2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.08.13 (Wed)

BON JOVI 「BON JOVI」

今月9日から9日間のお盆休みを頂いて満喫しております。
しかし、台風が来襲したりしてあまり外出できておりません。
後半もここ愛知県は天気予報では曇りや雨になっている・・・。
今回の連休はレジャーで出掛ける予定はないのでいいのだが。
でも、やっぱり暑くてギラギラの日差しを体感したくなりますね。
先日、突然BON JOVIのデビューアルバムが聴きたくなって、
久しぶりにじっくりと全曲聴いて惚れ直してしまいました(笑)

BON JOVI 「BON JOVI」


1.RUNAWAY
2.ROULETTE
3.SHE DON'T KNOW ME
4.SHOT THROUGH THE HEART
5.LOVE LIES
6.BREAKOUT
7.BURNING FOR LOVE
8.COME BACK
9.GET READY

(1984年リリース作品)

モンスターロックバンドBON JOVIの原点であるデビューアルバムです!
元気ハツラツとした美メロハードロックがたっぷり収録された傑作だね♪
現在のシンプルなアメリカン・ロックとはサウンドがかなり違いますので、
ハードロックを演奏していた初期の頃を知らない方は聴くとビックリかな!
日本人の琴線を刺激するメロディー&サウンドだったということもあり、
本国のアメリカより日本から人気に火がついたというのは有名な話ですね。
ちなみに僕の琴線にもビンビンに触れて一発で気に入ったサウンドです(笑)
一度聴いたら心に残るメロディー、歌をしっかり聞かせるボーカルスタイルに
絶妙なコーラスワーク、そして、へヴィでテクニカルなギターが魅力的なバンド、
それが、デビュー当時のBON JOVIであった。これが出発点なのである♪
「RUNAWAY」「SHE DON'T KNOW ME」の2曲がヒットしてましたよ♪
この2曲以外もキャッチーなメロディーが心を鷲掴みにする佳曲ばかりです!








僕が中学3年生の時にラジオから1stシングル「夜明けのランナウェイ」が、
流れてきたのを聴いてキャッチーなメロディーに絡むハードなサウンドに
心を奪われたものでした。サビの部分は何度も頭の中を駆け巡っていた♪
アルバムも発売されていると知り、慌ててLPレコードを買いに行きました!
いきなり「夜明けのランナウェイ」でしたので興奮して聴いたのを覚えてます。
アルバムを買った時は確か夏休みでしたので時間もたっぷりとありましたので、
イッキに3周ぐらい聴いたと思います。完全にBON JOVI虜になっていました。
中学3年生の夏休みのほとんどは毎日1回は本作を聴いてたんじゃないかなぁ♪
あれから30年経とうとしているが今でも楽しんで聴けるナイスなアルバムである!




テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

17:36  |  BON JOVI  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.20 (Sun)

世界制覇を果たした名盤! ボン・ジョヴィ「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」

G.W明けから仕事が忙しく、ゆっくりと音楽を聴いたりパソコンをさわることすら
できない状態でしたが、昨夜からようやくミュージック・タイムがとれた!
何故だかボン・ジョヴィが聴きたくなり、どのアルバムを聴こうか迷ったが、
彼らの世界制覇アルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」を聴いてみた。
 
1986年にリリースされた3rdアルバムで世界で売れまくった名盤である!

僕がボン・ジョヴィを知ったのは中学3年生の時で、ラジオから流れてきたデビュー曲
「夜明けのランナウェイ」を聴き、キャッチーなメロディー&適度にハードなサウンドに
一発で心を奪われてしまい、すぐさま彼らのファンになったものでした!
アルバム(当時はまだレコード)を購入して聴きまくると同時に彼らの記事が載っている
雑誌なども買い漁るぐらいに熱を入れていたバンドでありました。
高校1年生の時には2nd「7800ファーレンハイト」が発売されて、これも即購入!
確かムック本も発売されてこちらも購入しましたね(笑)
コンサートにも行き、初めての海外ロック・バンドのライブということで大興奮!

そして、高校2年生の時に「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」が発売された。
友人とレコード店に予約を入れていたのだが発売日当日、何か用事ができてしまい
購入することができず、先に友人にアルバムを聴かれることになってしまう。
その友人から電話が入り「今度のは凄いぞ!」と興奮気味に話してきた。
一日遅れで僕も購入してワクワクしながらプレイ・ボタン押しましたよ!
いきなり重厚なキーボード・ソロに続き、ハードなロックン・ロール・ソング
M-2「レット・イット・ロック」なだれ込んで来た時には、もう興奮MAX状態!
リッチー・サンボラのギター・ソロもワイルドでテクニカルである!
「おぉ、凄いぜ!めちゃくちゃカッコイイじゃん!!」
そして、ロック・ファンなら誰もが知っているであろう超有名曲である
M-3「禁じられた愛」 M-4「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」が続く!





大ヒットしましたよね!この2曲はクラスメイト全員が知ってたんじゃないかなぁ。
M-6「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」はアルバムの中で一番好きな曲です!
アコースティック・ギターを導入した渋くてかっこいいロック・ナンバーだ!



その他も良い曲ばかりで捨て曲なしの凄いロック・アルバムになっている!
キャッチーなメロディーはポップス・ファンにも受け入られて、
ハードなギター・リフにテクニカル&メロディアスなソロはロック・ファンを唸らせる。
まさに名盤と呼ぶにふさわしいアルバムではなかろうか!

昨夜、久しぶりに(何年振りかな?)「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」を聴いたのだが
思ってた以上に楽しく聴くことができた!ギターで「禁じられた愛」を弾いてたしね(笑)
また他の初期作品を聴いてみようかな。そして当時の事を思い出しながら・・・。






テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

15:26  |  BON JOVI  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |