2014年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014.04.30 (Wed)

ALCATRAZZ 「DISTURBING THE PEACE」

GWですね。僕は26日からの10連休!を満喫中です(笑)
前半は友人達と会い近況報告や音楽談義で盛り上がり、
明日からの後半は家族で1泊旅行などでGWを楽しみます。
さて、早速ですが今回記事にしたいアルバムがコレです♪

ALCATRAZZ 「DISTURBING THE PEACE」


1.GOD BLESSED VIDEO
2.MERCY
3.WILL YOU BE HOME TONIGHT
4.WIRE AND WOOD
5.DESERT DIAMOND
6.STRIPPER
7.PAINTED LOVER
8.LIGHTER SHADE OF GREEN
9.SONS OF LOVERS
10.SKYFIRE
11.BREAKING THE HEART OF THE CITY

1985年にリリースされた2ndオリジナルアルバムです!
今作からギタリストがイングヴェイ・マルムスティーンからスティーヴ・ヴァイ
チェンジされています。サウンドも驚くほどにガラリとチェンジしておりますよ♪
前作の様式美な感じは影を潜めて、幅広い音楽性を融合させたような複雑な
ハード・ロックを表現している。スティーヴ・ヴァイのカラーが色濃く出てますね。
グラハム・ボネットの強烈なシャウトとスティーヴ・ヴァイの変態的ではあるが、
高等音楽理論を駆使した超絶ギター・テクニックを楽しめる傑作アルバムです。
 






中学3年生の時にリリースされた1stを聴いてイングヴェイ・マルムスティーン
ギター・プレイに
衝撃を受けたので、スタジオ盤、ライブ盤共に1枚出しただけで
イングヴェイ・マルムスティーン脱退のニュースには悲しんだものでしたね・・・。
スティーヴ・ヴァイ加入!というニュースにも「誰だ、お前は」てな感じでした。
ニュー・アルバム(本作ですよ)も最初は全然聴く気にもなれませんでした・・・。
しかし、レコードを購入した友人に「コイツのギター、化け物みたいだぜ!」と
興奮気味に薦めてきたのでレコードを聴かせてもらいに友人宅に行きました。
聴いた感想は確かに凄いけどイングヴェイのイメージが付きまくっていたので、
僕は、どうも好きにはなれずカセットにダビングしてもらうこともしませんでした。

それから、VAN HALENを脱退したデヴィッド・リー・ロスに引き抜かれて、
スティーヴ・ヴァイはあっけなくアルカトラスを脱退してしまいましたね・・・。
この時は、さすがにグラハム・ボネットがかわいそうに思えましたよ・・・。
デヴィッド・リー・ロス好きの僕は当然のように彼のソロ・アルバムを購入した。
聴きまくるうちにスティーヴ・ヴァイのギターもだんだんと好きになっていました。
それから、思い出したように「ディスターピング・ザ・ピース」を購入して聴いた♪
友人宅で聴いた時よりも楽しめて、いつの間にか愛聴盤になっていましたよ(笑)
グラハム・ボネットの絶叫ボーカルとの相性もバッチリ合ってると思いますね。
ホワイトスネイクに参加した時のアルバムより、こちらの方が僕は好きです。

今では1stより、こちらの2ndを聴くほうが多いぐらいになってしまいました(笑)
イングヴェイ・マルムスティーンの素晴らしいギター・テクニックを聴くのも、
食傷気味でありまして、現在は1年に1回聴くかぐらいになってしまってます。
 テクニカル過ぎるギター・プレイは、僕はあまり好んで聴くことはないのだが、
何故か、スティーヴ・ヴァイのギターは今でも飽きずに聴けてしまうんですよ。
ソロ・アルバムも好きでよく聴いてますよ♪ライブも観たことありますしね。
そんなスティーヴ・ヴァイの才能を世界中に知らしめたアルバムとして、
「DISTURBING THE PEACE」はロック・ファン、ギター・ファンには重要な
作品として後世にも語り継がれていくことでしょう。(オーバーだったかな)
 また、グラハム・ボネットスティーヴ・ヴァイのコラボを実現してもらいたいが、
 グラハム・ボネットには年齢的にもあの強烈なシャウトは望めないだろうなぁ。





 

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

16:19  |  ALCATRAZZ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.19 (Sat)

AEROSMITH 「ROCKS」


4月も後半に差し掛かり、だいぶ暖かくなってきました。
一週間後には僕の職場では大型連休(10連休)突入です!
いろいろと予定が入っているので楽しみにしております。

さて、最近はブロ友さんへの訪問はおろか、自身のブログ更新も
滞り気味になっています・・・。どうもスミマセン・・・。
そこで、喝を入れるべく聴いているアルバムがコレなんですよ♪

AEROSMITH 「ROCKS」


1.BACK IN THE SADDLE
2.LAST CHILD
3.RATS IN THE CELLAR
4.COMBINATION
5.SICK AS A DOG
6.NOBODY'S FAULT
7.GET THE THE LEAD OUT
8.LICK AND A PROMISE
9.HOME TONIGHT

1976年にリリースされた4thアルバムであり彼らの代表作でもある!
僕個人としては前作TOY'S IN THE ATTIC(闇夜のへヴィ・ロック)が、
AEROSMITHのアルバムの中では断トツで好きな作品なのだが、
この「ROCKS」も高校生の頃からかなり聴きこんだ大好きなアルバムです。
8曲目まで勢いで押し倒し、最後の9曲目のバラードでクールダウン。快感です!
 骨太でファンキーなリズムに絡むギター、そして、あのシャウト!堪りません!
一度聴き出すと、いつもの事だがヘビロテしてしまう中毒性のあるアルバムだ!
疾走感がハンパなく凄くて、あっという間にアルバム1枚を聴き終えてしまいます。
この頃のAEROSMITHのアルバム(1st~5th)はどれも個人的に大好きですね♪
メンバーが繰り出す極上のグルーヴに身を委ねれば自然と快感を味わえる!
「これぞ、本物のハード・ロックン・ロールだぜ!」と思わせてくれるサウンドだ♪







ご無沙汰していたAEROSMITHだったのだが、久しぶりに聴いた「ROCKS」は、
疲れ気味の心身にエネルギーを与えるにはもってこいのアルバムでしたね!
正直、「こんなにカッコ良かったっけ!」と今まで以上に楽しんで聴いております♪
さっきも、リビングで大音量でリピートして聴いていて、嫁さんに「何回聴くの?」と
怒られてしまうぐらいにヘビロテしているAEROSMITH「ROCKS」。サイコーだぜ!

 


テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

18:31  |  AEROSMITH  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.06 (Sun)

THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」

ここ愛知県も各地で桜が満開になり、見頃になっております。
皆様は、もう花見に行かれましたか?僕は明日行く予定です。
今日は嫁さんの車&運転で一緒に買い物に出かけました。
その時に車内で嫁さんとノリノリで聴いていたCDがコレです♪
嫁さんは久しぶりに聴いたらハマッてヘビロテしているそうです!

THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」

 

1.TRAIN-TRAIN
2.メリーゴーランド
3.電光石火
4.ミサイル
5.僕の右手
6.無言電話のブルース
7.風船爆弾(バンバンバン)
8.ラブレター
9.ながれもの
10.ブルースをけとばせ
11.青空
12.お前を離さない

1988年リリースにリリースされた彼らの3rdアルバムです。
実は、THE BLUE HEARTSのアルバムをまともに聴いたのは、
今日が初めてなんですよ!今まで聴かず嫌いでいましたから・・・。
学生時代からパンク・ロックをあまり聴くことがありませんでした。
ですので、パンク・ロック・バンドだと認識していたTHE BLUE HEARTS
各アルバムも当然スルーしていた訳で、耳にすることはありませんでした。
「リンダ リンダ」や、本作に収録されている「TRAIN-TRAIN」などの
ヒット曲はラジオやTVなどで耳にすることは多々あったのですが、
気に入るまでには至りませんでした。興味も湧いてきませんでした・・・。
嫁さんは、中学生の時に売れる前からTHE BLUE HEARTSを聴いて、
かなり衝撃を受けてファンになり過激なライブにも参戦していたそうです!
今は、さすがに「そんな体力も気力もない」と嘆いておりますが・・・。
で、「TRAIN-TRAIN」なんですが、思っていたより良いアルバムでしたよ♪

パンク一辺倒なサウンドではなくR&R、ブルース、フォークなど幅広くて、
パンク・ロックがあまり好きではない僕でも十分楽しめるアルバムですね!
良い意味で裏切られたサウンドでしたね!ポップで聴きやすい作品ですよ♪
聴いていると、自然と体が動いていました!ノリノリになれます(笑)
しかし、嫁さんは「TRAIN-TRAIN」からパワーがなくなったから、
このアルバムを境に聴かなくなっていったそうです。えっ、そうなの!?
 僕は、コレぐらいのほうがちょうど聴きやすいと思ったのですがね。
「TRAIN-TRAIN」、また今度、じっくりと聴いてみたいアルバムです。









 


テーマ : Rock ジャンル : 音楽

17:15  |  THE BLUE HEARTS  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |