2013年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.07.13 (Sat)

SHOGUN 「ROTATION」

今月8日から愛知県も例年より早い梅雨明けして喜んでいたのだが、
途端に35℃以上の猛暑日が昨日まで続き少々バテ気味です・・・。
ここ名古屋近郊も連日の37℃超えを記録しておりました。暑い!
今週は水分摂取量が格段に増えて、腹もタップンタップン状態です(笑)
さすがに疲れてしまいまして今日はゆっくりと過ごさせてもらってます。
今週も通勤・帰宅時に車の中でセレクトしたCDを聴いていたのだが、
久しぶりに聴いて改めてカッコイイと思えたアルバムがコレです!

SHOGUN 「ROTATION」
 
1979年にリリースされた彼らの2ndアルバムです!

僕が小学生の時に夕方4時から松田優作主演のドラマ「探偵物語」
放送されておりまして学校から帰ってからいつも楽しんで見ていました。
ドラマの内容も良かったのですが、オープニング&エンディングで流れる
テーマ曲が小学生ながらに「かっこいい曲だなぁ」と気に入っておりました!
その2曲が聴きたい為にオープニングからエンディングまで見てました(笑)
2曲とも英語の歌詞でしたが、よく友人とデタラメ英語で歌ってましたよ(笑)
中学生になってからも再放送(小学生時の時も再放送?)を見てまして、
ドラマの内容と共に「Bad City」「Lonely Man」の2曲を楽しんでました!
誰が歌っているのか気になっていたが、エンディングロールを見ていると
SHOGUNというバンドが歌っているということが分かりました
レコードが欲しいなと思っていた時に、嬉しいことに友人の兄がレコードを
持っているということが分かり、すぐにカセットにダビングしてもらいました!
全曲英語で歌われているので外人のバンドかとしばらく思ってましたが、
芳野藤丸(G・Vo)
大谷和夫(P)
ミッチー・長岡(B・Vo)
山木秀夫(Dr)
中島御(Per)
ケーシー・ランキン(G・Vo)
というほとんど日本人で編成されたバンドでしたのでビックリでした!
今思うと錚々たるメンバーですよね!TOTOみたいですね!
お洒落で大人の色気を感じさせるロック・サウンドが心地良いです!
自分が少し大人になったかな!?と勘違いさせてくれましたよ(笑)
後に1stもダビングしてもらいましたが、2ndの方が好きでした!(今でも)

オープニング・テーマ


エンディング・テーマ


しばらく忘れていたアルバムでしたが、久しぶりに本作を聴いてみても、
全然古臭く感じなくて今でもお洒落で大人の男の色気を感じさせる
ロック・サウンドを聴いてダンディーな気分に浸ってしまいました(笑)
僕にも男の色気が出るようになれば良いのですが・・・(笑) 


 






テーマ : Rock ジャンル : 音楽

17:27  |  SHOGUN  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.07 (Sun)

THE GOOD-BYE 「FIFTH DIMENSION」

先日、ラジオを聞いているとザ・グッバイのデビュー曲「気まぐれOne Way Boy」
流れてきて「おぉ、懐かしいね!」なんて思いながら聞き入っていた。嬉しかったです!
何故なら中学生から彼らの隠れファンでありまして。今では堂々と公言してますけど(笑)
だが、喜んでいたのもつかの間、曲が終わった後にDJが悲しい知らせを口にした・・・。
「7月2日、ザ・グッバイのベーシスト加賀八郎さんが多発性骨髄腫の為、死去されました」
ヨッちゃん(野村義男)のブログやハチ(加賀八郎)のブログなどでぱっつぁんが病気で、
透析を受けていることは知っていましたが、まさかの事態でショックを受けました(涙)
11月には結成30周年のライヴが控えていたので、残されたザ・グッバイのメンバーである
ヨッちゃん ヤッチン(曽我泰久) コーちゃん(衛藤浩一)も悔しいでしょうね(涙)
4人の中では一番地味で目立たない存在のぱっつぁんでしたが楽曲でのベース・サウンドは
かなり目立っており図太い低音でバンド・サウンドをしっかりと支えておりました!

そこで、金曜日から追悼の意を込めてザ・グッバイ
アルバムを数枚聴いていました。
初期の4枚はレコードでしか持っていなくて、5枚目以降のアルバムを聴いていたのだが、
「改めて良いバンドだったな!」と思い知らされました。「ファンで良かったな!」と。
ということで今回紹介するアルバムはファンの間で賛否両論であった問題作のコレです!

THE GOOD-BYE 「FIFTH DIMENSION」


1986年にリリースされたタイトルどおりの5thアルバムであります。
本作ではジャケットを見れば判ると思いますが、サイケデリックな雰囲気が
プンプンする意欲作であり、ビートルズでいえば「リボルバー」の位置にあたる
バンドの作品の中では異質ながらも最高傑作との呼び名も高いアルバムです!
 女性ファンやポップなサウンドを求めていた方には不評だったかもしれませんが、
洋楽のロックが好きな方には「いいね!」とニンマリする作品だったと思います。
グッバイ好きの友人も「FIFTH DIMENSIONが一番良いよな!」と以前会った時に、
懐かしい思い出話と共に飲みながら語っておりました。また会いたいなぁ。
僕もどのアルバムも好きなんですが、やはりFIFTH DIMENSION」が一番好きかな。
M-2「白夜のREVOLUTION」でのジミ・ヘンドリックスが憑依したのかと思わせる
ヨッちゃんのワイルドなギター・ソロには今でも聴いて鳥肌が立ってしまいます!
ジャニーズ出身
バンドということで敬遠されてしまう多くのロック・ファンの方も、
本作を聴いてみると「なるほどね!」と思わずニンマリしてしまうかもしれません。
これ程までにサイケデリック・ワールドを提示したアルバムはなかなか無いかも!

ぱっつぁん、苦しい闘病生活お疲れ様でした・・・。
辛くて大変だったと思いますので天国でしっかり休んで、
落ち着いたらまたベース弾きまくってくださいね!





テーマ : 懐かしい歌謡曲 ジャンル : 音楽

13:20  |  THE GOOD-BYE  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |