2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.17 (Sat)

泣きのギターで癒された! ピンク・フロイド 「対」

先日(3月11日)、東日本大震災から1年ということでテレビ各局で
特集番組を放送しており、嫁さんと一緒にしばらく見ていた。
だが、あまりに悲惨な映像を見ているうちに体調が悪くなってしまい
なんか申し訳ない気持ちでしたが途中でテレビ視聴を断念してしまった・・・。
それから4日間、なかなか寝れない日が続いた。(今はもう大丈夫ですが)

そんな寝付けない時に聴いて心を癒してくれた作品がコレ!
ピンク・フロイド 「対」 


1994年に発表された繊細で美しいサウンドが詰まったアルバムです!
ストーム・トーガソンが描いた奇妙なジャケットもグッドですね!!
ロジャー・ウォーターズが抜けてギタリストのデイヴ・ギルモアに主導権が移ってからの
2作目となる作品なのだが、これがとても優れたアルバムでして大好きな作品です!
ゆったりとしたリズムに乗り、メロウで叙情的なデイヴ・ギルモアの泣きまくるギターと
渋い歌声がなんとも心地良く、スペイシーで浮遊感のあるサウンドが
優しく心を癒してくれて、聴いていて実に気持ち良いです!
 
M-11 「運命の鐘」


高校生の時に1987年に発表された前作「鬱」をレンタルしてきて聴いてみたが、
まだお子様だったせいなのか、良さが全く分からずにお蔵入りしていた・・・。
それから7年経ち、僕も24才になった頃に発表された「対」でしたが、
前作のこともあったのだが、何故だかCDを購入してしまうことになっていた(笑)
だが、これが正解でして何度も繰り返して聴くお気に入りの作品になる!
そして、前作の「鬱」も聴いてみると学生の時より心に染み込んできた。
それからは、「ザ・ウォール」 「狂気」などの名作を聴きまくることになっていく。

ピンク・フロイドの作品を全作聴いたわけではないのだが、
僕は、「対」が彼らのアルバムの中で一番好きな作品です!!





スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

17:23  |  PINK FLOYD  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。