2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.01.27 (Sun)

デュランデュラン 「セブン&ザ・ラグド・タイガー」

昨日、一昨日とかなり冷え込んで雪も降り積雪も記録した。
職場ではインフルエンザも流行りだして患者も増えてきた。
僕は今のところ大丈夫であるが、用心しなくてはいけませんね。
 
今回はデュランデュラン「セブン&ザ・ラグド・タイガー」です!



1983年にリリースされた3rdアルバムで、絶頂期を迎えた作品である!
80年代に”ニュー・ロマンティック・ムーヴメント”なんてのがあったのだが、
その代表格とされていた。しかし、本作でムーヴメントから脱した感もある。
アレックス・サドキンのプロデュースにより踊れるだけのダンス・ミュージックではなく
タイトでパワフルなロック・テイストもミックスさせており彼らがただのアイドルではなく
確かな演奏能力も兼ね備えたバンドとして確固たる地位を築いたアルバムでもある!
「ザ・リフレックス」などの大ヒット・シングルも収録された80'sの名盤ですね!





中学生の時に発売されたアルバムでして、前作「リオ」でファンになっていたので、
当然「セヴン&ザ・ラグド・タイガー」は購入して、かなり聴き込んでいました。
当時、彼らの人気は日本でも凄まじくて確かお酒のCMにも登場していましたね!
クラスメイトのほとんどが「ザ・リフレックス」のサビを歌えるぐらい浸透してました!
僕自身も壁一面にデュランデュランのポスターが占領してた時期もありました(笑)
ジョン・テイラーファンであった当時の彼女とも仲良く聴いてましたね !
元気してるかなぁ?まだ、デュランデュラン聴く時あるのかなぁ?(笑)

先日、ほんと久しぶりに聴いてみたのだが「懐かしいなぁ」という思いと共に、
ジョン・テイラーのベースに耳を奪われていた!実にカッコイイのである!
「リオ」の時もグイグイきてたのだが、本作でもベースがグイグイきてる感じです(笑)
以前は二ック・ローズのキーボードが主導権を握っているように感じていたのだが、
本作は、ジョン・テイラーのベースとアンディ・テイラーのギターが中心のように感じた!
M-1「ザ・リフレックス」のイントロから印象的なベースがなかなか心地良いし、
アンディ・テイラーの切れの良いカッティングを中心とした元気ハツラツなギターも
良い感じでロッキン・テイストを出すのに貢献しているのではなかろうか!?
まぁ、二ック・ローズのキーボードによるキラキラ感も健在ではあるのだが(笑)

本作で一番好きな曲です!




テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

17:01  |  DURANDURAN  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.03 (Wed)

デュランデュラン 「リオ」

デュランデュランの「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」が
突然、無性に聴きたくなってしまい
アルバム「リオ」を聴いた



私が中学生の頃に爆発的な人気を誇っていた5人組バンドでして
現在も頑張って活動してるようですね!

私も中学生の時、かなりデュランデュランに入れ込んでいる時期が
ありまして、レコードはもちろん通販でポスターなどのグッズを
買い集めてました。部屋の壁はデュラン一色という時もありました!
5人ともイケメンでしたなぁ

当時、発売されていた3枚のアルバムの中で私自身は
セカンド・アルバム「リオ」が特に好きで
かなり聴きこみましたね
「デュランデュラン」「セブン・アンド・ザ・ラグド・タイガー」
もよく聴きましたが、やはり「リオ」ですね!
一日デュランデュランしか聴かない日もありました!

ポップでダンサブルな曲調なのですが、
カルチャー・クラブやスパンダー・バレエより
ロック色が濃いのもお気に入りの要因でした。
アンディ・テイラーのギター、結構歪んでますしね!
ジョン・テイラーのベースはルックス同様に
カッコよくてグイグイきてますし。



久しぶりに聴いたが、やはり良い

テーマ : 80年代洋楽 ジャンル : 音楽

17:56  |  DURANDURAN  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |