2017年03月 / 05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.22 (Sun)

独特のグルーヴ感が気持ち良い! スタッフ「スタッフ!!」

10日ぐらい前から風邪をひいてしまい、激しい喉の痛み&鼻水に悩まされたが、
幸い去年の予防接種のお陰か熱は出なくてなんとか今日まで乗り切れた!
まだ、鼻がスッキリしないが、数日すれば治るでしょうね。
皆様も体調管理に気をつけて風邪などひかぬようにしてくださいね。

ということで、最近薬代わり!?によく聴いていたCDが
スタッフ 「スタッフ!!」である。
 
1976年発表されたデビュー・アルバムであり、超名盤でもある!!

ニューヨークを中心に活躍していたスタジオ・ミュージシャン6人が結成した
ジャズ・フュージョン界のスーパー・グループでございます! 
メンバーは、ゴードン・エドワーズ(b) スティーヴ・ガッド(ds)
クリストファー・パーカー(ds) リチャード・ティー(key)
コーネル・デュプリー(g) エリック・ゲイル(g)という凄いメンツである!

僕がスタッフを知ったのは、ザ・スクェア カシオペア MALTA などを聴いていた
高校生の頃でして、「フュージョン=爽やか」と感じていた時期であった。
海外のフュージョン・バンドといったらシャカタクぐらいしか聴いていなかったが、
ラジオでM-2「いとしの貴女」を聴いて、美しいキーボード・サウンドに魅了されて、
気になるバンドとなった!そして、レンタルしてきてカセットにダビングして聴いた。



だが、当時はシンプルな演奏がなんだか物足りなく感じてしまい、
あまり聴くことはなかった。メンバーからして技巧が前面に出る曲を期待したが、
そのような曲も皆無でして、少し肩すかしを食らった感がありました。

しかし、年齢を重ねるにつれて、このようなタイトでシンプルなサウンドが
たまらなく好きになっていくではないか!なんだか不思議である。
ソウル、ジャズ、ゴスペルなどをセンス良く混ぜ合わせて、
シンプルでストレートなサウンドに仕上げている!
そのサウンドからは、温かみも感じられてゆったりリラックスした気分も味わえる!
そして、体が思わず動き出してしまう独特のグルーヴ感が最高である!! 




スポンサーサイト

テーマ : JAZZ ジャンル : 音楽

12:21  |  STUFF  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。