2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.29 (Sun)

ジャケットの赤ちゃんに注目! ニルヴァーナ「ネヴァーマインド」

先日、ラジオからニルヴァーナの名曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」
流れてきて、 「懐かしいなぁ」と思いながら、ノリノリで車を走らせていた!
家に着いて早速、ニルヴァーナ「ネヴァーマインド」を引っ張りだして聴いた!
 


1991年発表の彼らのメジャー・デビュー作であり、ロックの超名盤である!

ポップなメロディーに、激しくノイジーなギターが鳴り響き、ひたすら重い!
パンク的な破壊力と憂鬱感が同居しているようなサウンドだ!!
グランジ・ロックの人気をイッキに押し上げた傑作ですね!

本作が発売された頃、僕は22才でしてへヴィなロックもガンガン聴いていた時期でした。
ラジオから流れてきた「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」を聴いて、
シビレてしまい、アルバムを即購入しましたよ!
ドライブ中などに 大音量でガンガン聴きまくっていたものでした!
僕のロック好きの友人達も気に入ったみたいで購入していましたね。



ある日のこと、その友人達4人が集まり「ネヴァーマインド」の話題になった時に、
「あの赤ちゃんのアソコ、ムケてないか?」
と、N君がニヤニヤしながら言い出した!その中に女性が居たにもかかわらず・・・。
確認の為に、N君の車の中にあったCDを見てみると確かに・・・(笑)
「おぉ!外人さんは赤ちゃんの時からムケちゃってるのか!!」
と、僕が興奮気味になっていると、ロック大好きなKちゃんが、
「ぶらうん君のより、立派なんじゃない!?」
なんて、笑って言ってきた! 見せたこともないのに(笑)
サウンドの事より、ジャケットの話題で大変盛り上がってました!
なんだか下ネタになってしまいどうもスミマセン・・・。

このような、若かりし頃のアホな事を思い出しながら久しぶりに聴いていたが、
激しくて破壊的なサウンドが、仕事でのモヤモヤした気分を
吹き飛ばしてくれたみたいで、なんだかスッキリできたみたいだ!


テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

14:14  |  NIRVANA  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.22 (Sun)

独特のグルーヴ感が気持ち良い! スタッフ「スタッフ!!」

10日ぐらい前から風邪をひいてしまい、激しい喉の痛み&鼻水に悩まされたが、
幸い去年の予防接種のお陰か熱は出なくてなんとか今日まで乗り切れた!
まだ、鼻がスッキリしないが、数日すれば治るでしょうね。
皆様も体調管理に気をつけて風邪などひかぬようにしてくださいね。

ということで、最近薬代わり!?によく聴いていたCDが
スタッフ 「スタッフ!!」である。
 
1976年発表されたデビュー・アルバムであり、超名盤でもある!!

ニューヨークを中心に活躍していたスタジオ・ミュージシャン6人が結成した
ジャズ・フュージョン界のスーパー・グループでございます! 
メンバーは、ゴードン・エドワーズ(b) スティーヴ・ガッド(ds)
クリストファー・パーカー(ds) リチャード・ティー(key)
コーネル・デュプリー(g) エリック・ゲイル(g)という凄いメンツである!

僕がスタッフを知ったのは、ザ・スクェア カシオペア MALTA などを聴いていた
高校生の頃でして、「フュージョン=爽やか」と感じていた時期であった。
海外のフュージョン・バンドといったらシャカタクぐらいしか聴いていなかったが、
ラジオでM-2「いとしの貴女」を聴いて、美しいキーボード・サウンドに魅了されて、
気になるバンドとなった!そして、レンタルしてきてカセットにダビングして聴いた。



だが、当時はシンプルな演奏がなんだか物足りなく感じてしまい、
あまり聴くことはなかった。メンバーからして技巧が前面に出る曲を期待したが、
そのような曲も皆無でして、少し肩すかしを食らった感がありました。

しかし、年齢を重ねるにつれて、このようなタイトでシンプルなサウンドが
たまらなく好きになっていくではないか!なんだか不思議である。
ソウル、ジャズ、ゴスペルなどをセンス良く混ぜ合わせて、
シンプルでストレートなサウンドに仕上げている!
そのサウンドからは、温かみも感じられてゆったりリラックスした気分も味わえる!
そして、体が思わず動き出してしまう独特のグルーヴ感が最高である!! 




テーマ : JAZZ ジャンル : 音楽

12:21  |  STUFF  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.09 (Mon)

ビリー・ジョエル「ニューヨーク物語」を聴いて思い出に浸った。

今日は「成人の日」なんですね!あれから22年の歳月が経ってしまったのかぁ・・・。
まだ1月15日が「成人の日」というのが抜け切れていませんので、
晴れ着姿のお兄さん、お姉さんを見て、「そうだったのね!」と気付かされましたよ。

今日は何故かビリー・ジョエルの歌声が無性に聴きたくなり、
何枚かチョイスして学生時代の思い出に浸りながら聴いていました!
なにせ、ビリー・ジョエルは洋楽にハマルきっかけを作ってくれたアーティストであり、
数々の感動&思い出を提供してくれた僕にとってのようなシンガーである!

今日聴いた作品でリピートして聴いたアルバムが「ニューヨーク物語」である。
 

1976年発表の通算4枚目の作品であります。
超名曲「ニューヨークの想い」が収録されている名盤です!
ビリー・ジョエル自身も大好きなアルバムみたいですよ!悪かろうはずがない!



中学1年生の時に前の席にいたS君に「さよならハリウッのシングル盤を借りて、
家で聴いてビビッと電流が走り、即ビリー・ジョエルのファンになっていた!
 凄い衝撃を受けた曲であり、今後のミュージック・ライフにも多大な影響を与えてくれた!



当時の新作「ナイロン・カーテン」もすぐに購入して感動しながら聴いたものでした!
「ナイロン・カーテン」は僕が初めてお小遣いで買ったレコードです。
もう、嬉しくてワクワクしながら毎日聴いていましたよ!
そして、お小遣いが溜まり、「
今度はどのLP買おうかな?」と思いまして、
「そうだ!さよならハリウッドが入ってるアルバムにしよう!」ということで、
ショップに出掛けて探していると「ニューヨーク物語」の1曲目に収録されているのを発見!
即購入ですよ!! もう早く聴きたくて家に着くまでウズウズしていました。
ようやく到着してワクワクしながらM-1「さよならハリウッド」を聴いた!

「あれ? シングルと違うぞ・・・。


S君から借りたのはライブ・バージョンのシングル盤だったんですよ。
こっちはスタジオ録音バージョンでして、何か地味に感じてしまいました・・・。
ビリーのライブ盤「ソングス・イン・ジ・アティック」に収録されていたんですね。
こちらのアルバムを
先に見つけていれば良かったのですが・・・。
借りたシングルのB面は「夏、ハイランドフォールズにて」が収録されていまして、
本作では2曲目に収録されていて、こちらも地味に感じてしまい、
がっかりしたのを今でも鮮明に覚えています・・・。

そんな思いもあったせいか、しばらく本作は当時あまり聴きませんでした・・・。
後に大好きなアルバムになるのですがね。

それからは、お小遣いはほとんどビリー・ジョエルのレコード代となっていった!
それと同時に他の洋楽アーティストにも興味を膨らませていくことになる。

歳月が経ち、
今では「ニューヨーク52番街」に次いで好きな作品になっている!
ライブでもよく演奏された曲が多数収録された名曲揃いのアルバムである!!
2006年のナゴヤドームでのライブを観に行ったのですが、
1曲目から「ニューヨーク物語」の6曲目に収録されていて大好きな曲である
「プレリュード/怒れる若者」を演奏してくれて、いきなり失神しそうになりましたよ(笑)



テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

18:26  |  BILLY JOEL  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.05 (Thu)

辰年ということで・・・、エイジア「詠時感~時へのロマン~」

ちょっと遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。昨年より良い年になるとイイですね!
お正月はどのように過ごされましたか?
私は夫婦お互いの両親に挨拶がてら宿泊させてもらい、
食べて、飲んでとのんびり過ごすことができたお陰で、
なんと、4日間で体重2kg増になってしまいました・・・。
といっても、私は今のところメタボ体型ではなく痩せている方なので、
「ちょうどいいんじゃない!」と嫁さんの言葉にホッとしている次第でございます(笑)

ということで、「新年一発目の記事はどの作品にしようか?」と考えまして、
思い浮かんだアルバムがコレなんですよ!
 
エイジア 「詠時感~時へのロマン~」


1982年発表のデビュー・アルバムです!
デビューといってもメンバー4人は、イエスEL&P キング・クリムゾンなどの
プログレッシブ・ロック・バンドの元メンバーの集合体でありまして、
このスーパー・バンドの登場はかなりの衝撃を与えたみたいでした!
気になるメンバーはジョン・ウェットン(Vo、B) スティーヴ・ハウ(G)
カール・パーマー(D) ジェフリー・ダウンズ(K)という錚々たるメンツである!


ところで、「なんで、辰年でエイジアのアルバムなの?」と思われた方は、
このアルバムのジャケットを見てくださいね!!
どうです!? 「ベタでしょ~!」 年明け早々にスミマセン・・・(苦笑)

僕がこの作品と出会ったのは中学2年の時でして、彼らの2nd「アルファ」を聴いて
衝撃を受けてしまい、「1stも聴きたいな~」ということで本作を購入したのが
「詠時感~時へのロマン~」との出会いでした!

壮大でスケールのある曲でありながらポップでキャッチー!!

M-1「ヒート・オブ・ザ・モーメント」を数秒聴いて興奮したのを覚えています。
ずっとワクワクしながら聴いて感動していましたよ!
1stシングル曲で大ヒットしたカッコイイ曲ですね!!



M-2「時へのロマン」は洋楽に興味を持ち出した中学1年生の時に、
FMで放送されていた「ポップス・ベスト・テン」を録音したテープに入っていて、
その当時から気になっていた曲で、「これ、エイジアの曲だったのか!」と
発見できて嬉しかったですね!これも、カッコイイ曲です!




興奮しながらどんどん曲を聴き進めていき、最終曲のエンディングを迎えた時は
感動しちゃいまして、友人に「エイジアの1stサイコーだぞ!聴きに来るか?」
と、電話で報告して家に来てもらい一緒に聴いてました!
その友人には、プログレ好きの兄がいまして、その影響で上記のイエスなどを
聴いていた奴でしたが、私同様に「スゲ~」と感動していました!
「アルファよりカッコイイんじゃないか!!」
その時聴いた中学2年生二人の坊主の当時の感想である!

プロフェッショナルな4人から放たれる壮大な音に包まれて、
心地良い興奮を味わうことができるアルバムです!
チャートでも上位に食い込み大ヒットしました!!

エイジアの1st、2ndを聴くと中学生だった当時のことをよく思い出す。
当時の自分の部屋、先ほど登場したの友人、教室などなど。
楽しく音楽談義をした場所や風景が鮮明に思い出されてくる。

音楽って、イイですね~!

今年も新旧、ジャンルを問わず大好きな音楽を聴いて、
楽しい時間を過ごしていきたいと思います!



テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

15:16  |  ASIA  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |