2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.18 (Sun)

EUROPE 「OUT OF THIS WORLD」

10日からの盆休みも今日でおしまい。明日から仕事です。
気持ちを奮い立たせようと昨日からHR/HM中心に音楽を
聴いていたせいなのか、だいぶ気分もシャキッとしてきた(笑)
何枚か聴いたCDの中で今回紹介するアルバムはコレです!

EUROPE 「OUT OF THIS WORLD」



1988年にリリースされた彼らの4thアルバムです!
前作「The Final Countdown」が全世界でバカ売れして、
満を持してのアルバムということになるはずであったのだが、
ギタリストのジョン・ノーラムが脱退してしまうという危機が
訪れてしまう。代わりにキー・マルセロという無名(失礼)の
ギタリストを加入させてレコーディングされたのが本作である。
前3作は持っていたので、期待と不安が入り混じりながらも
「OUT OF THIS WORLD」を購入した。聴いてみると、
 


「何コレ?ダメだよ、コレじゃあ・・・。ウ~ン。」
初聴した時の感想です。あまりの変化に失望してしまいました。
2ndから3rdへの変化よりも大きくてかなり驚きましたね。
ポップな方向にチェンジされたサウンドにショックを受けました。
しかし、キー・マルセロのテクニカルで流麗なギター・ワークには、
耳を奪われてしまいました。この人はかなり上手いですよ!
それからは、ほとんど聴くことなくお蔵入りしていましたが、
何年か前に聴いた時、曲の良さに耳を奪われてしまいました!
ジョーイ・テンペストのボーカルも上手くて心揺さぶられました!
スッキリとした透明感のあるサウンドは耳にとても馴染むし、
美しいメロディーが心を高揚させてくれて気分が良くなってくる!
キー・マルセロのテクニカルでセンスの良いギターも聴き応えあり!
あれだけツマラナイと思っていた
アルバムが何年か後になって
聴いてみると、こんなにも印象が変わるとは驚きでしたね!
ほとんどジョーイ・テンペストのソロ・アルバムという感じが
しないでもないが、なんといっても全曲素晴らしくて感心します!
プレイ・ボタンを押せばいつも最後まで聴いてしまっている(笑)







昨日も前3作ではなく、「OUT OF THIS WORLD」をチョイスして、
またしても美しいメロディー&サウンドに酔いしれていましたよ(笑)
EUROPEのアルバムとして聴くというよりジョーイのソロ・アルバムか
別バンドのアルバムと思って聴くと良さが分かるかもしれませんね。
素晴らしいメロディアス・ロック・
アルバムだと思いますよ、コレは!




スポンサーサイト

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

16:06  |  EUROPE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.30 (Tue)

EUROPE 「幻想交響詩」

27日から9連休を頂いていて、いつもならワクワクしているのだが、
今回のG.Wは何かとバタバタしておりゆっくりすることもできません。
今日は、時間がとれたので大好きな音楽を聴いて癒されていました!
ほんと、音楽無しでは僕は生きていけませんね。パワー頂きました!
今日はHRを主に聴いていましたが、食いついたアルバムがコレです。

EUROPE 「幻想交響詩」


1983年リリースの彼らのデビュー・アルバムであり北欧メタルの傑作でもある!
ヨーロッパといえば「ファイナル・カウントダウン」という方も多いと思います。
僕も高校生の時にリリースされた3rdアルバム「ファイナル・カウントダウン」を聴いて、
キャッチーで聴きやすいHRサウンドに魅了された一人でありましてよく聴いてました。
その人気は凄まじくて洋楽やロックに興味がないクラスメイトまでを虜にしていました!
僕のヨーロッパの初体験アルバムは2nd「明日への翼」でして、それなりに楽しめたが
僕自身がお子様であったせいか聴き込むまでには至らなかった。青かったですね。
「ファイナル・カウントダウン」で彼らを聴き込んでから、恥ずかしながらようやく
北欧メタルの傑作 「幻想交響詩」を購入して2nd「明日への翼」共に聴き込んだ。
特に「幻想交響詩」には痺れたものでした!寒々とした北欧を思わせる叙情的な
 美しいメロディーに引き込まれましたね。「ようこそ!北欧
に」て感じですかね(笑)
どこか悲しげで心の琴線に触れる美しいメロディーに支配された曲が目白押しである。
特にM-3「SEVEN DOORS HOTEL」の完成度には目を見張るものがある!
イントロの静かなピアノから、ガツンと強烈なギター・リフが入る所はいつも鳥肌が立つ!
疾走感と哀愁を漂わせる北欧らしい神秘的な世界観の構築に感動して震えてしまう! 



どの曲も「これぞ、北欧メタル!」というような叙情的な美しい旋律を備えている。

ジョーイ・テンペストのボーカルは「ファイナル・カウントダウン」の頃に比べると、
当然ではあるが青臭さを感じさせる。そこがまた良い味わいを醸し出しています!
前回の記事の主役であるジョン・ノーラムのギターはこの時点で完成の域に達している!

驚異的なテク二ックで美旋律を奏で、曲を更に際立たせている。素晴らしいです!
いつしか「ファイナル・カウントダウン」より聴き込むアルバムになっていました。
この作品もしばらくヘビロテしてしまいそうな中毒性のある傑作HRアルバムですね!






テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

18:46  |  EUROPE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.16 (Sat)

ヨーロッパ 「ファイナル・カウントダウン」

プロ野球も開幕して野球好きの私としてはワクワクする季節の到来である。
今年も選手達の素晴らしいプレーを見て感動したいものです。
いつも、プロ野球開幕にあたり絶対に聴きたくなるアルバムがある。
ヨーロッパ 「ファイナル・カウントダウン」である。

 

1986年に発表された大ヒット・アルバムです!

私の大好きな作品 「幻想交響詩」 「明日への翼」に次ぐ3rdアルバムでして
北欧性が少し薄れてポップになった感はありますが、
メロディアス・ハード・ロックの超名盤だと私は思います。

当時、私は高校2年生でクラスの中でも本作の人気は凄いものでした!
タイトル曲であるM-1「ファイナル・カウントダウン」は大ヒットしていたこともあるが
スポーツ番組などでもよく使われていて耳にすることが多かった。
その影響か、おニャン子などのアイドル狂の連中や洋楽に興味のない女の子達から
アルバムのダビングを頼まれたものでした! 忙しかったよ~。
It's the final countdown...  クラスのほとんどの連中が口ずさんでいたなぁ。

あの有名なイントロを聴けば誰もがゾクゾクするのではないだろうか!?
「さぁ、やってやろうか!」と気合を入れるのにもバッチリの曲でもある。
そういえば、プロ野球の好プレー集やサッカーのゴール集のBGMで
よく流れていたなぁ ピッタリなんだよね!



その他にも名バラードM-3「ケリー」、映画「ON THE LOOSE」のサウンドトラックに
収録されているM-9「オン・ザ・ルース」などなど・・・。どの曲もクオリティーが高くて
ヒット性充分の曲が詰まった素晴らしいアルバムですよ、これは!


このアルバムを最後にギタリストのジョン・ノーラムが脱退したのが残念だったが・・・。


テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

12:00  |  EUROPE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。