2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.04.14 (Sat)

超絶技巧炸裂!CAB

ようやく春らしい陽気になり外出するにも気持ち良い気候になってきた!
先週末に近所の公園に家族で出向いて満開の桜を見て楽しんできた。
僕の趣味の一つであるドライブするのにも最適な季節の到来でワクワクしている。
大好きな音楽を聴きながらのドライブは心地良く、気分転換にも最適である。
行き先や天候、景色や時刻などで聴きたい音楽を決める僕としては
「どの音楽を聴こうかな?」と考えるのも僕には楽しい時間である(笑)

明日もドライブに出掛ける予定があり、今からワクワクしている。
そこで、明日のドライブに是非聴きたいと思っているCDがこれ!

CAB 「CAB」


トニー・マカパイン(G・Key)
バニー・ブルネル(B)
デニス・チェンバース(Ds)
錚々たるメンツによるハード・フュージョン・ユニットによる1stアルバムです!
(2000年リリース)

まぁ、これが3人の超絶技巧が堪能できる爽快な作品でありまして、
聴いていて、
あまりの演奏の巧さにぶっ飛んでしまいます!
ハード・ロックをベースとしながら、JAZZ、 POPS などをブレンドしたサウンドで
3人のテクニカル・プレイの応酬が楽曲に彩り&緊張感を与えてる!

メンバーを見て、リリースされた当時に購入して聴いたが、
3人の超絶技巧にKOされてしまいました!
どちらかと言うとメタル・ギタリストとして知られているトニー・マカパインは、
この作品ではフュージョン寄りのテクニカル&伸びやか
なギターを弾き、
キーボード・プレイもギター同様に素晴らしい腕前を披露している!
ベースのバニー・ブルネルはこの作品で初めて知ったのだが、
ブリブリのフレットレス・ベースを聴いて興奮しました!衝撃的でしたね!
彼が1979年にリリースした「タッチ」を後に購入して、また興奮していた(笑)
そして、ドラムのデニス・チェンバースは説明不要ですよね(笑)
ここでも手数の多い超絶的な素晴らしいドラムを叩いている!



毎年この時期になるとドライブ中に聴くアルバムであるが、
毎度のようにアクセルを踏み込んでしまう危険?なサウンドである!
明日もスピードの出し過ぎに注意しながら聴きたいと思います。(笑)



テーマ : FUSION ジャンル : 音楽

17:56  |  CAB  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |