2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.27 (Sun)

CHAR 2012 LIVE を観てきました!

一昨日、名古屋クラブダイアモンドホールで「CHAR 2012 LIVE」を観てきました!
今回はトリオ編成でのライブということで気になるメンバーなんですが、
CHAR (G・Vo) 沢田浩史(B) 古田たかし(Dr) という布陣である!

トリオということで僕はどうしてもジョニー・ルイス&チャーピンク・クラウドの楽曲を
演奏してくれるのを期待してしまう。大好きなんですよ!
「ピンク・クラウドの曲、多めに演って欲しいな」と希望を持ちながら友人と会場へ。
客層はやはり!?年配の方が多く見られた。CHARも50代後半になろうとしてるからね(笑)
「久しぶりにDrive Me Nutsが聴きたいぜ!演ってくれないかなぁ。」
と友人と聴きたい曲を言い合いながら開演を待つ。客もいつの間にか埋まっていた!
客電が落ち、いよいよライブのスタートである!3人が登場して演奏が始まった!!
なんと! 1曲目は「Drive Me Nuts」ではないか!!

もう、いきなり僕はハジケてしまいましたよ(笑)感動でした。
重く骨太なハード・ロックがめちゃくちゃかっこいい!
3人のコンビネーションもバッチリである。素晴らしい!
以降もジョニー・ルイス&チャー、ピンク・クラウド、サイケデリックスの楽曲を
次々とプレイしていく。「懐かしい~」と友人はニコニコしながらノッている!
中盤にさしかかる頃に演奏されたバラード曲「Cry Like A Baby」での
ワウを絡めた泣きまくるギター・ソロには思わず涙が・・・。震えました!

CHARも調子が良さそうで神業的なギター・プレイをビシバシとキメてくれていた!
先月リリースされた
2枚組ライブ盤 Char 「ZIG ZAG ZONE」と同じような構成で
進むのかと思っていたが、良い意味で裏切られた内容であった!

途中、アコースティック・コーナーもなく、エレクトリックでガンガン突っ走る。 
Finger」「HEAD SONG」「DOUBT」「YOU KEEP SNOWIN'」 などの 
ジョニー・ルイス&チャー時代の名曲も演ってくれて凄く嬉しかった!
3人から放たれるロック・サウンドがなんとも気持ちよく夢見心地であった。
後半にはジミ・ヘンドリックス~ジェフ・べック~べック・ボガート&アピスのカヴァーを
メドレーで見事なアレンジでキメてくれて、本編最後は「からまわり」である!
CHAR&沢田のユニゾンもバッチリとキメテくれて感動でしたよ!!

アンコールで演奏された「Natural Vibration」では、
途中、トリル&アーミングを
絡めたワイルドなギター・ソロを終えたぐらいに
弦が切れてしまったようだが、ギターをムスタングに代えて難なく演奏を続け、
超名曲「SMOKY」へ。もう何度も観ているが、いつも感動で震えてしまう!
途中、メンバー紹介がてらソロを見せてくれたが、今回初めて観る
古田たかしのドラム・ソロは短いながらもタイトでパワフルな叩きっぷりに
友人と共に「サイコー!」と賛辞を贈った。
見た目は普通のオジサンて感じなんですけどね(古田さん、すみません)
「SMOKY」を終えてメンバーも前に出てきて挨拶をして終えようとしたが!?
僕たち客のアンコールを求める拍手&声援に応えてくれて、
ローリング・ストーンズ「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を骨太ロックに
アレンジした演奏を聴かせてくれてライブは終了!
ほとんどMCを入れずに突っ走った2時間弱の素晴らしいライブだった!
CHARのソロ曲は3曲、カヴァーは先程記した他に斬新なアレンジが
かっこよかったビートルズ「カム・トゥゲザー」のみであり、
後はジョニー・ルイス&チャー、ピンク・クラウド、サイケデリックスの楽曲が
ほとんどであり、僕自身は凄く楽しめてハジケたライブでした!


心地良い疲れ&耳鳴りと共に上機嫌で家路へと向かった。


スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント ジャンル : 音楽

16:53  |  CHAR  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.20 (Sun)

世界制覇を果たした名盤! ボン・ジョヴィ「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」

G.W明けから仕事が忙しく、ゆっくりと音楽を聴いたりパソコンをさわることすら
できない状態でしたが、昨夜からようやくミュージック・タイムがとれた!
何故だかボン・ジョヴィが聴きたくなり、どのアルバムを聴こうか迷ったが、
彼らの世界制覇アルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」を聴いてみた。
 
1986年にリリースされた3rdアルバムで世界で売れまくった名盤である!

僕がボン・ジョヴィを知ったのは中学3年生の時で、ラジオから流れてきたデビュー曲
「夜明けのランナウェイ」を聴き、キャッチーなメロディー&適度にハードなサウンドに
一発で心を奪われてしまい、すぐさま彼らのファンになったものでした!
アルバム(当時はまだレコード)を購入して聴きまくると同時に彼らの記事が載っている
雑誌なども買い漁るぐらいに熱を入れていたバンドでありました。
高校1年生の時には2nd「7800ファーレンハイト」が発売されて、これも即購入!
確かムック本も発売されてこちらも購入しましたね(笑)
コンサートにも行き、初めての海外ロック・バンドのライブということで大興奮!

そして、高校2年生の時に「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」が発売された。
友人とレコード店に予約を入れていたのだが発売日当日、何か用事ができてしまい
購入することができず、先に友人にアルバムを聴かれることになってしまう。
その友人から電話が入り「今度のは凄いぞ!」と興奮気味に話してきた。
一日遅れで僕も購入してワクワクしながらプレイ・ボタン押しましたよ!
いきなり重厚なキーボード・ソロに続き、ハードなロックン・ロール・ソング
M-2「レット・イット・ロック」なだれ込んで来た時には、もう興奮MAX状態!
リッチー・サンボラのギター・ソロもワイルドでテクニカルである!
「おぉ、凄いぜ!めちゃくちゃカッコイイじゃん!!」
そして、ロック・ファンなら誰もが知っているであろう超有名曲である
M-3「禁じられた愛」 M-4「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」が続く!





大ヒットしましたよね!この2曲はクラスメイト全員が知ってたんじゃないかなぁ。
M-6「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」はアルバムの中で一番好きな曲です!
アコースティック・ギターを導入した渋くてかっこいいロック・ナンバーだ!



その他も良い曲ばかりで捨て曲なしの凄いロック・アルバムになっている!
キャッチーなメロディーはポップス・ファンにも受け入られて、
ハードなギター・リフにテクニカル&メロディアスなソロはロック・ファンを唸らせる。
まさに名盤と呼ぶにふさわしいアルバムではなかろうか!

昨夜、久しぶりに(何年振りかな?)「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」を聴いたのだが
思ってた以上に楽しく聴くことができた!ギターで「禁じられた愛」を弾いてたしね(笑)
また他の初期作品を聴いてみようかな。そして当時の事を思い出しながら・・・。






テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

15:26  |  BON JOVI  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.06 (Sun)

まさに80'sロックの最高傑作!ジャーニー「エスケイプ」

今日でG.Wも終わり明日から仕事開始だ!
今日は、音楽を聴きながらのんびり過ごしている。
連休に入るまでは予定はほとんど入れてなかったのだが、
友人と会ったり、お互いの両親や僕の妹家族に会ったりで、
今日までのんびりすることができなかった・・・。
そこで、今日は音楽三昧の日にあてたのであります!

普段は邦楽しか聴かない高校2年生になる甥っ子が驚いた事に、
ジャーニー「ドント・ストップ・ビリーヴィン」を聴いているではないか!
「珍しいの聴いてるな!俺も中学生の時から大好きでよく聴くぞ!」
と、甥っ子に少し誇らしげに言うと、ビックリした様子で、
「えっ、そんなに古い曲なの!?  この曲、グリーで流れてた!」
との返事が返ってきたではないか!
「はぁ?携帯ゲームのBGMに使われてるのか?」と尋ねると、
「違う。ドラマだよ、外国の!」と甥っ子が(知らないの?)て顔で返してきた。
そうなんですよ!海外ドラマ「グリー」で頻繁に流れてるんですね!
知らなかった~。 皆さん知ってましたか?

そこで、ジャーニー「エスケイプ」である!

 
1981年にリリースされて世界的に大ヒットした傑作アルバムである!
メロディアス・ハード・ロックの礎を築いた作品と言っても過言ではないだろう。
洗練された楽曲、メンバーの優れた演奏能力、そして、あの声。
アメリカン・ロックの王道を行くサウンドがなんとも心地良い!
 本作からオリジナル・メンバーであったグレッグ・ローリー(key)から、
元ベイビーズジョナサン・ケインに交代しているが、これが功を奏したようだ!
彼のコンポーザー&アレンジャー能力がバンドに見事にフィット!!
アメリカン・ロックの洗練されたサウンドを確立させる事に成功させている。
ハード・ロックからメロウなバラードとバランス良く収録された名盤であります。
サウンドはもちろんだが、楽曲が大変素晴らしい!

僕も中学生の時にこのアルバムを入手して今でも聴く大ファンの一人である。
 そして、ギタリストのニール・ショーンは僕にロック・ギターのカッコよさを
最初に教えてくれたスーパー・ギタリストでもある!
 ハード&メロディアス、かつテクニカルなギター・プレイの虜になりましたよ!

「ドント・ストップ・ビリーヴィン」はもちろんのこと、大ヒット・バラードである
「オープン・アームズ」 「クライング・ ナウが収録されている!







やはり何度聴いても良い!まさに最高傑作!



テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

15:37  |  JOURNEY  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.02 (Wed)

名曲揃い! THE HISTORY OF SHOGO HAMADA "SINCE 1975"

G.Wです!僕は9連休いただきました!!別に大した予定ないけど・・・。
先日、G.W恒例の換気扇掃除に励んでいた。
その時のBGMに選んだのが懐かしい名曲が収録されたベスト盤である
浜田省吾「THE HISTORY OF SHOGO HAMADA "SINCE 1975"」
 
その名の通り浜田省吾の初期~の名曲を収録した傑作ベスト盤である!
(2000年リリース)
元気な疾走曲から切ないバラードまでバランス良く名曲が収録されている。
浜田省吾の入門的なアルバムとしても最適な作品だと思います。

僕が高校生の頃、周りの野郎どもは尾崎豊浜田省吾を聴いてる奴が多かった。
僕も熱心ではなかったが聴いていた一人であったのですがね(笑)
本作の8曲目に収録されているシャウト&ギター全開の疾走曲である
「MONEY」を高校1年生の時に聴いて衝撃を受けて彼の作品を聴きだした。
今でもカラオケに行けば歌ってしまう大好きな曲ですね!



あと、M-2「路地裏の少年」 M-10「J.BOY」も歌ってしまう外せない好きな曲です。
20才ぐらいの頃、当時の職場の宴会の席で、切ない名バラード曲である
M-3「片想い」を歌い、先輩達に「しんみりしちゃうがや~」とやじられた思い出など、
ここに収録された名曲を聴くと懐かしい思い出がよみがえってくる。



僕を通り過ぎて行った女の子との淡い思い出もよみがえってきてしまう(笑

若い頃のデート中は浜省のアルバムは外せないアイテムでしたからね~。
今では聴いても、しんみりすることもなく単純に「良い曲だな!」と聴けますがね。

そこで、このアルバムをBGMに歌いながら換気扇掃除に励んでいると、
浜省いいね!」と嫁さんも気に入ったようで何回もリピートして聴いていた!
そういえば、嫁さんとのデート時は浜省聴いてなかったな~(笑)
嫁さん、あまり浜田省吾聴いたことがなかったようで、このアルバムを聴いて
お気に入りの
アーティストになったようである(ヤッター)



テーマ : 邦楽 ジャンル : 音楽

16:47  |  浜田省吾  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。