2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.29 (Fri)

夏にはやっぱりこれだね! 角松敏生「SEA IS A LADY」

ここ数日は、曇り時々雷雨 というどうもスッキリしない天気が続いている。
涼しくて楽なのだが、そろそろスカッとした夏空を拝みたいものですね~。

そんな願いを込めて、私の夏のマスト・アイテムであるアルバムを聴いてみた。
それが、角松敏生 「SEA IS A LADY」 である。



1987年に発表されたサマー・フュージョンの傑作アルバムであります!

発売当時、私は高校3年生でした。中学3年生の頃から彼の作品は聴いていたので、
もちろん、「SEA IS A LADY」も購入して聴きまくっていたものでした。
本作は、彼自身の歌ではなく、ギターで勝負したインスト・アルバムになっている!
彼のライナーノーツに書かれているが、まさしく夏=女=海」をイメージさせる
ギター&メロディーが満載でありまして、聴いているだけでスカッとした夏空を
思い描き、なんだかウキウキとした気分になってきてしまうのである。

海辺にドライブに行く時や、海水浴へ行った時なんかはよく聴きました。
ビーチで聴く「SEA IS A LADY」は最高に気持ち良く、気分が高揚しましたね~。
まさしく「夏=女=海」という感じでスケベ心にも火が付きますよ(笑)

M-2「SEA LINE "RIE"」なんかは、これぞ、夏!  て感じの爽快な曲である!
海辺のドライブ中に聴くと最高に気持ち良く走れますよ。



あ~、なんだか海に行きたくなってきたぞ~。

M-9「MIDSUMMER DRIVIN' "REIKO"」は大好きな曲でして、
アップテンポのリズムに角松敏生の伸びやかでキレのあるギターが炸裂しており、
この曲も海辺やキレイな夜景を見ながらのドライブにピッタリである!



その他の曲も、朝~夕暮れ と、どの時間帯にも合う曲が収録されており、
そのシテュエーションに合わせてチョイスして楽しむこともできてしまう!

今年の夏も「SEA IS A LADY」を聴いて夏を満喫するぞ~。
今年はどんな思い出が作れるのだろうか? 楽しみですな~。



スポンサーサイト

テーマ : FUSION ジャンル : 音楽

09:30  |  角松敏生  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。