2014年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2014.03.15 (Sat)

STYX 「PARADISE THEATRE」

花粉症の症状が酷くなってきて辛い今日この頃です・・・(涙)
そんな辛い状態を少しでも和らげてくれるのが大好きな音楽です♪
では、早速ですが今回記事にしたいアルバムはコレです!

STYX 「PARADISE THEATRE」



1981年にリリースされた彼らの10作目であり最高傑作である。
1928年の開業から1958年に閉鎖となったシカゴの幻の大劇場であった
「パラダイス・シアター」をモチーフにして製作されたコンセプト・アルバム。
まぁ、とにかく曲良し、演奏良しの今でも色褪せない大傑作アルバムです!

STYXのサウンドとの出会いは、今から31年前の中学1年生の頃だったか。
当時は洋楽に興味を持ち出した頃で勉強そっちのけでラジオや音楽雑誌で
外国人ミュージシャンの楽曲や情報収集に明け暮れていた時期でした(笑)
そこで、ラジオから流れてきた「ミスター・ロボット」という曲を聴いた時だった。
途中、「ドウモ アリガトウ ミスター ロボット ドウモ ♪」と日本語の歌詞が
飛び出してきてビックリしたのと同時に即興味を抱いた楽曲でした♪(笑)
そして、「ミスター・ロボット」が収録されたアルバム「KILROY WAS HERE」
購入して聴きまくりました♪まだガキでしたのでジャケットもお気に入りでした(笑)
そして、STYXの過去のアルバムも気になりだして次に購入したのが前作になる
「PARADISE THEATRE」でした。もう本作にはめちゃくちゃハマリましたよ♪
M-1「A.D 1928」からM-2「ROCKIN' THE PARADISE」への流れは最高でして、
何度聴いても鳥肌が立つぐらい感動してしまう素晴らしい出来でございます!



メインテーマ曲である必殺バラード、M-5「THE BEST OF TIMES」なんて、
デニス・デ・ヤングの甘いハイトーンにメロメロしちゃいますよ、ほんとに(笑)
「THE BEST OF TIMES」は大ヒットしたんですよね!確かに良い曲ですもんね♪



その他にも「SNOWBLIND」「HALF- PENNY,TWO-PENNY」などのかっこいい
ロック・ソングも収録されており、今でも飛ばさずに全曲聴ける大好きな作品です♪
トミー・ショウジェイムズ・ヤングギター&ボーカルも聞き逃せませんね!
ほんと、捨て曲なしのとても素晴らしいコンセプト・アルバムだと思いますよ!

しばらくは傑作「パラダイス・シアター」ばかりを聴く毎日を送っていましたね(笑)
当時はジャーニーTOTOエイジアなどがお気に入りのロック・バンドでしたが、
当然、STYXも僕のお気に入りのロック・バンドの仲間入りを果たしました!

 「PARADISE THEATRE」、今日だけで3回も聴いてしまいましたよ(笑)
花粉症の辛さも忘れさせてくれる幸せな時間を過ごすことができました!



テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

16:22  |  STYX  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.08 (Sat)

CHAR 「CharⅡ have a wine」

久しぶりのブログ更新です。いつの間にか3月に突入してましたね。
先日、友人と久しぶりに会いまして1月25日にZEPP名古屋で開催された
Charのライブの感想やセットリストなどを飲みながら聞かせてもらいました。
僕は残念ながら今回のライブには参戦することができなかったので、
羨ましい気持ちでしたが、しっかりどんな様子だったかを聞いてました。
今回は初期のソロ・アルバムからの選曲が多くて懐かしかったとの事です。
特に2ndアルバム収録の「SUNDAY NIGHT TO MONDAY MORNING」
演奏されたのを大変喜んでおりました。僕もライブでこの曲聴きたかったなぁ。
ということで今回記事にするアルバムはコレにしたいと思います♪

CHAR 「CharⅡhave a wine」



1.過ぎゆく時に
2.SUNDAY NIGHT TO MONDAY MORNING
3.秋風
4.気絶するほど悩ましい
5.TOKYO NIGHT
6.ICE CREAM
7.RAINY DAY
8.ふるえて眠れ
9.夜
10.FRAULEIN

1977年にリリースされた2ndソロ・アルバムです。
ヒット曲「気絶するほど悩ましい」のアコースティックバージョンが収録されてます。
時代もあったのでしょうが、お洒落なシティポップ風な楽曲が大半を占めています。
ボズ・スキャッグスの超名盤「シルク・ディグリーズ」的な感じとでも言いましょうか。
それでもCharのギターはセンス抜群の切れ味の良いプレイを聴かせてくれてます♪
「ICE CREAM」なんて、1st収録のCharの代名詞的な曲「SMOKY」と似たような、
スピーディーでカッコいいギター・ソロを存分に堪能することができる名曲ですしね♪

今までCharアイドル時代?の3部作の中で一番聴き込んでいないアルバムが、
「CharⅡhave a wineでした。とは言っても全曲メロディはすぐに浮かんできますけど。 
AOR、CITY POP好きな方なら凄く楽しめるアルバムだと思います。洗練された音です♪
 




ほんと久しぶりに「CharⅡhave a wine」を聴いてみたのだが、当然良い(笑)
もう長年大ファンなので仕方ありません(笑)リピートして聴いてました♪
あ~、仕事休んででもライブに行くべきだったかなぁ。 悔しいですっ・・・。






テーマ : Rock ジャンル : 音楽

16:28  |  CHAR  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |