2014年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.30 (Sat)

PAUL RODGERS 「MUDDY WATER BLUES- A Trivute To Muddy Waters」

8月も早いもので今日を含めてあと二日で終わろうとしている。
今月は曇りや雨の日がほとんどで「熱い夏」を体感できなかった。
広島では大雨で土砂崩れが発生して多くの方が亡くなられました(涙)
亡くなられた方のご冥福と早期の生活基盤の復旧をお祈りします。

ここ愛知県は久しぶりに朝から晴れて気持ち良い天気になりました。
カラッとしていますので過ごしやすく、を感じさせてくれてます。
さて、今回は秋に聴くとピッタリな渋くてかっこいいCDを紹介します♪

PAUL RODGERS 「MUDDY WATER BLUES」

A TRIBUTE TO MUDDY WATERS

1.MUDDY WATER BLUES (ACOUSTIC VERSION)
2.LOUISIANA BLUES
3.CAN'T BE SATISFIED
4.ROLLIN' STONE
5.GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL (PART 1)
6.HOOCHIE COOCHIE MAN
7.SHE'S ALRIGHT
8.STANDING AROUND CRYING
9.THE HUNTER
10.SHE MOVES ME
11.I'M READY
12.I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU
13.BORN UNDER A BAD SIGN
14.GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL (PART 2)
15.MUDDY WATER BLUES (ELECTRIC VERSION)

(1993年リリース作品)

いや~、これは大変素晴らしいトリビュート・アルバムですよ!
ポール作のタイトル曲以外はマディ・ウォーターズ作品を中心に、
ブルースの名曲をナイスアレンジしたアルバムに仕上げております♪
ポール・ロジャースの熱くてソウルフルなボーカルはもちろんのこと、
参加しているギタリストのメンツが超豪華で目が眩みそうです(笑)
 ジェフ・べック ゲイリー・ムーア ブライアン・メイ ブライアン・セッツァー 
ニール・ショーン トレヴァー・ラビン リッチー・サンボラ スラッシュ
デヴィッド・ギルモア スティーヴ・ミラー そして、バディ・ガイ  
凄いメンツですね!僕はこれだけで本作を買っちゃいましたから(笑)
リズム・セクションも豪華でしてジェイソン・ボーナムがドラムを叩き、
ベースはなんと!ピノ・パラディーノですよ!こちらも凄いですよね!!
選曲も良いのだが、やはりメインはポール・ロジャースの熱いボーカル♪
胸を熱くするボーカルが堪りません!ほんと素晴らしいの一言です!
ブルース・ロックを歌わせたら無敵な感じの貫禄十分のボーカルだ!
フリーバッド・カンパニーで彼のボーカルの上手さに圧到されましたが、
ここで聴けるポール・ロジャースのボーカルには更に圧到されましたね!
そして、錚々たるギタリストのプレイも思う存分に楽しめることができる!
全曲聴きごたえのあるギター・ソロを堪能できます。これは必聴ですよ♪
購入した当時、僕はまだ20代半ばで本作は「渋いなぁ」と感じていたが、
40代半ばになった現在では、大好物のアルバムになっていますよ(笑)
これからの季節に飲みながら聴くと最高の一枚になると思います(笑)
本物のブルース・ロックが聴きたい貴方にお薦めのアルバムですね♪









スポンサーサイト

テーマ : BLUES ジャンル : 音楽

14:54  |  PAUL RODGERS  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.13 (Wed)

BON JOVI 「BON JOVI」

今月9日から9日間のお盆休みを頂いて満喫しております。
しかし、台風が来襲したりしてあまり外出できておりません。
後半もここ愛知県は天気予報では曇りや雨になっている・・・。
今回の連休はレジャーで出掛ける予定はないのでいいのだが。
でも、やっぱり暑くてギラギラの日差しを体感したくなりますね。
先日、突然BON JOVIのデビューアルバムが聴きたくなって、
久しぶりにじっくりと全曲聴いて惚れ直してしまいました(笑)

BON JOVI 「BON JOVI」


1.RUNAWAY
2.ROULETTE
3.SHE DON'T KNOW ME
4.SHOT THROUGH THE HEART
5.LOVE LIES
6.BREAKOUT
7.BURNING FOR LOVE
8.COME BACK
9.GET READY

(1984年リリース作品)

モンスターロックバンドBON JOVIの原点であるデビューアルバムです!
元気ハツラツとした美メロハードロックがたっぷり収録された傑作だね♪
現在のシンプルなアメリカン・ロックとはサウンドがかなり違いますので、
ハードロックを演奏していた初期の頃を知らない方は聴くとビックリかな!
日本人の琴線を刺激するメロディー&サウンドだったということもあり、
本国のアメリカより日本から人気に火がついたというのは有名な話ですね。
ちなみに僕の琴線にもビンビンに触れて一発で気に入ったサウンドです(笑)
一度聴いたら心に残るメロディー、歌をしっかり聞かせるボーカルスタイルに
絶妙なコーラスワーク、そして、へヴィでテクニカルなギターが魅力的なバンド、
それが、デビュー当時のBON JOVIであった。これが出発点なのである♪
「RUNAWAY」「SHE DON'T KNOW ME」の2曲がヒットしてましたよ♪
この2曲以外もキャッチーなメロディーが心を鷲掴みにする佳曲ばかりです!








僕が中学3年生の時にラジオから1stシングル「夜明けのランナウェイ」が、
流れてきたのを聴いてキャッチーなメロディーに絡むハードなサウンドに
心を奪われたものでした。サビの部分は何度も頭の中を駆け巡っていた♪
アルバムも発売されていると知り、慌ててLPレコードを買いに行きました!
いきなり「夜明けのランナウェイ」でしたので興奮して聴いたのを覚えてます。
アルバムを買った時は確か夏休みでしたので時間もたっぷりとありましたので、
イッキに3周ぐらい聴いたと思います。完全にBON JOVI虜になっていました。
中学3年生の夏休みのほとんどは毎日1回は本作を聴いてたんじゃないかなぁ♪
あれから30年経とうとしているが今でも楽しんで聴けるナイスなアルバムである!




テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

17:36  |  BON JOVI  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。