2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015.02.08 (Sun)

THE POLICE 「SYNCHRONICITY」

前回のU2の記事で友人と80's洋楽の話題で盛り上がったと書いたが、
その時に今回記事にするTHE POLICEの話題でも大変盛り上がった!
そこで、
ポリスの最高傑作と言われているコレを紹介したいと思います。

THE POLICE 「SYNCHRONICITY」


1.SYNCHRONICITY Ⅰ
2.WORKING IN YOUR FOOTSTEPS
3.O MY GOD
4.MOTHER
5.MISS GRADENKO
6.SYNCHRONICITY Ⅱ
7.EVERY BREATH YOU TAKE
8.KING OF PAIN
9.WRAPPED AROUND YOUR FINGER
10.TEA IN THE SAHARA
11.MURDER BY NUMBERS

(1983年リリース作品)

スティング(B.Vo) アンディ・サマーズ(G) スチュワート・コープランド(Dr)
の強力トリオからなる唯一無二のロックバンドの5thであり最終作品でもある。
3人の個性がぶつかり合った独創的なサウンドが全編通して聴ける作品だ♪
シングル「見つめていたい(EVERY BREATH YOU TAKE)」が大ヒットして、
当時はラジオでもヘビー・ローテーションされて耳にタコができる程でしたね。
アルバムも売れに売れまくり、当然のようにヒット・チャートでもNo.1を獲得!
後のシングル「キング・オブ・ペイン」「シンクロニシティーⅡ」なども大ヒットした!
パンク、レゲエを中心に、あらゆる音楽ジャンルの要素を取り込んだサウンドが、
とても斬新で完成度が高い彼らの最高傑作として君臨しているアルバムです!






アルバムがリリースされた当時、僕は中学1年生(2年生になってたかな?)で、
洋楽を聴きだして間もない頃でした。ラジオで洋楽のヒットチャート番組を聴いて、
気に入った楽曲やアーティストのチェックなどに勤しんでいた楽しい時期でした。
しかし、やたらとラジオから流れてくる「見つめていたい」には飽き飽きしていました。
僕は、「見つめていたい」は、どうも好きになれず毛嫌いしていたぐらいでした・・・。
実は今でも、そんなに良い楽曲とは思っていませんが。(ファンの方、すみません)
一応、大ヒットしているアルバムということで、「SYNCHRONICITY」のLPを持っていた
友人にアルバムをカセットにダビングしてもらいましたが、ほとんど聴きませんでした。
とは言っても、ロック色の強い「シンクロニシティー Ⅰ& Ⅱ」の2曲だけは聴けました♪
「マザー」に関しては「気持ち悪い」などとボロクソにケナして、毛嫌いしていましたよ。
今思うと、当時の僕は、まだまだお子様で難解な音楽に感じていたのでしょうね。
そんなアルバム「SYNCHRONICITY」なんですが、ある時突如好きになってしまう!
20代半ばの頃だったか?ラジオで「キング・オブ・ペイン」を聴いて気に入ってしまい、
「シンクロニシティー」を聴いたら、驚くことにアルバムまで気に入ってしまったのだ!
リリースされてから10年程が経ち、僕もいろんな楽曲を聴いて免疫?がついたのか?
あれだけ毛嫌いしていた「マザー」も「良いね~」なんて思いながら聴けましたしね(笑)
しかし、先程も書きましたが「見つめていたい」はどうも好きになれなくて。(しつこい)
それからは、1stからアルバムを買い揃えるぐらいに好きなバンドになっていった!
その時は、バンドは解散しておりメンバーそれぞれソロ活動している時期でしたが。



前回記事にしたU2「WAR」もそうでしたが、ポリス「シンクロニシティー」も今聴いても
凄く楽しめて聴けますし、当時のいろいろな思い出が甦ってくる大好きなアルバムだ♪
なんだか、しばらくの間、ポリスのアルバムばかり聴きそうな気配がするのだが。(笑)



テーマ : Rock ジャンル : 音楽

12:15  |  THE POLICE  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |