2014年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2014.01.19 (Sun)

BRUCE SPRINGSTEEN 「BORN TO RUN」

早いもので元旦から2週間以上が経った。今年も1年が早く過ぎそうだ。
昨年末にCDラックの整理をしていた時に「今度じっくり聴いてみよう♪」と
ストックしていた3枚のCDのうちの1枚を今日は紹介したいと思います。

BRUCE SPRINGSTEEN 「BORN TO RUN」


1975年にリリースされた彼の3作目であり、ロックの最高傑作アルバムです!
70年代のアメリカン・ロックの金字塔を打ち立てたと言っても過言ではない
エネルギッシュなサウンドと歌詞、それに熱いヴォーカルが収録された作品です!
まだ青さが残るが勢いがあり若さあふれるロックが爽快感を感じさせてくれる。
佐野元春、浜田省吾など日本のミュージシャンも影響を受けてると思います。

僕がブルース・スプリングスティーンのサウンドを初めて耳にしたのは、
中学3年生の時にリリースされた、こちらも傑作アルバム「BORN IN THE U.S.A.」
に収録されていた1stシングル「DANCING IN THE DARK」をラジオで聴いた時で、
その時は何とも思わない曲でしたが、ヒットしていたのでラジオでヘビロテしており、
何度も聴かされていくうちに好きな曲になってしまいました(笑)良い曲ですよ♪
それから立て続けにシングル・ヒットを生み出し、アルバムも大ヒットしましたね!
当然、僕はアルバムを購入してかなり聴き込んだものでした♪素晴らしい作品です!
それから、ブルース・スプリングスティーンの過去のアルバムに興味を持ちまして、
傑作といわれていた「BORN TO RUN  明日なき暴走」をレンタルして聴いた♪
M-1
「涙のサンダーロード」を2分ぐらい聴いた時に体中に電流が走りましたよ!
あまりにも良い曲と熱いヴォイスに感動して震えたのを今でも鮮明に覚えています。
2曲目に移るのに何度「涙のサンダーロード」を聴いたか分かりません(笑)



そして、5曲目「明日なき暴走」を聴いて興奮は頂点に達っしましたよ!イェ~ィ(笑) 
「明日なき暴走」も何度もリピートして聴きまくりました♪もう、大好きな曲です!



その他の曲も良い曲ばかりで、いつもアルバム全曲最後まで聴いてました。
僕が中学3年生から高校1年生までの間に1番よく聴いたアルバムです!
CDとしてリリースされた時も喜んでショップに駆け込んで購入したものでした。
しかし、だんだんとブルース・スプリングスティーンのアルバムも聴かなくなり、
いつしかラックの肥やしとなっていった。彼の勢いも無くなっていきましたしね。
新作もリリースしていたが、聴く気にもならないぐらいに離れてました・・・。
でも、CDラックを整理していた時に名盤「BORN TO RUN」を久しぶりに見て、
なぜだか無性に聴きたくなってしまいました!呼んでいたのかな~?(笑)
久しぶりに聴いた「BORN TO RUN」は最初に聴いた時の衝撃はもちろん無いが、
当時の懐かしい思い出がよみがえってきて思わず泣けてしまいそうになりました。
これだから、音楽鑑賞はやめられません(笑) ほんと音楽は素晴らしいです!



テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

17:49  |  BRUCE SPRINGSTEEN  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.05 (Sun)

BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND 「奔馬の如く」

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
いきなりですが、今年最初に紹介するアルバムはコレです!

BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND 「奔馬の如く」

 
(1980年リリース)

何故、このアルバムを選んだのかはジャケットを見ればお分かりですね(笑)
ここ3年ぐらいはこんな風に新年一発目のアルバムを決めています(笑)
さて、ボブ・シーガーなんですが、しわがれ声が渋くてカッコイイですね~♪
風貌も髭面でヴォイス同様に渋くて、いかにもアメリカン・ロックって感じです。
アルバムのサウンドは装飾のないシンプルでストレートなアメリカン・ロック♪
ブルース・スプリングスティーンイーグルスを彷彿させるサウンドですね♪
野太いギターにしわがれ声が絡むボブ・シーガーのロックはカッコイイです!
このアルバムもドライブ中に聴くと最高に気持ちいいサウンドが収録されてます。



ボブ・シーガーとの出会いは、高校生の時に映画「ビバリー・ヒルズ・コップ2」の
主題歌(だったかな?)で売れていた「シェイクダウン」をラジオで聴いた時でした!
ノリの良いR&Rが最高にカッコ良くてサントラ盤を買ってしまうぐらい好きな曲でした♪



ボブ・シーガーのオリジナルアルバムも欲しくなり選んだのが「奔馬の如く」でした。
 CDはまだ販売されておらずLPレコードを買いました!ほとんどジャケ買いでした(笑)
 後にCDでも発売になり、もちろんCDも買ってガンガン聴き込んだものでしたね♪
購入当時は、ハードロックやヘビーメタルを主に聴いていた時期でしたので、
あまりにもシンプルなロック・サウンドに正直馴染むことができませんでしたが、
年齢を重ねていくうちに大好きなアルバムとなっていきました。変わるものです(笑)
中でも「AGAINST THE WIND」なんて、もろイーグルスみたいで大好きな曲です♪



今年も生活していく上で、いろいろな逆風が吹くかもしれませんが、
奔馬の如く負けずに突っ走っていこうと思っております。




テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

15:19  |  BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |