2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.26 (Sat)

このアルバムのお陰で。 アンディ・テイラー 「デンジャラス」

寒くなってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?
風邪などひかぬよう大好きな音楽を聴いて寒さなんか吹き飛ばしてしまいましょう!

ということで今回取り上げてみたアルバムはアンディ・テイラー「デンジャラス」です!



デュランデュランのギター小僧アンディ・テイラーの2ndである。
1990年に発表された作品で、私は当時21才のガキでありました。
デュランデュランを脱退して、元セックス・ピストルズスティーヴ・ジョーンズと組んで
製作された1st 「サンダー」が素晴らしいロック・アルバムでしたので、
2ndもかなり期待して待っていたものでした。
しかし、約3年半ぶりに届けられた新作がカヴァー・アルバムだと知り、
「えっ、カヴァー・アルバムなの!?」とガッカリしたものでした。
1stのようなガッツ溢れるオリジナル・ロック・アルバム期待していたもので・・・。

曲目をチェックしてみると、私の大好きなローリング・ストーンズの名曲
「悪魔を憐れむ歌」が収録されていたので、
「どんなもんか、聴いてやろうじゃないか」と思い購入してみた!
他には、ロッド・ステュアート、ウィルソン・ピケット、ザ・キンクス、AC/DCなど、
アンディが影響を受けたミュージシャン達の曲を彼なりにアレンジしている作品だ。

あまり期待せずにM-1THIN LIZZY 「甘い言葉に気をつけろ」を聴いていて、
「これ、いいかもしれない!」なんて期待が膨らんできた(笑)
M-2ロッド・ステュアート「ストーン・コールド・ソウバー」
M-3バッド・カンパニー「フィール・ライク・メイキング・ラヴ」ぐらいまでくると、
「いいじゃん! いいじゃん!これ、いいわ!!」と興奮していましたね(笑)



気になっていたM-6ローリング・ストーンズ「悪魔を憐れむ歌」はどうかというと、
かなりハード・ロッキンなアレンジになってはいるが、腰が動き出してしまう
独特なグルーヴ感はあり、なかなか良いカヴァーになっているのではないだろうか!
「これなら許してやるわ!」 (笑)
最終曲AC/DC「ライヴ・ワイヤー」を聴き終えた頃には満足感に満たされていた!
彼自身が影響を受けたミュージシャン達の曲を見事なアレンジ力により、
彼らしいガッツ溢れるロック・アルバムに仕上がっているではないか!!

そのお陰もあり、M-5モントローズ「スペース・ステイションNo5」はオリジナルも
聴きたくなりモントローズの1st「MONTROSE」を購入して聴きまくることになる。
実は当時、カヴァーされていたアーティストで曲も知っていたのは、
ストーンズ、AC/DC、ウィルソン・ピケット、ロッド・ステュアートぐらいでして、
THIN LIZZY、バッド・カンパニー、モット・ザ・フープル、ザ・キンクス、
そして、エリック・クラプトン「コカイン」取り上げたことでも知られるJ・Jケール
名前は聞いたことがあるぐらいでしかなかった。

だが、このアルバムを通してモントローズ、THIN LIZZY、バッド・カンパニーは、
アルバムを何枚か買うまでのお気に入りのバンドになっていた!
バッド・カンパニーに関してはポール・ロジャースつながりで
フリーにまで手をつけてしまうまでになってしまった (笑)

カヴァー・アルバムは今でもあまり好きではないのだが、好きなアーティストが
影響を受けた楽曲をカヴァーした作品なら楽しく聴くことができる。
エアロスミス「HONKIN' ON BOBO」なんてかなり好きなカヴァー・アルバムですね。
私の中ではアンディ・テイラー 「デンジャラス」は今聴いても全然色褪せない
ホットで素晴らしいロック・カヴァー・アルバムなのである。


スポンサーサイト

テーマ : ロック ジャンル : 音楽

12:04  |  ANDY TAYLAR  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.08 (Tue)

ANDY TAYLOR 何処へ・・・

ANDY TAYLOR といえばDURAN DURANやTHE POWER STASIONの
ギタリストとして名声を得ましたが
最近どんな活動してるのかなぁ?

DURAN DURANの頃はあまりギターが目立つ音楽ではなかったので
ギタリストとしてそれほど評価されてなかったようでしたが
キレの良いカッティングとライブでの縦横無人に動き回る
ステージングはカッコよかったです!

THE POWER STATIONでは水を得た魚のようにギターを弾きまくり、
こんなに弾けるんだ!てびっくりしました。
サウンドもカッコよくて今でもよく聴きます
でも、悲劇が襲い、Voのロバート・パーマー、Dsのトニー・トンプソン、
プロデューサー(2ndアルバムではBass)のバーナード・エドワーズが
相次いで亡くなってしまいました

そういえば、ソロ・アルバムも出してました!
1stの「サンダー」は痛快なロックンロール・アルバムでした!
ソロで来日公演もしてギター弾きまくってましたね
2ndのカヴァー・アルバムもなかなか良かったです

そして、オリジナルメンバーでDURAN DURAN再結成して
アルバム1枚発表と来日公演をしたのですが
終始うつむいて、つまらなさそうにギターを弾く
アンディの姿を見て 続かないな て思いました。
案の定、脱退してしまいました。

今、何してるのかなぁ?まだミュージシャンしてるのかなぁ?
また元気にギターを弾きまくる姿を
見せて欲しいなぁ。

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

18:45  |  ANDY TAYLAR  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。