2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.02.05 (Sun)

ASIA 「PHOENIX」

エイジア」「U.K.」「キング・クリムゾン」などのバンドに在籍して、
主にプログレッシブ・ロックの分野で活躍していたジョン・ウェットン
先月の31日に癌には勝てず死去されました。ご冥福をお祈りいたします。
また一人偉大なミュージシャンが亡くなった(涙)去年から続いてますね。
ということで、エイジアのオリジナル・メンバー再結成アルバムの紹介です。

ASIAPHOENIX


2008年にリリースされたオリジナル・メンバー再結成アルバムです!
ジョン・ウェットン(Vo&B)スティーヴ・ハウ(G)カール・パーマ―Dr)
そして、ジェフリー・ダウンズ(Key)の4人の強者が奇跡的に集結しました!
2ndアルバムALPHA」以来ですので25年振りの再集結だったのですね!
このニュースを知った時は凄く嬉しかったなぁ。ワクワクしたなぁ。
アルバム・リリース前にオリジナル・メンバーでの来日公演が開催されたが、
観に行くことができず悔しい思いをしていたので、ほんと嬉しかったです。
ラジオで「Never Againを初めて聴いた時はめちゃめちゃ興奮しましたよ!
そうそう、このサウンドを待ってたんだよ♪」
その日のうちに新作アルバム「フェニックス」を購入していました。
いきなり「Never Again」でしたので、すぐにハイ・テンションになった!
涙が出てきそうになるぐらいに嬉しさが込み上げてきたものでした。
しかし、1stや2ndを聴いた時のような興奮が続かないのである・・・。
それも、2曲目以降から段々と期待とは裏腹に「う~ん」となってしまう。
私自身の感覚なのだがメロディーにグッと感じるものがあまりなかったようだ。
サウンドを聴いてる分には「これぞ、エイジア!」と感じる所もあるけどね。
全体的にアダルトで落ち着いた感じのサウンドになっているからだと思うが、
1枚通して聴いた印象は「あれっ、何だかちょっと物足りないなぁ」てな感じ。
期待が高過ぎたこともあると思いますが最初に聴いた印象はこんなものでした。
なので、1stや2ndのように興奮しながら聴きまくることはありませんでしたね。
それからは、ほとんど聴くことがなくなり、申し訳ないがお蔵入りしてしまう。
その後もアルバムをリリースしたり、来日公演も開催されてはいましたが、
新作を購入することもなくて、ライブを観に行くこともありませんでした。



ジョン・ウェットン死去のニュースを知り、久しぶりに「PHOENIX」を聴いた🎵
やはり、「Never Again」はカッコイイね!これは私の中では名曲だな!
さて、問題の2曲目以降なのだが、あら不思議!すんなりと聴けるではないか!!
もう、1stや2ndのようなサウンドを期待していないせいでもあるのか楽しめた🎵
Parallel Worlds/Vortex/Deya」なんかはリピートして聴いてしまったぐらいである。
情緒的でドラマティックな展開の曲で思わず聴き入ってしまった。プログレだよ!
An Extraordinary Life」なんかは訳詞を見ながら聴いてると涙が出てきそうになった。
落ち着いた印象のサウンドだからなのかリリース当初は食い付きが悪かったけど、
今頃になってPHOENIX」を楽しんで聴くことができている🎵歳を重ねたせいなのか?
ジョン・ウェットンに「聴いてみろ。今なら良さが分かるはずだ」と勧められたような
感じで最近は「PHOENIX」を聴きまくっている。ありがとう、ジョン・ウェットン。







テーマ : Rock ジャンル : 音楽

13:08  |  ASIA  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.15 (Sat)

ASIA 「ASTRA」

先週末に「ブログをしばらく休みます」とお知らせしましたが、
いつまでも凹んでいては愛犬にも悪影響を与えてしまいますので、
前向きに愛犬と一緒に楽しみながら日々の生活を送っていきます。
地味JAM尊さん、御心配おかけしましたがもう大丈夫ですよ。
さて、今回は今週ヘビロテしていたナイスなCDを紹介します♬

ASIA 「ASTRA」


1985年にリリースされたエイジアの3rdアルバムです♪
2ndアルバム発表後の来日公演直前にまさかのジョン・ウェットン脱退!
早々にウェットンが復帰したら今度はなんと!スティーヴ・ハウが脱退!
そして、当時無名のギタリストだったマンディ・メイヤーがバンドに加入!
そんなお家騒動が一旦落ちついた後にレコーディングされたアルバムだが、
美メロ満載捨て曲無しの実に素晴らしい仕上がりになっている傑作なのだ!
大半が4分ぐらいの短い曲の中に壮大なドラマ性を盛り込んでも難解にならず、
ハードなサウンドではあるが親しみやすいポップ感溢れる曲に仕上げている♪
だが、アルバムは予想に反して売れず、商業的には苦戦してしまいましたね。
後にジョン・ウェットンが「なぜ売れなかったのか?」と落胆していました。
そして、バンドは残念ながら自然消滅していくことになる。悲しいね~(涙)

だが、現在は激しいメンバーチェンジを繰り返しながらも活動は継続してます。

私が高校1年生の時にリリースされたアルバムだが、めちゃくちゃ聴きました♪
1st&2ndもよく聴いたが、それ以上に聴いたと思う。現在もよく聴くしね♪
ヘッドホンで大音量で聴くと壮大なサウンドが実に気持ち良くてスカッとする。
私が持ってるエイジアのアルバムの中で今までに一番聴いたアルバムかもね。
いや、待てよ。もしかすると、
ジョン・ペイン(Vo&B)が加入してからのアルバム
「AQUA」を一番聴いてるかもしれないなぁ。まぁ、どうでもいいですか(笑)
そういえばジャケットも気に入って壁にレコード飾ってたなぁ。懐かしい。











テーマ : Rock ジャンル : 音楽

16:58  |  ASIA  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.12 (Sat)

ASIA 「AQUA」

先日、北関東 東北の大雨により甚大な被害が発生しました・・・。
茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊して濁流が街に浸水・・・。
テレビで映像を見た時は東日本大震災の津波を思い出していた(涙)
被害に遭われた方達が早く元の生活に戻れる事を願うばかりです。

ここ愛知県は、最近めっきり秋らしくなり過ごしやすくなってきた。
大好きな音楽を聴くにも最高の季節がやってきました。万歳!
そこで、今日は秋の夜長に聴くと心地良い気分になれるCDの紹介です♪

ASIA 「AQUA」


1.AQUA PART 1
2.WHO WILL TOP THE RAIN?
3.BACK IN TOWN
4.LOVE UNDER FIRE
5.SOMEDAY
6.LITTLE RICH BOY
7.THE VOICE OF REASON
8.LAY DOWN YOUR ARMS
9.CRIME OF THE HEART
10.A FAR CRY
11.DON'T CALL ME
12.HEAVEN ON EARTH
13.AQUA PART 2


1992年にリリースされたASIAの通産5作目のスタジオ・アルバム
とは言ってもメインのメンバーはジェフリー・ダウンズジョン・ペイン
カール・パーマーもメインと言っても良いが全曲でドラムを叩いていない。
新たにギタリストに迎えられたのはアリス・クーパーに参加していたギタリスト、

アル・ピトレリです!とは言っても正式なメンバーではありませんが・・・。
そして、スティーヴ・ハウが数曲で彼らしいギターで参加しております!
ちなみにジョン・ウェットンは全く参加しておりませんので悪しからず。
2ndアルバム以降のASIAは、とにかくお家騒動でゴタゴタしていましたね。
1st&2ndアルバムの大成功で待望の初来日公演直前に大事件が・・・。
なんと、ジョン・ウェットン脱退!急遽、グレッグ・レイクがピンチ・ヒッター。
3rdアルバム制作前にジョンウェットンが復帰すると、スティ―ヴ・ハウ脱退!
3rdアルバムの不発により、ASIAは解散を余儀なくされることになってしまう。
しかし、スティ―ヴ・ルカサースコット・ゴ―ハムなどのギタリストを迎えて
4thアルバムをリリースしたが、またも不発。
ジョ
ン・ウェットンが再脱退・・・。
「もう解散するんだろうな」と思っていたらニュー・アルバム・リリースのニュース!
おまけに、当時無名の
ジョン・ペインジョン・ウェットンの後釜として加入した!

当時は、「これはASIAじゃないだろ」と思ったものだが、迷わず購入していた(笑)
聴く前の心配はどこにいっちゃったの?てな感じでアルバムを楽しんでいた(笑)
良質のメロディアス・ロックのオンパレードに酔いしれながら聴いていました♪
ジョン・ペインの少し粗いが骨太のボーカルもなかなか良い感じで気に入った!
アル・ピトレリのコンパクトながらもハードでテクニカルなギターも聴きどころです。
スティーヴ・ハウのアコースティック・ギターも良い味だしてますよ!サスガです。
カール・パーマーのドラム?こんなもんじゃないですか(笑)よく分かりません(汗)
ちなみに、あのテクニカル・ドラマー、
サイモン・フィリップスも参加していますよ!
曲が適度にハードでメロディアスなので聴きやすいです。ほんと、良いですよ!

初期のASIAらしさも残しつつ、新たな出発点となったアルバムではなかろうか。
ASIA名義でリリースしなければ、より楽しめたと思うのだが。そこがちょっと残念。








テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

21:15  |  ASIA  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.05 (Thu)

辰年ということで・・・、エイジア「詠時感~時へのロマン~」

ちょっと遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。昨年より良い年になるとイイですね!
お正月はどのように過ごされましたか?
私は夫婦お互いの両親に挨拶がてら宿泊させてもらい、
食べて、飲んでとのんびり過ごすことができたお陰で、
なんと、4日間で体重2kg増になってしまいました・・・。
といっても、私は今のところメタボ体型ではなく痩せている方なので、
「ちょうどいいんじゃない!」と嫁さんの言葉にホッとしている次第でございます(笑)

ということで、「新年一発目の記事はどの作品にしようか?」と考えまして、
思い浮かんだアルバムがコレなんですよ!
 
エイジア 「詠時感~時へのロマン~」


1982年発表のデビュー・アルバムです!
デビューといってもメンバー4人は、イエスEL&P キング・クリムゾンなどの
プログレッシブ・ロック・バンドの元メンバーの集合体でありまして、
このスーパー・バンドの登場はかなりの衝撃を与えたみたいでした!
気になるメンバーはジョン・ウェットン(Vo、B) スティーヴ・ハウ(G)
カール・パーマー(D) ジェフリー・ダウンズ(K)という錚々たるメンツである!


ところで、「なんで、辰年でエイジアのアルバムなの?」と思われた方は、
このアルバムのジャケットを見てくださいね!!
どうです!? 「ベタでしょ~!」 年明け早々にスミマセン・・・(苦笑)

僕がこの作品と出会ったのは中学2年の時でして、彼らの2nd「アルファ」を聴いて
衝撃を受けてしまい、「1stも聴きたいな~」ということで本作を購入したのが
「詠時感~時へのロマン~」との出会いでした!

壮大でスケールのある曲でありながらポップでキャッチー!!

M-1「ヒート・オブ・ザ・モーメント」を数秒聴いて興奮したのを覚えています。
ずっとワクワクしながら聴いて感動していましたよ!
1stシングル曲で大ヒットしたカッコイイ曲ですね!!



M-2「時へのロマン」は洋楽に興味を持ち出した中学1年生の時に、
FMで放送されていた「ポップス・ベスト・テン」を録音したテープに入っていて、
その当時から気になっていた曲で、「これ、エイジアの曲だったのか!」と
発見できて嬉しかったですね!これも、カッコイイ曲です!




興奮しながらどんどん曲を聴き進めていき、最終曲のエンディングを迎えた時は
感動しちゃいまして、友人に「エイジアの1stサイコーだぞ!聴きに来るか?」
と、電話で報告して家に来てもらい一緒に聴いてました!
その友人には、プログレ好きの兄がいまして、その影響で上記のイエスなどを
聴いていた奴でしたが、私同様に「スゲ~」と感動していました!
「アルファよりカッコイイんじゃないか!!」
その時聴いた中学2年生二人の坊主の当時の感想である!

プロフェッショナルな4人から放たれる壮大な音に包まれて、
心地良い興奮を味わうことができるアルバムです!
チャートでも上位に食い込み大ヒットしました!!

エイジアの1st、2ndを聴くと中学生だった当時のことをよく思い出す。
当時の自分の部屋、先ほど登場したの友人、教室などなど。
楽しく音楽談義をした場所や風景が鮮明に思い出されてくる。

音楽って、イイですね~!

今年も新旧、ジャンルを問わず大好きな音楽を聴いて、
楽しい時間を過ごしていきたいと思います!



テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

15:16  |  ASIA  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.13 (Sat)

エイジア「アルファ」を聴いた。

仕事中に、ふとエイジアの「ドント・クライ」のメロディーが
頭をかけめぐり口ずさんでいた
帰宅後に「ドント・クライ」が収録されている
エイジアの大ヒットアルバム「アルファ」を聴いた



1983年に発売されたエイジアのセカンド・アルバムです!

ジョン・ウェットン、スティーヴ・ハウ、カール・パーマー、
そして、ジェフリー・ダウンズというプログレ・ファンには
おなじみの4人が結成したスーパー・バンドでありまして、
デビュー・アルバム「詠時感~時へのロマン~」は大ヒット!
サウンドはプログレの特徴でもある長い曲や複雑な展開などはなく
キャッチーなメロディーに親しみやすい詩をのせた曲を
高い技術を持つミュージシャン達がメロディアスに仕上げた
傑作で、記録的なヒットとなりました!

私がエイジアを知ったのは中学2年生の時でありまして
FMラジオを聴いてたら「ドント・クライ」が流れてきて
虜になってしまいました。



当時、購読していた FMfan に「アルファ」の特集をしている
記事がありメンバーのインタビューなどを読んでいるうちに
アルバムが欲しくなり購入を決める!
ジャケットの素晴らしさも決め手のひとつでした。
サウンドは期待どおり素晴らしく、嬉しくて
一日中聴いてた覚えがありますね
宇宙的な広がりのあるサウンド処理がされていて
部屋を暗くして、目を閉じてへッドフォンで聴くと
宇宙に来ているような感覚になりましたよ
(もちろん宇宙に行ったことはありませんが・・・。)

今でも、このような感覚を味わえるのかな と思い
部屋を暗くして、目を閉じへッドフォンで聴いてみた
宇宙というより当時の自分の部屋を思い出していた。
タイム・スリップしちゃいましたね!
当時、付き合っていた女の子のことまで・・・。

「アルファ」を久しぶりに聴いて
癒しの時間を過ごすことができました



テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

14:27  |  ASIA  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |