました!
その中でも、僕の中でかなり印象に残り気に入ったバンドが人間椅子であった!
特にベースの鈴木研一のねずみ男ルックは強烈なインパクトを放っていた!
江戸川乱歩の世界観をモチーフにした独特な歌詞に、70年代ハード・ロック、
その中でもブラック・サバスに強く影響を受けていたであろうヘヴィーでダーク、
そして起伏に富んだメロディー、オドロオドロしいサウンドが僕の心を射止めた!

1stアルバムを購入して聴きこんだものでした!当時はイロモノ系も好きでした(笑)
聖飢魔Ⅱ筋肉少女帯などもガンガン聴いていた頃でした!すかんちも聴いてたなぁ。
今回の2ndも、もちろん購入してサウンドが飛躍的に向上していたのに驚きました!
曲の方も幅が広がり、ポップな面も出てきて1stよりかなり聴きやすくなっていました。
特にシングル曲にもなったM-5「夜叉ヶ池」の出来には感動してしまいました!
静かに始まり、中盤からの狂喜乱舞の世界に完全にヤラレてしまいましたよ!
 


アルバム全体の出来も非常に良くて今でも時々聴いては楽しんでいる。
前半はアイアン・メイデンのような疾走感ある曲で押し捲り、中盤の「夜叉ヶ池」から
後半にかけてブラック・サバスのようなオドロオドロしい曲で攻めてくるのである!
当時は、これがクセになりまして、何度も繰り返し聴いていたものでした!

久しぶりに聴いてみたが、やはり2周聴いてしまいました(笑)ほんと良いですよ!
時々聴くと、お化け屋敷のようなサウンドに快感を覚えてしまうんですよね(笑)







 


テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

16:37  |  人間椅子  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |