2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.12.08 (Sun)

GARY MOORE 「BACK ON THE STREETS」

先日、嫁さんが見ていたフィギュア・スケートを僕はあまり興味がないのだが、
やることもなかったので一緒に見ていた。良さがどうも分からないのだが・・・。
すると、日本の羽生結弦選手が滑り出し、そのBGM?を聴いてビックリした!
なんと!GARY MOOREの名曲「PARISIENNE WALKWAYS」ではないか!
羽生選手には大変申し訳ないのだが演技より曲の方に気が向いていました。
曲が良かったのか(もちろん羽生選手の実力です)見事優勝しましたね!

そこで、GARY MOORE 「BACK ON THE STREETS」を久しぶりに聴いた♪



リリース当時、ゲイリー・ムーアCOLOSSEUM Ⅱを脱退したばかりで、
THIN LIZZYの正式メンバーとして活動を始めたばかりの頃でありました。
だからなのか、サウンドの方はCOLOSSEUMのフュージョン風なものと、
THIN LIZZYのようなハード・ロックが絡み合ったアルバムになっていますね♪
いずれにせよ、ゲイリー・ムーアの素晴らしいギターを堪能できますよ。
若さ溢れる感情剥き出しの熱いギターを聴くと、今でもスカッとしますね!
バラードでのエモーショナルなギターも心を揺さぶられますね。素晴らしい。
ボーカルの方は、まだ頼りなさも残りはするが、なかなかのものです。
ゲストも豪華で、コロシアム Ⅱでの同僚ドン・エイリージョン・モール
THIN LIZZYからはフィル・ライノットブライアン・ダウニーが参加してます。
そして、あのサイモン・フィリップスも豪快なドラムを聴かせてくれている。

確か、このアルバムは20代前半の頃にレンタルして聴いたと思います。
当時、「RUN FOR COVER」「WILD FRONTIER」「AFTER THE WAR」
3枚は持っててよく聴いてました。特に「WILD FRONTIER」は好きでしたね。
ラジオで聴いた「パリの散歩道」を気に入り収録されているアルバムを探して
「BACK ON THE STREETS」だと分かりレンタル(買えなくて・・・)しました。
すぐに気に入ってしまいテープが擦り切れるぐらいに聴き込みましたよ♪
ドライブ中に聴いてはアクセルを踏み込んでスピード狂にもなってました(笑)
とにかく「BACK ON THE STREETS」は聴いててスカッとして気持ちいい!



羽生結弦選手、優勝おめでとうございます!オリンピック出場ほぼ確定ですね!
そして、「BACK ON THE STREETS」を思い出させてくれてありがとうございます。







テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

15:22  |  GARY MOORE  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.13 (Sun)

ゲイリー・ムーア 「ワイルド・フロンティア」

2月8日、ラジオを聴いていると、
ゲイリー・ムーア「パリの散歩道」がかかり、
喜んでいると、曲の途中でDJが耳を疑うような事を話した。
ゲイリー・ムーアが滞在先のホテルで亡くなりました」 

「えっ、ほんとに? マジ?」
ビックリしたと同時に悲しみが・・・(泣)

ゲイリー・ムーアとの出会いは80年代の半ばで
私が中学生の頃だったかな。
愛読書であったミュージック・ライフを読んでいた時に
ライヴで熱くギターを弾くゲイリーの写真を見て
なんだか気になるミュージシャンになっていった。
そして、当時の新作であった「ラン・フォー・カヴァー」
レンタルしてきてカセットにダビングして聴いていた。
正直、あまりパッとした印象は残らない作品でした・・・。
「アウト・イン・ザ・フィールズ」は聴きまくったが。

そして、高校生の時に私は名盤であろうと思っている
「ワイルド・フロンティア」が発表された!
ワイルド・フロンティアワイルド・フロンティア
(2002/10/30)
ゲイリー・ムーア

商品詳細を見る


購入しようかどうか迷ったが、買うことにした。
買って正解の会心の作品でした!

アイリッシュ・サウンドを巧く取り入れた名曲
M-1「オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ」
は、サビの部分は一緒に歌いながら聴きまくりました。
ゲイリーのギターもかっこいい!
最終曲の「クライング・イン・ザ・シャドウズ」
当時の人気女性アイドル本田美奈子へ提供した
美しいバラード曲でヒットしてましたね。

収録曲の中で私の一番のお気に入りなのは
M-4「ザ・ローナー」でございまして、
ゲイリーの泣きのギターが思う存分堪能できる
美しいインストであります。
この人はほんとにギターを泣かせるのが巧いです。
聴いててジ~ンとしちゃいます。



追悼の意を込めて自分が持っているゲイリーの作品を
聴いたが、この「ワイルド・フロンティア」が私自身、
「コリドーズ・オブ・パワー」と並んで好きですね!

「ゲイリー、天国でコージーとフィルに再会して
セッションを楽しんでね!  ありがとう。」


テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

14:17  |  GARY MOORE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |