2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2011.02.27 (Sun)

ブルースのかっこよさを教えてくれたアルバム

ここ数日はブルースをよく聴いていた。
年齢を重ねるにつれてブルースを聴く時間が
多くなってきている。
酒を飲みながら聴くと、気持ちよく酔えて
快適な時間を過ごすことができる!

そんなブルースの良さを教えてくれた作品が
スティーヴィーレイ・ヴォーン&ダブルトラブル
「テキサス・ハリケーン」である!

テキサス・ハリケーンテキサス・ハリケーン
(1999/08/04)
スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ダブル・トラブル 他

商品詳細を見る


1984年に発表された2ndアルバムになります。
 
中学3年生の時にテレビの音楽番組を見ていると
ゲスト出演していたのが
スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブルトラブルでして
「テキサス・ハリケーン」のオープニングを飾る
「スカットル・バッティン」を豪快に演奏してくれた!
あまりの凄まじさに呆然としたのを覚えています。
凄い衝撃でしたね~。
翌日、学校でロック好き仲間と
「昨日のステーヴィー何とかという名前の奴、凄かったよな」
と興奮気味に話してましたよ!
その中の一人は私の腕をギターのネックに見たて
「こんな風に弾いてたよな~」
なんて言いながらモノマネをしていた。
仲間達もかなり衝撃を受けていたようだ!

アルバムはレンタルではなく、しっかりと購入して
興奮しながら聴きまくったものでした!
スティーヴィー・レイ・ヴォーンの豪快なギターに
メロメロになっていました。
「かっこえーな~」

今までに何度も聴いた作品であるが、今聴いても
「かっこえーな~! しびれちゃうな~」
とホットで豪快なブルース・スピリット溢れる
ギター&ヴォーカルでグイグイ迫られると
ついつい興奮してしまうのであります。



ビールを飲みながら「テキサス・ハリケーン」を聴けば
最高に楽しい時間を味わえると思うよ!



テーマ : BLUES ジャンル : 音楽

18:17  |  STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.20 (Sun)

B'z 「LOOSE」を久しぶりに聴いた! 

先日のグラミー賞受賞式で松本孝弘氏を含め
4人の日本人アーティストが見事受賞いたしました!
おめでとうございます。

ということで松本孝弘氏が在籍する世界で通用するであろう
日本最強のロック・ユニット B'z  のアルバム 「LOOSE」
久しぶりに聴いてみることにした!

LOOSELOOSE
(1995/11/22)
B’z

商品詳細を見る


1995年に発表された作品でございます!
 彼らの8作目になるのかな。よく聴いたなぁ。
B'zを再び聴きたいなぁと思わせてくれた作品です。

サード・アルバムまではアルバムも買ってよく聴いていた
B'zですが、それ以降はほとんど聴かなくなってしまった。

だが、ラジオでこのアルバムにも収録されている
「LOVE PHANTOM」を聴いて衝撃が走った!



「めちゃくちゃかっこいいんじゃん!」

すぐにシングルCDを購入して聴きまくってたなぁ。
そして、アルバム「LOOSE」を購入することになる。
ほんと、このアルバムはよく聴きましたね!
松本氏の素晴らしいギターも堪能できる作品で
コピーにも挑戦してましたよ!

「ねがい」 「love me,I love you」とシングルになった曲も
良いのだが、やはり「LOVE PHANTOM」がサイコーでして
当時はカラオケでよく歌ってました!

とにかく全曲素晴らしく、飽きずに一枚通して聴けて
スカッと気持ち良くなる作品ですね!
この作品以降から再びB'zを聴くようになり
アルバムの購入に加え、ライヴにも結婚前に嫁さんと
2回観に行った! 凄く楽しめたライヴでしたよ!

ほんとに久しぶりに「LOOSE」を聴いてみたが
今でも十分楽しめる作品でした!
松本氏のギターはほんとセンス良くてかっこいいです!
もちろん稲葉氏のヴォーカルもグッドですよ!
それにしても二人は良い曲を作るよなぁ。
他のアルバムも聴いてみたくなってきた




テーマ : ロック ジャンル : 音楽

14:08  |  B'z  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.13 (Sun)

ゲイリー・ムーア 「ワイルド・フロンティア」

2月8日、ラジオを聴いていると、
ゲイリー・ムーア「パリの散歩道」がかかり、
喜んでいると、曲の途中でDJが耳を疑うような事を話した。
ゲイリー・ムーアが滞在先のホテルで亡くなりました」 

「えっ、ほんとに? マジ?」
ビックリしたと同時に悲しみが・・・(泣)

ゲイリー・ムーアとの出会いは80年代の半ばで
私が中学生の頃だったかな。
愛読書であったミュージック・ライフを読んでいた時に
ライヴで熱くギターを弾くゲイリーの写真を見て
なんだか気になるミュージシャンになっていった。
そして、当時の新作であった「ラン・フォー・カヴァー」
レンタルしてきてカセットにダビングして聴いていた。
正直、あまりパッとした印象は残らない作品でした・・・。
「アウト・イン・ザ・フィールズ」は聴きまくったが。

そして、高校生の時に私は名盤であろうと思っている
「ワイルド・フロンティア」が発表された!
ワイルド・フロンティアワイルド・フロンティア
(2002/10/30)
ゲイリー・ムーア

商品詳細を見る


購入しようかどうか迷ったが、買うことにした。
買って正解の会心の作品でした!

アイリッシュ・サウンドを巧く取り入れた名曲
M-1「オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ」
は、サビの部分は一緒に歌いながら聴きまくりました。
ゲイリーのギターもかっこいい!
最終曲の「クライング・イン・ザ・シャドウズ」
当時の人気女性アイドル本田美奈子へ提供した
美しいバラード曲でヒットしてましたね。

収録曲の中で私の一番のお気に入りなのは
M-4「ザ・ローナー」でございまして、
ゲイリーの泣きのギターが思う存分堪能できる
美しいインストであります。
この人はほんとにギターを泣かせるのが巧いです。
聴いててジ~ンとしちゃいます。



追悼の意を込めて自分が持っているゲイリーの作品を
聴いたが、この「ワイルド・フロンティア」が私自身、
「コリドーズ・オブ・パワー」と並んで好きですね!

「ゲイリー、天国でコージーとフィルに再会して
セッションを楽しんでね!  ありがとう。」


テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

14:17  |  GARY MOORE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.05 (Sat)

矢沢永吉 「情事」  ヨロシク!

昨夜、以前勤めていた職場の上司であり中学&高校の
先輩であるK氏と久しぶりに会い、世間話しなどをして
楽しい時間を過ごしてきた!

K氏は矢沢永吉のファンでして、一緒に働いていた時に
「ヤザワ、聴いてみろ! 」と薦められて、K氏がCDを何枚か
貸してくれました。キャロルも含まれてたな。
矢沢永吉の存在は小学生の時から知ってはいたが
高校卒業するまではほとんど聴くことはなかった。

借りたCDを聴いて、今まで聴かなかったことを
後悔したくなりましたよ。 「かっこいいじゃん!」
翌日、K氏に御礼をしましたね!

それから間もなく発表された作品が
矢沢永吉 「情事」 です!
情事情事
(1989/06/21)
矢沢永吉

商品詳細を見る

1989年発売の作品であります。当時 私は20才だったかな。
当然、購入して聴きまくる日々でしたよ!
全曲シングルにしてもいいぐらいのキャッチーでかっこいい
ロック&バラードが収録されていて、私が現在所持している
矢沢永吉アルバムの中で一番好きな作品です!

M-1 「SOMEBODY'S NIGHT」
M-6 「FLESH AND BLOOD」
M-10 「愛しい風」

この3曲は今でもカラオケに行けば絶対に外せない曲だ!
いつも熱唱して気持ち良くなってます(笑)

今日もリビングで「情事」を聴きながら一緒に唄っていたら
嫁&愛犬2匹が 「またか・・・」 とリビングを出ていった。

「ごめんよ。俺だけ気分上々になっちゃって。サイコー!」







テーマ : 邦楽 ジャンル : 音楽

18:46  |  矢沢永吉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |