2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.11.23 (Sat)

METALLICA 「METALLICA」

11月も後半になり朝、晩は、ここ愛知県もだいぶ冷え込んできました。
僕の大好きな季節「秋」は猛スピードで過ぎ去っていった感じですね。
ところで、先日ラジオからメタリカの名曲「エンター・サンドマン」が
流れてきて興奮しながら車を走らせていた!カッコイイ曲ですね!
帰宅してから僕が好きなアルバムMETALLICAMETALLICA」を聴いた♪



1991年にリリースされたへヴィメタルの傑作であり問題作でもあります!
前作辺りからみられたサウンドの変化がファンの間で物議を醸した。
スラッシュメタル特有の速さが抑えられてグルーヴ感を強調した曲が
大半を占めており、おまけに叙情的なバラードまで収録されている!
もちろん、メタリカらしいスピード・チューンも収録されているのだが・・・。
へヴィネス&強靭なグルーヴ感に支配されたアルバムではなかろうか。
それでも売れまくり以降のメタル・バンドにかなり影響を与えたアルバムだ!

僕は友人に薦められて前作「メタル・ジャスティスから聴き始めたのだが
聴き込むまでには至りませんでした。途中で疲れてしまいまして・・・。
だが、METALLICAMETALLICAは違いましてかなり聴き込みました!
M-1「エンター・
サンドマン」は大好きな曲でして何度も聴きまくりました!
 



M-7「THROUGH THE NEVER」 これぞ、メタリカ!


アルバム全体を支配する重量感に満ちたグルーヴ感のあるサウンドを聴いて、
当時はとても気持ち良く感じられたものでした。曲もなかなか良いですしね。
それからは、以前の
アルバムも聴いてみたのだがどうもイマイチな感じでして、
METALLICA」のように聴き込むことはありませんでした。以降のアルバムも・・・。
久しぶりに聴いたMETALLICA「METALLICA」はやはり気持ち良く聴けまして、
みるみるハイ・テンションになってました!サイコーのサウンド&グルーヴですね!
40代半ばではありますが、まだまだへヴィメタルも聴けそうで良かったです(笑)
 


テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

18:18  |  METALLICA  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.10 (Sun)

JEFF BECK 「FLASH」

久しぶりの更新です。最近は休日になれば家族で出掛けたり友人と会うなど
ブログの事を完全に忘れてしまうぐらいにプライベートは充実しております!
今日は久しぶりにゆっくり過ごしておりPCにも向かうことができております。
昨夜は映画「ステキな金縛り」を見ており、ノーマークであった深津絵里が、
なんだかとても可愛く思えて恥ずかしながらキューンとなってしまいました(笑)
映画の内容もとても面白くて嫁さんと一緒に結局終わりまで見てしまいました。
話は変わりますが、ここ一ヶ月はブルースをバカみたいによく聴いていたが、
ブルース熱も少しずつ冷めてきてロックやポップスも聴くようになってきた!
先日、突如聴きたくなってしまいラックから取り出したアルバムがコレです!

JEFF BECK 「FLASH」


ナイル・ロジャースとアーサー・ベイカー二人の売れっこプロデューサーを迎えて
1985年にリリースされたファンの間では評判のあまり良くないアルバムである。
 ジェフ・べック自身も「フラッシュ」は気に入らないアルバムのようですね・・・。
全11曲中、歌モノが9曲でインストは2曲。ジェフ・べック自身も2曲歌っております!
ナイル・ロジャースが得意とするダンス・ビートにジェフ・べックの鋭利なギターが
絡んでくる痛快な楽曲が多数を占めているが、インストでは叙情的なギターを
堪能することもできる!そして、なんと言ってもロッド・スチュアートとの再共演です!
M-4「People Get Ready」カーティス・メイフィールドが在籍したインプレッションズ
カヴァーなのだが、ここでのロッド・スチュアートの熱唱は胸にジーンと来るものがある!
このPVは当時、MTVやベストヒットUSAでガンガン流されていましたね。良いPVです! 
 


実は、このPVで初めてジェフ・べックを拝見し、ギター・サウンドを体験しました。
当時、僕は高校1年生でして名前だけ知ってる程度で興味もありませんでしたが
「ピープル・ゲット・レディ」のPVを見てジェフ・べックのギターに興味がわいた。
ちょうどその頃はバイトで貯めたお金でCDプレーヤーを購入したばかりの時でして、
まだ1枚もCDを持ってませんでした。そこで初CDはJEFF  BECK 「FLASH」にした!
初めて聴くCDということで、かなりワクワクしてたのを今でも鮮明に覚えています。
M-1「Ambitious」のギンギン・ギターを聴いてぶっ飛びましたね!強烈でした!!
「凄い!さすが3大ギタリストの一人と言われる訳だ!」と興奮しながら聴いてました!
 


初めてのCDということもあるがハイ・テンションで何回も本作を聴きまくりました。
なので、このJEFF  BECK 「FLASH」は、かなり思い入れのあるアルバムですね。
それから、過去のアルバムをレンタルや購入してジェフ・べックのギターを楽しんだ!
特に第1期ジェフ・べック・グループのアルバムは好きになり聴きまくりましたね。
なんてったってロッド・スチュアートがボーカルでロン・ウッドがベースですからねぇ!
もちろん、第2期やBBA、インスト3部作も大好きで今でもよく聴いてますよ。
ファンの間では評判の良くない「フラッシュ」ではあるが、僕は好きなアルバムです!
JBG、BBA、「ブロウ・バイ・ブロウ」「ワイアード」を先に聴いてたらどうだったか?
やはり往年のファンの方達と同様にショックを受けてたかもしれませんね、たぶん。
「フラッシュ」ジェフ・べック初体験アルバムというのが幸いしたのか分かりませんが、
「ギター・ショップ」以降のアルバムもショックを受けずにすんなりと聴くことができた。
ジェフ・べックのギターの魔力に魅了されてしまうと抜け出すことができませんね(笑)






 



テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

15:59  |  JEFF BECK  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |