2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.09.25 (Fri)

FREDERIKSEN/PHILLIPS 「Frederiksen/Phillips」

特に40代以上のメロディアス・ロック・ファンの方ならタイトルを見て、
「おぉ!もしかしてコレは!?」と思われたんじゃないでしょうか?
当たりです!おめでとうございます(笑)賞品はありませんが・・・(笑)
TOTOの5thアルバム「ISOLATION」のみに参加したボーカリスト、
ファーギー・フレデリクセンが元BABYSBAD ENGLISHのベーシスト、
リッキー・フィリップスと結成したスーパー・プロジェクトなんですよ!

FREDERIKSEN/PHILLIPS 「Frederiksen/Phillips」


1.SHOT DOWN
2.OH DIANE
3.HOW MUCH LONGER
4.SURRENDER IN THE NAME OF LOVE
5.YOU MUST BE A LIAR ('CAUSE YOU'RE UNBELIEVABLE)
6.BABY BLUE EYES
7.CAPTURED
8.QUEEN BEE
9.HOPELESSLY LOST
10.DO YOU LOVE HER
11.LONG WAY AROUND THE WORLD

(1995年リリース作品)

フレデリクセン/フィリップス唯一のアルバムであり、隠れた名盤でもある♪
このアルバム、錚々たるゲスト・ミュージシャンが多数参加しております!
まず、ニール・ショーン(G) ディーン・カストロノヴォ(Dr)の二人は、
リッキー・フィリップスも参加していたBAD ENGLISHの元メンバーです。
まぁ、今はJOURNEYと言った方がいいかな。ディーンは危ういけど・・・。
その他にもパット・トーピー(Dr) アラン・ホワイト(Dr) ボビー・ブロッツァー(Dr)
スティーヴ・ファリス(G) ティム・ピアス(G) ロビン・マッコーリー(B.Vo)
などなど。
あっ、元アンルーリー・チャイルドマーク・フリー(マーシー・フリー)も参加!
名前がピンクになってるのは、この人、性転換して女性に変身しちゃいました!
とにかく豪華なゲスト陣でありまして、クレジットを見ただけでも欲しくなります(笑)
何故かTOTOのメンバーが一人も参加していないのが残念でもありますが・・・。
サウンドは予想に反してブルージーでパワフルなロックが中心になっております♪
BAD ENGLISHTOTOのようなメロディック・ロックも少しだけ収録されています。
レッド・ツェッぺリン、というよりカヴァーデイル/ぺイジを彷彿とさせるヘビーな曲や、
STYXなどのアメリカン・プログレッシブ・ロック風のナイスな楽曲もありますよ!
ファーギー・フレデリクセンの素晴らしい歌唱力を存分に堪能することができます。
力強いハイトーン&熱いシャウトがめちゃくちゃカッコイイですよ!必聴です!
そういえば、ファーギー・フレデリクセンは2014年に他界してたんですよね・・・。
これだけの強力なアルバムを制作したのに、あまり話題にもなりませんでした。
ギター、ドラム、キーボードを入れたバンド編成で2ndアルバムも期待したが、
望みは叶わずプロジェクトも解体してしまいました。ほんと残念でした・・・。













テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

21:46  |  FREDERIKSEN/PHILLIPS  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |