2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.10 (Sun)

JEFF BECK 「FLASH」

久しぶりの更新です。最近は休日になれば家族で出掛けたり友人と会うなど
ブログの事を完全に忘れてしまうぐらいにプライベートは充実しております!
今日は久しぶりにゆっくり過ごしておりPCにも向かうことができております。
昨夜は映画「ステキな金縛り」を見ており、ノーマークであった深津絵里が、
なんだかとても可愛く思えて恥ずかしながらキューンとなってしまいました(笑)
映画の内容もとても面白くて嫁さんと一緒に結局終わりまで見てしまいました。
話は変わりますが、ここ一ヶ月はブルースをバカみたいによく聴いていたが、
ブルース熱も少しずつ冷めてきてロックやポップスも聴くようになってきた!
先日、突如聴きたくなってしまいラックから取り出したアルバムがコレです!

JEFF BECK 「FLASH」


ナイル・ロジャースとアーサー・ベイカー二人の売れっこプロデューサーを迎えて
1985年にリリースされたファンの間では評判のあまり良くないアルバムである。
 ジェフ・べック自身も「フラッシュ」は気に入らないアルバムのようですね・・・。
全11曲中、歌モノが9曲でインストは2曲。ジェフ・べック自身も2曲歌っております!
ナイル・ロジャースが得意とするダンス・ビートにジェフ・べックの鋭利なギターが
絡んでくる痛快な楽曲が多数を占めているが、インストでは叙情的なギターを
堪能することもできる!そして、なんと言ってもロッド・スチュアートとの再共演です!
M-4「People Get Ready」カーティス・メイフィールドが在籍したインプレッションズ
カヴァーなのだが、ここでのロッド・スチュアートの熱唱は胸にジーンと来るものがある!
このPVは当時、MTVやベストヒットUSAでガンガン流されていましたね。良いPVです! 
 


実は、このPVで初めてジェフ・べックを拝見し、ギター・サウンドを体験しました。
当時、僕は高校1年生でして名前だけ知ってる程度で興味もありませんでしたが
「ピープル・ゲット・レディ」のPVを見てジェフ・べックのギターに興味がわいた。
ちょうどその頃はバイトで貯めたお金でCDプレーヤーを購入したばかりの時でして、
まだ1枚もCDを持ってませんでした。そこで初CDはJEFF  BECK 「FLASH」にした!
初めて聴くCDということで、かなりワクワクしてたのを今でも鮮明に覚えています。
M-1「Ambitious」のギンギン・ギターを聴いてぶっ飛びましたね!強烈でした!!
「凄い!さすが3大ギタリストの一人と言われる訳だ!」と興奮しながら聴いてました!
 


初めてのCDということもあるがハイ・テンションで何回も本作を聴きまくりました。
なので、このJEFF  BECK 「FLASH」は、かなり思い入れのあるアルバムですね。
それから、過去のアルバムをレンタルや購入してジェフ・べックのギターを楽しんだ!
特に第1期ジェフ・べック・グループのアルバムは好きになり聴きまくりましたね。
なんてったってロッド・スチュアートがボーカルでロン・ウッドがベースですからねぇ!
もちろん、第2期やBBA、インスト3部作も大好きで今でもよく聴いてますよ。
ファンの間では評判の良くない「フラッシュ」ではあるが、僕は好きなアルバムです!
JBG、BBA、「ブロウ・バイ・ブロウ」「ワイアード」を先に聴いてたらどうだったか?
やはり往年のファンの方達と同様にショックを受けてたかもしれませんね、たぶん。
「フラッシュ」ジェフ・べック初体験アルバムというのが幸いしたのか分かりませんが、
「ギター・ショップ」以降のアルバムもショックを受けずにすんなりと聴くことができた。
ジェフ・べックのギターの魔力に魅了されてしまうと抜け出すことができませんね(笑)






 



スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

15:59  |  JEFF BECK  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.18 (Sat)

スリリングで刺激的!ジェフ・べック「ギター・ショップ」

11日から9連休をいただいているが残すところ今日を含めてあと2日。
義母が病気で入院していることもあり、嫁さんは実家に戻り義父の
世話や見舞いなどで忙しくしている中、僕といえば愛犬と留守番でして、
一人の時間をたっぷりと過ごしている。音楽観賞、ギターいじりなどをして
一人暮らしを満喫している。義母の病気が治ることを祈りながら・・・。

たっぷりと音楽を聴く時間を持てたので普段なかなか聴けなかったCDを
聴くことができて、「これ、今聴くとめちゃくちゃイイなぁ」と思えたCDが
何枚かありました!その中でグッときたのがこのアルバムです!

ジェフ・べック「ギター・ショップ」

 

1989年リリースの全編インストの作品である!

ジェフ・べック(G)
トニー・ハイマス(Key)
テリー・ボジオ(Dr)

どうです!?  凄い3人でしょ!? サウンドも研ぎ澄まされています!

前作が盟友ロッド・ステュワートが参加したり、ジェフ・べック自身も歌った
歌モノ作品であったが、本作は究極のギターが聞ける最高傑作インスト作品だ!
ジャズ・フュージョンの要素は薄く、ロック・ギター・インスト作品になっている!
テリー・ボジオの重量級のリズムにのり、ジェフ・べックが水を得た魚のように
スリリングで刺激的なギターを弾きまくっている!神業ですね、これは!

発売当時に購入したのだが当時の僕には難解なサウンドでしてあまり聴くことはなかった。
「ブロウ・バイ・ブロウ」 「ワイアード」「ゼア・アンド・バック」の3枚
ジェフ・べックのギター・プレイに興奮しながらよく聴いたのだが・・・。
数回聴いて、ほとんどお蔵入り状態のCDでした・・・。凄いアルバムなのに・・・。
でも、不思議なもので突然、ツボを突いてきたというかハマッたんですよね!
確か5年ぐらい前に本作を聴いた時にビビッときたんですよ!電流走りました(笑)
M-5「ホエア・ワー・ユー」を聴いた時でしたね!感動で震えましたから。
3分
ちょっとのバラード曲であるが、ここでのジェフ・べックのギターが凄すぎる!
アーミングで音程を操る究極のテクニックを披露している!表現力も素晴らしい!
 


ロッキンな曲では尖がったスリリングなギター・プレイも聴けて痛快です!
 


テリー・ボジオに関しても、当時は中学生の時に聴いていたエレクトロ・ポップ・バンド
ミッシング・パーソンズのドラマーってぐらいの認識しかありませんでしたが、
恥ずかしながら、後に凄腕ドラマーということを知った。ほんと、凄いもんねぇ!
トニー・ハイマスのキーボードも確かなテクニックを駆使して地味ではあるが
べック&ボジオのサウンドの繋ぎ役ような感じで存在感を出している!

聴きだすと中毒のようになって何度も聴き返してしまう危険!?なアルバムだ(笑)

そういえば、ジャケットはリリース時と違うんですね!なんで変更されたんだ? 


 




テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

16:29  |  JEFF BECK  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.15 (Wed)

ジェフ・べック 「ブロウ・バイ・ブロウ」

双子座流星群の接近により、昨夜から今朝の明け方までに
流れ星を確認しやすい状況だったようでしたが、
見られた方はいらっしゃったのだろうか?

冬の星空の話題を耳にすると、

ジェフ・べック 「ブロウ・バイ・ブロウ」聴きたくなる。

Blow By BlowBlow By Blow
(2001/03/28)
Jeff Beck

商品詳細を見る

そんな奴は私ぐらいなものだと思うが
「ブロウ・バイ・ブロウ」には強烈な思い出が残っている。

21年前の20歳の大晦日から元旦にかけて親友と
女友達2人の計4人で初詣&初日の出を見に出掛けた。
私の車を出したので当時自分の好きなCDを持ち込んで
(女の子達の好きなユーミンも持ち込んでいたが)
気分を盛り上げて現地へ向かった。
楽しく初詣を済ませて、初日の出を拝む場所に到着。
まだ、日の出まで時間があったので仮眠をとることにした。
その時にちょうど「ブロウ・バイ・ブロウ」がかかっていた
フロント・ガラス越には満天の星空が見えていて
あまりの綺麗さに寝ることも忘れて一人で感動していた。
そこにファンキーなリズムにべックの表現力豊かな
ギターが絡んでくるかっこいいサウンドが流れていた。
M-4「エアー・ブロワー」M-5「スキャッター・ブレイン」への
スリリングな展開には鳥肌立ちました! リズム隊、最高です!
名曲M-6「哀しみの恋人達」は星空を見ながら聴くのに
最高のBGMになっていました。
べックのギター、最高!
そして、「フリーウェイ・ジャム」 「ダイヤモンド・ダスト」
感動の頂点を迎えることになった!
不覚にも涙を流していた。
マックス・ミドルトンのキーボード・プレイにも感動した!



瞬く星のようなサウンド(私はそのように感じる)は
聴いていて実に気持ちが良いです。
初日の出も実にキレイに見えて4人で感動してました!

以上のような思い出が「ブロウ・バイ・ブロウ」を聴くと
よみがえってきて胸がキュ~ンとなる。

ジェフ・べックのギターってテクニックを追いかけて
聴くことを忘れるぐらいの強烈な表現力を持ってますよね!
それが驚異的なテクニックなんだよね!
「ブロウ・バイ・ブロウ」にはべックの素晴らしいギターが
たくさん詰まった最高のギター・アルバムですね!
大好きです!!








テーマ : エレキギター ジャンル : 音楽

18:47  |  JEFF BECK  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。