2013年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.26 (Sun)

BURNING WATER 「バーニング・ウォーター」

初夏のような汗ばむ陽気が続いたが、空気がカラッとしていたので、
部屋で窓を開けていれば、とても過しやすくて心地良かった!
最近は大好きなブルース・ロックを聴くことが多かったのだが、
その中でも、特に聴きこんでいたアルバムがコレです!

BURNING WATER 「バーニング・ウォーター」
 

マイケル・ランドウ(G)
テッド・ランドウ(B)
デイヴィッド・フレンジー(Vo)
カルロス・ヴェガ(Ds)

1993年にリリースされた彼らの1stアルバムである!
マイケル・ランドウカルロス・ヴェガ という売れっこセッション・ミュージシャンが、
中心となって結成されたバンドでありますが、サウンドを初めて聴いた時は驚いた!
上記の二人が中心ということで、勝手に洗練されたAORサウンドを想像していたが、
骨太で逞しいへヴィーなブルース・ロックに良い意味で裏切られた感じでした!
マイケル・ランドウジミ・ヘンドリックスばりのワイルドなギターに度肝を抜かれた!
シカゴ、浜田麻里、MALTAなど彼が参加しているアーティストの作品は結構持っていて、
そこで聴かれるのはフュージョン・ロック的な ギター・サウンド&フレーズでしたが、
本作で聴けるパワフルでワイルドなロック・ギターには正直ビックリでした!
バンドのアンサンブルも文句なしでズッシリと
安定感のあるロックを聞かせてくれる!
リリースされて間もない頃に本作を購入して、しばらくはこればかり聴いてました!
ギター・サウンドがめちゃくちゃ良くて、当時、ストラト&マーシャルを持っていた友人に
「この音を出そうぜ!」という無茶なことを真剣にトライしていたのを思い出します(笑)
マルチ・エフェクターも駆使して挑みましたが・・・。奴に会いたくなってきた(笑)
ブルース・ロックが好きな方なら大いに楽しめるお薦めのアルバムですね!
セールスの方は芳しくなくて、すぐに廃盤になってしまいましたが・・・。
続く2ndアルバムも最高でして、こちらもいつか記事にしたいと思います。 
 
M-1「BURNING WATER」ライヴ・バージョン!


M-2「DREAM OUT,DREAM IN」こちらもライヴ・バージョンです!




スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

18:43  |  BURNING WATER  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.19 (Sun)

人間椅子 「桜の森の満開の下」

先週は、爽やかな天気が続いて心地良い日を過ごすことができた!
聴いてた音楽は、天気とは逆の少しドロドロとしたロックを聴いていた(笑)
それまで、ライトで爽やかなロックをよく聴いていたので、その反動でしょうか(笑)
そこで、何枚か聴いた中で今回記事にしてみたいアルバムがコレなんですよ!

人間椅子「桜の森の満開の下」
 
1991年にリリースされた彼らの2ndアルバムでございます!

1990年代初頭に、「いかすバンド天国」通称「イカ天」というオーデション番組が
放送されており人気を博していた!僕も視聴者の一人で番組を楽しんでいました!
この番組からフライング・キッズたま、BEGIN、マルコシアス・バンプなどの
個性的なバンドがデビューしていき人気バンドの仲間入りを果たしていきました!
その中でも、僕の中でかなり印象に残り気に入ったバンドが人間椅子であった!
特にベースの鈴木研一のねずみ男ルックは強烈なインパクトを放っていた!
江戸川乱歩の世界観をモチーフにした独特な歌詞に、70年代ハード・ロック、
その中でもブラック・サバスに強く影響を受けていたであろうヘヴィーでダーク、
そして起伏に富んだメロディー、オドロオドロしいサウンドが僕の心を射止めた!

1stアルバムを購入して聴きこんだものでした!当時はイロモノ系も好きでした(笑)
聖飢魔Ⅱ筋肉少女帯などもガンガン聴いていた頃でした!すかんちも聴いてたなぁ。
今回の2ndも、もちろん購入してサウンドが飛躍的に向上していたのに驚きました!
曲の方も幅が広がり、ポップな面も出てきて1stよりかなり聴きやすくなっていました。
特にシングル曲にもなったM-5「夜叉ヶ池」の出来には感動してしまいました!
静かに始まり、中盤からの狂喜乱舞の世界に完全にヤラレてしまいましたよ!
 


アルバム全体の出来も非常に良くて今でも時々聴いては楽しんでいる。
前半はアイアン・メイデンのような疾走感ある曲で押し捲り、中盤の「夜叉ヶ池」から
後半にかけてブラック・サバスのようなオドロオドロしい曲で攻めてくるのである!
当時は、これがクセになりまして、何度も繰り返し聴いていたものでした!

久しぶりに聴いてみたが、やはり2周聴いてしまいました(笑)ほんと良いですよ!
時々聴くと、お化け屋敷のようなサウンドに快感を覚えてしまうんですよね(笑)







 


テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

16:37  |  人間椅子  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.11 (Sat)

NELSON 「AFTER THE RAIN」

今週は、ここ愛知県名古屋市近郊も昼間はグングンと気温が上がりまして、
夏日を記録した日も数日ありました!いよいよ夏の足音が聞こえてくる頃です!
その前にうっとおしい梅雨を挟みますが・・・。今年の夏も猛暑日が続くのでしょうか。

さぁ、今回の記事も前回のSTARSHIP同様に爽やかなアメリカン・ロックを
たっぷりと堪能できる素晴らしいアルバムを紹介したいと思います!

NELSON 「AFTER THE RAIN」
 

1960年代に活躍したリッキー・ネルソンの息子であるマシューガナーの双子の兄弟が
結成したバンドの1990年にリリースされた彼らのデビュー・アルバムでございます!
爽快なサウンドと素晴らしいメロディー、そして、二人の抜群のハーモニーが心地良く 、
アコースティック・ギターを取り入れて、爽やかなウエストコースト・ロック風でもある
ちょっぴりハードなアメリカン・ロックがぎっしりと詰まった極上のアルバムです!
バンドのメンバーもなかなか強力で超絶技巧で知られるギタリスト、ブレット・ガースド
ヴィニー・ヴィンセント・インヴェイジョンのドラマーであったボビー・ロック 
ベリンダ・カーライルらとのセッションで知られるキーボードのポール・マーコヴィッチ
持ち前の見事な演奏能力を活かして素晴らしいメロディーに華を添えています!
ルックスからアイドルのように見られて、ロック・ファンからは敬遠されてたようですが、
収録されたサウンドを聴くと彼らが本格的なロック・バンドというのが分かります。

このアルバムも僕には
ストライク・ゾーンのサウンド、メロディーが満載でして
本作を購入して20年以上経った今でも時々、ラックから引っ張り出して聴いている!
特に、春から夏にかけてのドライブ時には欠かすことのできないアルバムです。
海沿いを走るのにはもちろんピッタリの爽やかで気持ち良いサウンドなんですが、
夜の市街地を走る時にもなかなか良くて、何故かゴージャスな気分にもなれました(笑)
本作がリリースされた頃は、僕は20才そこそこの若者でして女性にも飢えてました(笑)
友人と飲み屋やディスコ(懐かしい)などで気になった女性に声を掛けたりしてましたよ!
運良く仲良くなって後日ドライブに誘えるまでになると本作を必ず忍ばせていました(笑)
まず、小物入れ辺りにCDケースをジャケットが見えるように無造作に置いておくんですよ!
女性はこの美形双子のルックスに目を奪われて興味を持ちます!「カッコいいね!」と。
当然、BGMは今回の記事アルバムであるネルソン「アフター・ザ・レイン」ですからね!
それから、この
アルバムの事について話していくうちに緊張も解れていくんですよ(笑)
会話も自然と盛り上がって、気分の方も同時に盛り上がり・・・(イヤラシイですね!)
当時は、この手のサウンドもまだ人気があり彼らの曲もラジオでよくかかってました!
ジーンズ・メーカーや焼酎(出演もしていた)のCMで彼らの曲が使用されてましたしね!

今週は出勤時と帰宅時の車の中で聴いていたのだが、元気と癒しを頂くことができた!
シングル曲になったM-1「ラヴ・アンド・アフェクション」 M-3「アフター・ザ・レイン」
なんかは力強いハード・ポップな曲で元気をもらい気分も高揚してくる大好きな曲です!
M-4「トレイシーズ・ソング/オンリー・タイム・ウィル・テル」は胸キュンなバラードで、
仕事を終えて帰宅中の車の中でホッとできる癒しソングでこちらも大好きな曲です!
他の曲も耳に残る美メロが満載で捨て曲はありません。凄いデビュー作です!
メロディ
アス・ロック、アメリカン・ロック・ファンの方に超お薦めのアルバムですよ!








テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

11:11  |  NELSON  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.05 (Sun)

STARSHIP 「KNEE DEEP IN THE HOOPLA」

先月の27日からの9連休でしたが今日で終わり。あっという間でした。
何かとバタバタ忙しい日々を送っていたので少々疲れ気味です。
そんな中でも昨日は嫁さんと愛犬2頭を連れて出掛けることができた!
車で1時間程の夏は海水浴客で賑わう人工の砂浜がある公園なのだが、
天気も良くて、海を見て愛犬と戯れることで気分転換することができました。
ドライブ中はもちろん僕がセレクトしたCDを聴いて楽しんでおりました!
その中で、天気同様に気持ち良いサウンドが聴けたアルバムがコレです!

スターシップ 「フープラ」


1985年にリリースされた80'sサウンドの代表的アルバムであります!
80年代に一世を風靡したエレクトロ二ック・ポップ的な風味をまぶした
親しみやすく軽快で元気ハツラツとしたポップ・ロックが収録されています。
80年代のTOTOJOURNEYにも通ずるようなサウンドでもありますね!
ミッキー・トーマス&グレース・スリック男女二人のボーカル・ハーモニーも
澄んだ空気みたいにとても気持ち良くて爽快な気分にさせてくれます!
なんといっても親しみやすいメロディーとサウンドを楽しめるアルバムなのだ!


僕が高校1年生の時にアルバムからの1stシングルで軽快で爽やかなロック・ナンバー、
M-1「シスコはロック・シティ」をラジオで聴いて一発でこの曲の虜になってしまった!
突き抜ける青空のような爽快なサウンドが、とても気持ち良くて気分も高揚してくる。
FMラジオからの音源をカセットにダビングして何度もノリノリで聴いてましたよ(笑)



続く2ndシングルである名バラードM-2「セーラ」も1stシングル同様気に入りまして、
同じくFMラジオからの音源をカセットにダビングしてシットリと聴いてました(笑)



そうなるとアルバムが欲しくなりまして、当時はまだCDプレーヤーを持っていなくて
LPレコードを購入して「フープラ」を何度も聴いて爽やかな気分になってましたね!
レコードだとプレーヤーへのセットやA面・B面を引っくり返すのが面倒でしたので
カセットにダビングして聴いてましたけどね(笑) 怒られちゃうかな・・・。
他の曲もなかなかのものでハードなロック・サウンドやエレクトロ・ポップ風などの
耳障りの良い楽曲がバランスよく収録されており「売れる」作りになっています。

昨日の晴天にピッタリの爽快サウンドのおかげで僕の気分も晴れやかになった!
憂鬱な気分もだいぶ取れましたので明日からの仕事頑張れそうです (笑)
 
M-3「トゥモロー・ダズント・マター・トゥナイト」こちらも良い曲です!



テーマ : 80年代洋楽 ジャンル : 音楽

10:50  |  STARSHIP  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。