2012年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.04.22 (Sun)

夢の共演! CBA 「CBA LIVE」

来月にCharのライブが控えているということもあり、
最近はChar関連の作品を聴くことが多くなっている!
その中で久しぶりに聴いて「へ~、今なら聴けるな~!」
繰り返し聴いていたアルバムがコレ!

CBA 「CBA LIVE」

Char(G・Vo)
ティム・ボガート(B・Vo)
カーマイン・アピス(Dr・Vo)

1999年に行われた国内8公演のライブ・ツアー各地でのテイクを収録したライブ盤です!
(2000年2月リリース)

アラフォー世代より上のロック・ファンの方ならメンバーを見てニンマリですね(笑)
ヴァニラ・ファッジカクタスに在籍し後にジェフ・べックと組んだ伝説的バンドである
BBA でもコンビを組んだ
鉄壁&強力なリズム・セクションの2 人、
ティム・ボガートカーマイン・アピス日本屈指のギタリストCharが挑んだ
これまた強力なスーパー・トリオの誕生であった!!

しかし、この名古屋公演を観に行ってるのですが、あまり良い印象が残っていない・・・。
名古屋公演より前に行われたライブではリハーサル不足だったのか、
演奏がチグハグな面もあったようで、関西の公演を観た友人から
Char、なんか荒れてたぜ!途中、演奏やめて出て行っちゃったから・・・」
との話を聞いていたので名古屋ではそのような事がないように願いながら会場へ。
ヴァニラ・ファッジカクタス、BBAからの曲はもちろんのこと、
ピンク・クラウドなどのChar関連の曲も演奏してくれてライブを楽しんでいた!
ティム・ボガートのベースの音量がバカでかくて、ちょっとうるさく感じたが・・・。
途中、スペシャル・ゲストとして出演したカルメン・マキが数曲歌った!
重量級リズム隊によるCharの楽曲には多少違和感を覚えたがそれなりに楽しめた!
しかし、アンコールでステージに現れたCharがあるお客さんに怒鳴りだした・・・。
何か気に触るようなことを言われたんだと思うが、ちょっと興醒めしてしまった・・・。
演奏面でもかなりフラストレーションが溜まってたんでしょうね・・・。
その後も数曲演奏したが、楽しむことはできなかったですね・・・。
終了後、一緒に行った友人と食事しながら「なんか気分悪かったよな」と語り合い、
帰りの車中でもなんだか重苦しい気分で家路へ向かっていました。

そのような事があったので「CBA LIVE」はとりあえず購入はしたのだが、
あまり聴くことはなかった。思い出しちゃいますからね~。
だが、昨日久しぶりに聴くと、これがなかなか良くて楽しく聴けた!
あの時から年月も経ち心の傷も癒えたのかな(笑)
まぁ、あれ以降もCharのライブには行っていて楽しんでますからね!



前回の記事がCABで、今回の記事はCBA (笑) 同じくスーパー・トリオ!



テーマ : ロック ジャンル : 音楽

13:53  |  CBA  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.14 (Sat)

超絶技巧炸裂!CAB

ようやく春らしい陽気になり外出するにも気持ち良い気候になってきた!
先週末に近所の公園に家族で出向いて満開の桜を見て楽しんできた。
僕の趣味の一つであるドライブするのにも最適な季節の到来でワクワクしている。
大好きな音楽を聴きながらのドライブは心地良く、気分転換にも最適である。
行き先や天候、景色や時刻などで聴きたい音楽を決める僕としては
「どの音楽を聴こうかな?」と考えるのも僕には楽しい時間である(笑)

明日もドライブに出掛ける予定があり、今からワクワクしている。
そこで、明日のドライブに是非聴きたいと思っているCDがこれ!

CAB 「CAB」


トニー・マカパイン(G・Key)
バニー・ブルネル(B)
デニス・チェンバース(Ds)
錚々たるメンツによるハード・フュージョン・ユニットによる1stアルバムです!
(2000年リリース)

まぁ、これが3人の超絶技巧が堪能できる爽快な作品でありまして、
聴いていて、
あまりの演奏の巧さにぶっ飛んでしまいます!
ハード・ロックをベースとしながら、JAZZ、 POPS などをブレンドしたサウンドで
3人のテクニカル・プレイの応酬が楽曲に彩り&緊張感を与えてる!

メンバーを見て、リリースされた当時に購入して聴いたが、
3人の超絶技巧にKOされてしまいました!
どちらかと言うとメタル・ギタリストとして知られているトニー・マカパインは、
この作品ではフュージョン寄りのテクニカル&伸びやか
なギターを弾き、
キーボード・プレイもギター同様に素晴らしい腕前を披露している!
ベースのバニー・ブルネルはこの作品で初めて知ったのだが、
ブリブリのフレットレス・ベースを聴いて興奮しました!衝撃的でしたね!
彼が1979年にリリースした「タッチ」を後に購入して、また興奮していた(笑)
そして、ドラムのデニス・チェンバースは説明不要ですよね(笑)
ここでも手数の多い超絶的な素晴らしいドラムを叩いている!



毎年この時期になるとドライブ中に聴くアルバムであるが、
毎度のようにアクセルを踏み込んでしまう危険?なサウンドである!
明日もスピードの出し過ぎに注意しながら聴きたいと思います。(笑)



テーマ : FUSION ジャンル : 音楽

17:56  |  CAB  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.07 (Sat)

CHAR 「THRILL」を久しぶりに聴いた!

ここ愛知県も桜が見頃になり、花見シーズンの到来である!
今日、明日が見頃ということで、我が家は明日に花見に出かける予定だ。
それにしても、今年はなかなか暖かくならないなぁ~。

昨夜の仕事帰りに空を見上げると綺麗な月を拝むことができた!
心身ともに疲れていた僕に、癒し&活力を与えてくれた月でしたよ!
そして、帰宅して就寝前に月を見ていた時に頭の中で流れていた曲である
「WONDERING AGAIN」が収録されているCHAR アルバム
CHAR 「THRILL」を久しぶりに聴いてみることにした!



1978年にリリースされた彼の3rdアルバムであります!
 
僕が勝手にギター&生き様の師と仰いでいるCHARがアイドル?時代にリリースした
作品なのだが、かなりハイクォリティーな仕上がりになっているアルバムです!

僕が小学3年生の時に、テレビで「ザ・ベストテン」を見ていると、
ギターを弾きながら「闘牛士」を歌っているCHARを見たのが出会いである。
気に入ってたようで登校時に友達と一緒に「闘牛士」を口ずさんでいた記憶が残っている。



だが、それ以降すっかり忘れていた存在になっていたのだが、中学生の時に聴いていた
ザ・グッバイ野村義男が「CHARから影響を受けた!」と言っていたので、
僕の中でCHARの存在がだんだんと気になりだすことになる。
そして、「闘牛士」が収録されたアルバム「THRILL」をレンタルしてきて聴いた!

いきなり英語で歌われる軽快な曲からスタートしてビックリしたものだが、
2分ぐらい聴いて「かっこえ~な~」と喜んでいたのを覚えている。
センス抜群のギター・ソロにキレのいいカッティングにしびれたものでした!
 コピーしたくなるフレーズが満載されていて、ギターが弾きたくなってくる!
スティーリー・ダンTOTOの様なオシャレなロック・サウンドが聴いていて気持ちイイ!



それから間もなく1st「Char」を入手して、「SMOKY」を聴いてぶっ飛ぶことになる!!
それからは狂ったように凄い勢いでCHAR関連の作品は集めましたよ(笑)
そして、現在まで影響を受けまくるアーティストとして君臨しているCHARなのである。

昨夜、ほんと久しぶりにギター抱えて「THRILL」を聴いてみたのだが、良い!(笑)
「闘牛士」は一緒にギター弾きながら歌えて
気持ち良かったしね!
「WONDERING AGAIN」も夜に聴くとロマンチックな気分に浸れるバラードですし。



楽しめて聴けたお蔭で仕事の疲れも取れて今日は絶好調!!
これからの時期のドライブのお供にも最適なアルバムだと思いますよ!




テーマ : ロック ジャンル : 音楽

18:31  |  CHAR  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |