2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015.06.13 (Sat)

DARYL HALL&JOHN OATES 「PRIVATE EYES」

最近、FMラジオを聴いてるとホール&オーツの曲がやたらとかかる♪
どうやら10月に来日公演がありFM局がチケット先行発売しているようだ。
彼らのライブには3回参戦したので、もう行こうとは思いませんが・・・。
ダリル・ホール&ジョン・オーツといえば、ロックとソウルを融合させた
ロックンソウルを確立させて、それを武器に80年代にはヒット曲を連発し、
ヒットチャートを賑わせていた最強のデュオとして君臨しておりましたね!
僕は中学1年生の時にビリー・ジョエルを聴いてから洋楽に興味を持ち、
FMのポップス・ベストテンなどを聴いたりして情報収集していたものでした。
その当時にヒットしていたシングル「マンイーター」を聴いて気に入りまして、
それからは、彼らのアルバム「H2O」を聴きまくる日々が続いたものでした♪
さて、今回記事にするアルバムは「H2O」前作で大ヒットしたコレです!

DARYL HALL&JOHN OATES 「PRIVATE EYES」



1.PRIVATE EYES
2.LOOKING FOR A GOOD SIGN
3.I CAN'T GO FOR THAT(NO CAN DO)
4.MANO A MANO
5.DID IT IN A MINUTE
6.HEAD ABOVE WATER
7.TELL ME WHAT YOU WANT
8.FRIDAY LET ME DOWN
9.UNGUARDED MINUTE
10.YOUR IMMAGINATION
11.SOME MEN

(1981年リリース作品)

DARYL HALL&JOHN OATESの代表作であり、大ヒットしたアルバム!
「PRIVATE EYES」「I CAN'T GO FOR THAT(NO CAN DO)が大ヒット!
これは、彼らの世界的大人気を決定的にした大傑作アルバムですね!
いかにも80’s!て感じのシンセサイザーも随所で効果的に使われてます。
ロックンソウルが世界的に認められたことを証明したアルバムでもある。
前作「モダン・ヴォイス」以上の成功を収めて最強のデュオに君臨した!

もちろん、中学生の時にLPレコードを買ってガンガン聴きまくりましたよ♪
ポップで憶えやすいメロディーは洋楽聴き始めの頃は飛びつきやすかった。
とにかく中学生の頃は彼らのアルバム「PRIVATE EYES」「H2O」そして、
ベスト盤
「ROCK'N SOUL PART 1」 は、ほんとよく聴いていましたね♪
洋楽を聴く友人達もダリル・ホール&ジョン・オーツをよく聴いていましたよ。





昨夜、飲みながら久しぶりに
「PRIVATE EYES」を聴いてみたのだが、
良いですね!かなりのご無沙汰アルバムでしたが、とても楽しめました♪
楽しかった中学生の頃にタイム・スリップさせてもらいました。Thank You!











テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

15:21  |  DARYL HALL&JOHN OATES  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.02 (Thu)

ダリル・ホール&ジョン・オーツ 「フロム・A・トゥ・ONE」

来年2月にダリル・ホール&ジョン・オーツが来日公演を
するということで、ラジオを聴いていると頻繁に宣伝している。
そこで、久しぶりにダリル・ホール&ジョン・オーツの楽曲を聴いた。

選んだアルバムはこれ! 「フロム・A・トゥ・ONE」
フロム・A・トゥ・ONE(紙ジャケット仕様)フロム・A・トゥ・ONE(紙ジャケット仕様)

ダリル・ホール&ジョン・オーツ

商品詳細を見る




1983年に発売されたベスト盤でヒット曲満載です!
 
ロックとソウルを美味しくブレンドした
ロックン・ソウル なるサウンドを作り出し
当時、ヒット連発で飛ぶ鳥をも落とす勢いのあった頃の
ベスト盤ということで売れてましたねぇ
中学生の時にレコード買って聴きまくってました!
「キッス・オン・マイ・リスト」、「プライベート・アイズ」、
「マンイーター」 などの大ヒット・ソングはもちろん聴きまくったが、
当時の新曲「セイ・イット・イズント・ソー」大のお気に入りで
何度も聴いて喜んでいましたね!



ライヴも3回観に行っているが、「セイ・イット~」
演奏してくれたは時は
嬉しくて鳥肌立てて感動しながら楽しんでましたよ!

久しぶりに聴いてみたが、やはり良いね~
良い曲ばかりでニンマリしながら聴いてましたよ!
「ウェイト・フォー・ミー」はライヴ・ヴァージョンで収録されているが、
これが最高に気持ちが良いんだな。 感動した!!
ダリル・ホールの歌唱力は素晴らしいね!

今、 聴いても充分楽しめる作品だよ、これは!
ライヴに行きたくなってきちゃったなぁ





テーマ : 80年代洋楽 ジャンル : 音楽

18:39  |  DARYL HALL&JOHN OATES  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |