2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015.10.17 (Sat)

BURNING WATER 「MOOD ELEVATOR」

飲みながらブルースを聴くのに最高の季節になってきました♪
毎年、この時期になるとブルースを聴きながら飲みたくなる(笑)
そこで、今回記事にするのはコテコテのブルースではないけど、
極上のブルージーなロック・サウンドを堪能できるCDの紹介です♪

BURNING WATER 「MOOD ELEVATOR」


1.BRAVE NEW WORLD
2.DOIN' MYSELF
3.MOOD ELEVATOR
4.BURNING OF THE MIDNIGHT LAMP
5.CAN'T BUY MY WAY HOME
6.FUN THANG
7.PRO LIFE,PRO CHOICE
8.WATCH IT BURN
9.SAVE SWEET SISTER
10.KILLING TIME

(1994年リリース作品)

数多くのセッション・ワークで知られるL.Aの超売れっ子ミュージシャン、
マイケル・ランドウカルロス・ヴェガを中心とするバンドの2ndです♪
「えっ、マイケル・ランドウカルロス・ヴェガがブルージーなロック?」
なんて思われる方も多分いると思います。僕もその中の一人でした。
僕自身、この二人に関しては1stアルバムを聴く前まで誠に勝手ながら、
爽やかなロックやフュージョンというイメージしかありませんでしたから。
なので、1stを聴いた時は良い意味で「裏切られた!」と言う感じでした。
(1stアルバムの記事は コチラで読むことができます。興味ある方は是非!)
そして、この2ndを聴いてみると、1st以上に骨太で熱いブルース・ロックに、
ぶっ飛びました!パッションみなぎる強烈なロック・サウンドにメロメロ♪
目の前で演奏しているような生々しいサウンドも聴いていて心地良い!
特にマイケル・ランドウジミ・ヘンドリックスを彷彿させる感情剥き出しの
燃え上がるようなロック・ギターに驚くと同時に感動で心が震えました。
ジミ・ヘンのカバーであるM-4「真夜中のランプ」も聴きごたえありですよ!
ギター・サウンドも極上で、心を激しく揺さぶってくる。最高の一言です!
カルロス・ヴェガも、どっしりとした安定感抜群のドラムを叩いています。
ちなみに、ベーシストはマイケル・ランドウの弟であるテッド・ランドウ
ボーカリストは当時、無名だったデイヴィッド・フレイジーです。







昨夜、久しぶりに「MOOD ELEVATOR」を聴きながらビールを飲んでいた。
仕事が、とてもハードだったので帰宅してからもイライラしていたのだが、
エネルギッシュなブルース・ロックを聴いてるうちに心が晴々していた(笑)
本格的なブルース・ロックが大好きな方に是非お薦めしたいアルバムです♪
残念ながら本作をリリースした頃は既にバンドは解散状態でしたが・・・。
それから、ミニ・ライブ・アルバムと未発表音源集がリリースされてます。


※CDのジャケット、いつの間にか差し替えられてたんですね!
  リリース当時はメンバー4人が写ってるジャケットでした。






テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

21:24  |  BURNING WATER  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.26 (Sun)

BURNING WATER 「バーニング・ウォーター」

初夏のような汗ばむ陽気が続いたが、空気がカラッとしていたので、
部屋で窓を開けていれば、とても過しやすくて心地良かった!
最近は大好きなブルース・ロックを聴くことが多かったのだが、
その中でも、特に聴きこんでいたアルバムがコレです!

BURNING WATER 「バーニング・ウォーター」
 

マイケル・ランドウ(G)
テッド・ランドウ(B)
デイヴィッド・フレンジー(Vo)
カルロス・ヴェガ(Ds)

1993年にリリースされた彼らの1stアルバムである!
マイケル・ランドウカルロス・ヴェガ という売れっこセッション・ミュージシャンが、
中心となって結成されたバンドでありますが、サウンドを初めて聴いた時は驚いた!
上記の二人が中心ということで、勝手に洗練されたAORサウンドを想像していたが、
骨太で逞しいへヴィーなブルース・ロックに良い意味で裏切られた感じでした!
マイケル・ランドウジミ・ヘンドリックスばりのワイルドなギターに度肝を抜かれた!
シカゴ、浜田麻里、MALTAなど彼が参加しているアーティストの作品は結構持っていて、
そこで聴かれるのはフュージョン・ロック的な ギター・サウンド&フレーズでしたが、
本作で聴けるパワフルでワイルドなロック・ギターには正直ビックリでした!
バンドのアンサンブルも文句なしでズッシリと
安定感のあるロックを聞かせてくれる!
リリースされて間もない頃に本作を購入して、しばらくはこればかり聴いてました!
ギター・サウンドがめちゃくちゃ良くて、当時、ストラト&マーシャルを持っていた友人に
「この音を出そうぜ!」という無茶なことを真剣にトライしていたのを思い出します(笑)
マルチ・エフェクターも駆使して挑みましたが・・・。奴に会いたくなってきた(笑)
ブルース・ロックが好きな方なら大いに楽しめるお薦めのアルバムですね!
セールスの方は芳しくなくて、すぐに廃盤になってしまいましたが・・・。
続く2ndアルバムも最高でして、こちらもいつか記事にしたいと思います。 
 
M-1「BURNING WATER」ライヴ・バージョン!


M-2「DREAM OUT,DREAM IN」こちらもライヴ・バージョンです!




テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

18:43  |  BURNING WATER  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |