2012年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.18 (Sat)

熱いぜ! オールマン・ブラザーズ・バンド「フィルモア・イースト・ライヴ」

ここ愛知県は昨日から、また寒気が襲来してきて今朝はうっすらと白くなっていた。
今日も半日仕事をしてきたのだが風が冷たくて動いていないと凍えてしまう寒さであった。
こんな時はホットな演奏が聞ける音源を聴いて熱くなりたいものである!

そこでオールマン・ブラザーズ・バンド「フィルモア・イースト・ライヴ」の登場である!


1971年に発表された彼らの熱い演奏が聞ける大傑作ライヴ・アルバムである!

この作品と出会ったのは高校2年生の時でありまして、ブルース好きの親友から
「コイツら凄いぞ!聴いてみろ!熱いぜ~!」
と興奮気味に紹介してくれて、ダビングしたカセットを僕に手渡してくれた。
帰宅してから聴いてみたのだが、当時は主にハード・ロックを聴いていたので、
このようなブルージーなサウンドはちょっと渋く感じてしまいまして、
「う~ん・・・」と、あまり良い印象を受けなかったですね。
だが、20代の半ばぐらいになると聴きまくるようになり、現在も大好きな作品となる!

我が家の家宝的なアルバムである!

とにかくよく聴いて興奮させてもらってます! いや~、最高ですね!!
 ブルースをベースとしたスケールの大きなロック・サウンドが聴ける!
また、メンバーの演奏が上手くて熱い!これは、たまりませんよ、ほんとに!!
20分近い長時間の曲が2曲収録されているのだが、全く飽きさせません!
飽きるどころか、演奏に引き込まれ興奮している次第である。

アルバムに収録された 全曲どれも素晴らしくて大好きなのだが、
デュアン・オールマン&ディッキー・べッツのツイン・ギターが素晴らしく
ジャズ・テイストも取り入れた名曲であることは間違いない作品である
M-6「エリザベス・リードの追憶」は何回聴いても興奮させられる!



メンバーの演奏力もかなりのものですね!圧倒されてしまいます!

グレッグ・オールマンの渋いボーカル&キーボード・プレイはカッコイイし、
ツイン・ドラム&ベースが繰り出す躍動感たっぷりのリズムは気持ちイイです!

まさに、親友が僕にカセットを渡す時に言ったセリフである
「コイツら、凄いぞ!聴いてみろ!熱いぜ~!」
がピッタリのサウンドが聴ける超傑作アルバムである! 
ハマると抜け出すのが不可能な強力なライヴ・アルバムですよ、これは!!
 

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

17:48  |  THE ALLMAN BROTHERS BAND  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.12 (Sun)

豪快なサザン・ロックが気持ちイイ! プライド&グローリー

先々週から大雪が降ったり、インフルエンザでダウン者続出ということで、
仕事がめちゃめちゃ忙しくて私自身もダウン寸前フラフラ状態であったが、
なんとか乗り切ることができて、のんびりと休日を過ごしている。

フラフラ状態の時に、「なんとか気持ちを奮い立たせねばいけないぞ!」
と思いながらロックをガンガン聴いていたのだが、その中で
「コイツらのサウンドはパワーもらえるぜ!」と思えたのがコレ!

プライド&グローリー 「プライド&グローリー」である!!



1994年に発表された彼らのデビュー作品であります。

オジー・オズボーンのバンドでの3代目ギタリストであったザック・ワイルド
「サザン・ロックを演奏したい」ということで始めた男臭いナイスなバンドである!
ザック・ワイルド(G・Vo) 
ブライアン・ティッシー(Dr)
ジェイムズ・ロメンゾ(B)
なかなか豪華なメンツが揃ったトリオ・バンドである!

発売された当時、僕は25才でした。オジー・オズボーンはよく聴いていたし、
レーナード・スキナードなどのサザン・ロックも大好きでよく聴いていた!
そこで、ザック・ワイルドがサザン・ロック・バンドを結成するというニュースを
音楽雑誌で知った時は嬉しくて興奮していたのを思い出します。
この作品は前回の記事のニルヴァーナと同様にロック好きの友人達の
話題のネタに欠かせないアルバムになっていました。
僕自身は「これは良いぜ!サイコー!!」と思ったのだが、
「ちょっと渋すぎる」とか「おとなしい」という感想を持つ奴もいた。
「ザックにはギターを豪快に、そしてラウドに弾きまくってほしい」
というのが僕の友人達の大半の思いでしたね~。

ザック・ワイルドの聴き手を圧倒する豪快なギターに渋いボーカル、
ブライアン・ティッシーの地鳴りのような迫力あるドラム、
ジェイムズ・ロメンゾのツボを押さえたベースで見事なロックを聴かせてくれている!
 サザン・ロックとメタルが絶妙に融合された傑作アルバムだと思います!!
聴いていて実に気持ち良くて爽快な気分にさせてくれるサウンドである!
強力な栄養ドリンクのようなエネルギーに満ちたアルバムではなかろうか!





テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

14:55  |  PRIDE&GLORY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。