2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.25 (Sat)

ブライアン・セッツァー・オーケストラ 「ヴァヴーム!」

クリスマスですね~。どのようにお過ごしでしょうか?
我が家ではリビングに小さなクリスマス・グッズを飾り、
チキン&ケーキを食べてクリスマス・ムードを味わいました!
BGMも必要でして、この時期我が家で定番になりつつある
CDがこれであります

ブライアン・セッツァー・オーケストラ 「ヴァヴーム!」

VAVOOM!VAVOOM!
(2000/07/26)
ブライアン・セッツァー・オーケストラ

商品詳細を見る


2000年に発表された彼らの4枚目となる作品です。
 ストレイ・キャッツでロカビリー魂を見せつけてくれた
ブライアン・セッツァーがビッグ・バンドを率いて
洗練されたスウィング感覚が散りばめられた
ゴージャスなサウンドを作り出している!
聴いていると自然に体が動き出し、
ワクワクした気分にさせてくれる 1枚です!
パーティーなど賑やかなイベントのBGMとして
流すのに最適なサウンドなんじゃないかな。

結婚前に嫁さんとのドライブ中に前作である
「ダーティ・ブギ」を流していたら、嫁が気に入り
ブライアン・セッツァー・オーケストラのファンになる。
もちろん本作「ヴァヴーム!」

夫婦共に大好きな作品でございます!

私の父親がグレン・ミラーなどのスウィング・ジャズが好きで
小さい頃から、このようなサウンドを自然に耳にしていた影響も
あると思うが、ビッグ・バンド・サウンドが耳に馴染んでいる。
コンサートにも連れてってくれました。

収録曲の中にはグレン・ミラーの演奏で大ヒットした
スウィング・ジャズの代名詞である曲
「ゲッティン・イン・ザ・ムード」
を、センスよくカヴァーしていたり
ベンチャーズの演奏でおなじみであろう曲
デューク・エリントンの古典 「キャラヴァン」では
ブライアン・セッツァーのスリリングなギター・プレイを
存分に堪能することができる!
そして、クィーン「愛という名の欲望」もロカビリー・テイスト
溢れるかっこいいカヴァーでキメてくれている!
オリジナル曲でも独創性豊かなサウンドを聴かせてくれて
思う存分楽しませてくれる

今回のクリスマスも「ヴァヴーム!」のゴージャス・サウンドの
おかげ!?で楽しい時間を過ごすことができた!





スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

13:16  |  THE BRIAN SETZER ORCHESTRA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。