2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.06.30 (Sun)

STEVE PERRY 「STREET TALK」

早いもので今日で6月も終わり、明日からは7月に突入です!
昨日、今シーズン初の蝉の鳴き声を聞きました!もうすぐ夏!
今年の夏も猛暑日が多くなりそうですね。でも、待ち遠しいです!
まぁ、相変わらず時間があれば大好きな音楽を聴いているのだが、
昨日、久しぶりに聴いてみて改めて「いいね!」と思えたアルバムがコレ!

STEVE PERRY 「STREET TALK」
 
(1984年リリース)

御存知、JOURNEYの全盛期を支えた名ボーカリストであるスティーヴ・ペリーが、
LA界隈の腕利きミュージシャンを集めて製作したソロ第一弾アルバムです!
ESCAPE」「FRONTIERS」の大ヒット・アルバムを連発させた勢いそのままの
感じで「ストリート・トーク」もヒット・シングルに恵まれて大ヒットを記録しました!
スティーヴ・ペリー自身がプロデュースをして、ジャーニーのメンバーの力を借りずに、
スティーヴ・ルカサーとの共作で知られるランディ・グッドラムビル・クオモなど
素晴らしいオリジナル曲を共作している!もちろん捨て曲無しですよ!

サウンドの方はジャーニーとは異なりR&B色を強めながらも軽快でシンプルな
AOR寄りのサウンドになっている!ジャーニーの時より一段とソウルフルなボーカルを
堪能することができる心地良くて味わい深いアルバムに仕上がっています!

当時の恋人に捧げた1stシングルM-1「Oh、シェリー」大ヒットしておりましたね!
ラジオやMTVなどでガンガン流れていたので洋楽に興味が無い連中でも、
「Oh、Sherrie our love holds on holds on~」というサビの部分を口ずさんでました!
確か1984年の年間ヒットチャートでも上位にランクされていたと思います。
 


リリースされた当時、僕は中学3年生でしてジャーニーのファンでもありましたので、
「ストリート・トークはもちろん購入しました!当時はLPレコードでしたがね。
ジャーニーのアルバムと同様にレコード針が擦り切れるぐらい聴きまくりました!
曲はもちろん良いのだが、あの独特のハスキー・ヴォイスがタマリマセンね(笑)
心を揺さぶられるソウルフルで伸びのあるハイ・トーンにメロメロでした(笑)

昨日は、青空が広がり気温も上がって夏のような一日でありましたが、
「ストリート・トーク」を聴いてクール・ダウンすることができました!
いつ聴いても楽しめるアルバムですが、これからの暑~い季節に聴くと、
軽快で洗練されたロック・サウンドが心地良いかと思います。お薦めです!

暑い日のクール・ダウンにピッタリです!


本作で1番好きな曲です!




 




テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

09:20  |  STEVE PERRY  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |