2012年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.09.29 (Sat)

グレイト! 矢沢永吉「HEART」

今朝、愛犬2匹の散歩中に近所の小学校の前を通ると、
運動会の会場設営がされていて、「今日は運動会か!」と知った!
体操服姿で登校する小学生達に「頑張れよ!」と声をかけながらの散歩。
我が家の愛犬2匹(コーギー&M・ダックスフンド)は近所の小学生には、
結構人気がありまして、僕より愛犬に「頑張ってくるね!」と頭を撫でて、
元気よく登校して行った!楽しくて思い出に残る運動会になったかな?
猛烈な台風が接近中ということもあり注意が必要であります。

運動会の思い出とかとは全く関係無いのだが、今週よく聴いたCDがコレです!

矢沢永吉「HEART」



1993年リリースのアルバムでございます!
 
この作品がリリースされた頃、テレビにほとんど姿を見せることが無かった
永ちゃんが、缶コーヒーのCMに出演してビックリしたものでした!
M-6「心花よ」をBGMにして「まいったなぁ・・・」なんて言ってましたね。
僕も、缶コーヒー(BOSS)を飲みながら「まいったなぁ・・・」と苦い顔をしながら
友人達とよく真似してました。(アホですね~) 影響受けやすいもんで・・・。



そして、嫁さんと出会った時期がこのアルバムがリリースされた頃でして・・・。
ドライブ・デート中に、「HEART」はよく聴いていました!
当時、嫁さんは矢沢永吉という名前だけは知っていたが、楽曲はほとんど知らなくて、
「心花よ」(ときめきよ と読みます)を聴いた時は、「この歌、知ってる!」と、
食いついてきた!CMの力恐るべし!まぁ、楽曲が良いからね!!
それから、お互いにいろいろとありましたが10年後に結婚しました!!
「HEART」を聴くと、今でも当時の事を鮮明に思い出しますね。

このアルバム、ミディアム、スローな曲が多くて地味な印象を受けるが、
僕は、ちゃんのアルバムの中では、かなり好きな作品です!
落ち着いた大人のロック・サウンドを存分に味わうことができます。
M-5 「東京」は心に染み込んでくる大好きな曲です!








テーマ : ロック ジャンル : 音楽

17:37  |  矢沢永吉  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.23 (Sun)

アイドル狂時代もありました。菊池桃子「ADVENTURE」

9月も終盤になり昨日ぐらいから、ここ名古屋市近郊も秋らしい気候になってきた。
昨日は一日、エアコン・扇風機を使用せずに過ごすことができた!
過ごしやすくて音楽鑑賞には、もってこいの季節の到来で嬉しいです。

先日、学生時代からの友人と会う機会に恵まれて、近況報告や
音楽の話、懐かしい学生時代の話で盛り上がりました!
その中で、アイドルに狂っていた時の話で特に盛り上がった(笑)
こんな僕でも、中学3年生~高校3年生ぐらいまでアイドルにも興味を持っていた。
ロック&ポップスと並行しながらアイドルにも狂っていたのだ(笑)
岡田有希子(故人)に始まり、菊池桃子 西村知美 斎藤由貴という
順番で4人の女性アイドルにハマっていましたよ。なんだか恥ずかしい・・・。
特に菊池桃子にはゾッコンLOVE状態でしたよ(笑)
確か高校2年生の頃だったかな?テレビで菊池桃子主演映画である
「テラ戦士BOY」をなんとなく見てしまい、彼女のあまりの可愛さに惚れてしまった。
それからというもの、菊池桃子が掲載されている雑誌などを買い漁るようになる。
特に「MOMOKO」という雑誌は毎月買っては彼女の記事を食い入るように見ていた。
この雑誌には、デビュー前の酒井法子西村知美も大々的に取り上げられていて、
後に、アイドル・デビューして大活躍していましたね!懐かしいです。
僕の部屋の壁は一時期、菊池桃子西村知美のポスターやカレンダーで
埋め尽くされていて、「どうしちゃったんだ!」と両親と妹がビックリしていました( 笑)
イベントで生の菊池桃子を近くで見た時はドキドキしましたよ。可愛いかったなぁ。

そんな思い出にふけりながら、菊池桃子「ADVENTURE」を久しぶりに聴いた!

 

1986年リリースの3rdアルバムです!
林哲司が作曲・アレンジしていることもあり、曲、サウンドはグッドですよ!
数あるアイドルのアルバムの中でも傑作だと思います!!

めちゃくちゃ久しぶりに聴いてみたが、聴けちゃいますね~(笑)
囁くような細いボーカルに合うアレンジの上手さが際立っています!
全曲、ほとんど歌えてしまう自分にもビックリしてしまいました(笑)
これからの時期に合うサウンドだという発見もあり、楽しめて聴けた!











テーマ : 懐かしい歌謡曲 ジャンル : 音楽

11:23  |  菊池桃子  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.01 (Sat)

HSAS(ヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ) 「炎の饗宴」

9月になりました!今年も残すところあと4ヶ月となりました・・・(笑)
毎日があっという間に過ぎてしまう今日この頃でございます。
学生さんはもうすぐ夏休みも終わってしまいますね。宿題は済ませたかな?
まだまだ残暑が厳しいですね。夏バテなどしてませんか?
僕はミュージック・パワーのお蔭でなんとか元気に日々過ごしております!

昨夜もFriday night恒例の飲みながら音楽鑑賞を楽しんでおりまして、
あまりのカッコよさに興奮して聴いたCDがありました!

HSAS(ヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ) 「炎の饗宴」

 
1984年にリリースされたアルバムです!
サミー・ヘイガー(Vo)
ニール・ショーン(G)
ケニー・
アーロンソン(B)
マイケル・シュリーヴ(Dr)
凄いメンツのスーパー・プロジェクトによるライブ録音アルバムである!
当時、モントローズを経てソロ・シンガーとしてアメリカでは確固たる地位を
確立していたサミー・ヘイガーと、アメリカン・ロックのスーパー・バンドに君臨していた
ジャーニーのギタリスト、ニール・ショーンが手を組み、元サンタナのドラマーである
マイケル・シュリーヴ、元デリンジャーのべーシスト、ケニー・アーロンソンを呼んで
結成されたスーパー・プロジェクト・バンドなのであります!凄いです!!
サミー・ヘイガーは、後にヴァン・ヘイレンに加入して大成功を収めていますね!
ここでのニール・ショーンのギター・プレイはジャーニーでの鬱憤を晴らすかのような
(僕自身はジャーニーでのギターも充分弾きまくっていると思っていたが・・・。)
ハードで、ぶちギレしたような凄まじいギターを弾きまくっている!驚きました!
サミー・ヘイガーのボーカルも、ニール・ショーンとの相性もバッチリで
素晴らしいボーカルを聴かせてくれている!ヴァン・ヘイレンの時より好きだなぁ!
ケニー・
アーロンソンマイケル・シュリーヴのリズム隊も頑張っていまして、
曲にダイナミズムを
与えて、素晴らしいグルーヴを生み出している!
豪快なアメリカン・ハード・ロックを堪能できる隠れた名盤ではないでしょうか! 
プロコル・ハルムの名曲「青い影」のカバーは絶品の仕上がりですよ!
 






当時、僕は中学3年生でして、ジャーニーはもちろんのことTOTOナイト・レンジャー
名作「1984」をリリースしたてのヴァン・ヘイレンといったギター・テクニシャンを 
擁するアメリカン・ロック・バンドを好んで聴いていた時期でした。
特に、ニール・ショーンはロック・ギターのカッコよさを最初に教えてくれた
今でも大好きなギタリストであり、影響もかなり受けました!
「炎の饗宴 THROUGH THE FIRE」はもちろん購入しましたよ!
当時はLPレコードでしたがね。良い時代 でしたよね!
ライブ時の写真が散りばめられた大きなポスターが封入されていまして、
部屋の壁に張って、眺めては喜んでいたものでした(笑) 懐かしいなぁ。
後に、CDでも発売されて、そちらも購入しました。レコードは行方不明なので・・・。
この作品でサミー・ヘイガーにも興味を持ち出し、この
後にリリースされた
大ヒット・アルバム「VOA」を購入して聴き込んでいましたよ!

「もう一度、このメンバーでの新作を出してもらえたらいいのになぁ。」
と思いながら聴いていた!これは聴く価値ありのお薦めアルバムです!




テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

16:17  |  HSAS  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |