2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.07.19 (Sun)

TOTO 「FAHRENHEIT」

台風も去っていきましたが、まだまだジメジメの日々が続いてます。
ですが、ここ愛知県は明日から晴れの予報が続き梅雨明けも間近!
いよいよ暑~い夏の到来です!セミも元気に鳴き始めてますよ。
さて、今回は暑い夏にピッタリのちょっぴりクールなCDを紹介♪

TOTO 「FAHRENHEIT」



1.TILL THE END
2.WE CAN MAKE IT TONIGHT
3.WITHOUT YOUR LOVE
4.CAN'T STAND IT ANY LONGER
5.I'LL BE OVER YOU
6.FAHRENHEIT
7.SOMEWHERE TONIGHT
8.COULD THIS BE LOVE
9.LEA
10.DON'T STOP ME NOW

(1986年リリース作品)

アメリカのスーパー・ロック・バンド、TOTOの6枚目のアルバム♪

彼らのアルバムの中では一番ロック色が薄いなと感じますが、
何度聴いても飽きがこない優良AORアルバムだと思います!
ハードロック、R&B、レゲエ、そして、ジャズ・フュージョンなど、
幅広い音楽ジャンルをTOTO流にセンス良くアレンジした楽曲を、
収録した聴いていて爽やかな気分になるナイスなアルバムだ!
ゲスト・ミュージシャンも豪華でマイルス・デイビスを筆頭に、
ドン・ヘンリー、マイケル・マクドナルドなどが参加しております!
あっ、デヴィッド・サンボーン、ラリー・ウィリアムスなんかも
参加してますね。ほんと多彩で豪華なゲスト・ミュージシャンだ。
本作からボーカリストがジョセフ・ウィリアムスにチェンジしてます。
3代目となる彼のボーカルはとにかく素晴らしいの一言ですね!
力強さと繊細さを兼ね備えたナイスなヴォイスはTOTOのような
幅広い音楽性を持つバンドにピッタリのボーカリストですね!
オマケに作曲能力も大変優れており新メンバーでありながら
半数近くの曲をメンバーと共作してます!良い曲なんだよね♪
彼は、現在TOTOに復帰しており、素晴らしいアルバムもリリース♪
ボーカルも相変わらず上手くて、TOTOにピッタリだと再認識した。
メンバーの演奏はもちろん上手くてセンスも抜群でございますよ!
スティーヴ・ルカサーのギターは抑え気味な感じはしますが、
楽曲に合ったバッキング、ソロは「さすが、ルーク!」ですね!
ランディ・グッドラムとの共作であるルークお得意の名バラード、
「I'LL BE OVER YOU」での惚れ惚れするVo&Gは最高ですよ!
マイク・ポーカロのベースが僕自身気持ち良く感じられました。
いつもは地味なマイク・ポーカロのベースなのだが、本作では、
「おっ!」と思わせるフレーズがポンポンと出てくるではないか!
レゲエ調の僕のお気に入り曲「SOMEWHERE TONIGHT」での
ベースラインには惚れ惚れします!機会があれば聴いてみてください♪
「FAHRENHEIT」はセンス抜群のベースが聴けるアルバムでもある。
バラエティー豊かな楽曲が収録されていて散漫な感じも受けるが、
メンバーの豊富な音楽知識、手腕には脱帽してしまう。凄いです!
「FAHRENHEIT」は一番TOTOらしいアルバムかもしれないね♪










テーマ : 洋楽ロック ジャンル : 音楽

16:12  |  TOTO  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.07 (Tue)

RX 「CHEMICAL REACTION」

梅雨本番ということもあり、ジメジメした天気が続いています。
気分も滅入ってしまいそうだが、大好きな音楽を聴いて、
気分だけでもスカッと晴れやかになりたいものですね!
ということで、今回紹介するアルバムはフュージョンです♪

RX 『CHEMICAL REACTION」


1.S.T.F
2.FUNKAHOLIC BROTHERS
3.CHEMICAL REACTION
4.TEA FOR THREE
5.LOVE FLIGHT
6.DEVIL'S TONGUE
7.ORANGE RAIN
8.CHICKEN OR BEEF?
9.BAD AGAIN
10.WAR CLOUD
11.信天翁

(1991年リリース)


リリースされた1991年は、まだ聖飢魔Ⅱのメンバーだった
ライデン湯沢(Dr) ゼノン石川(B)によるユニットの1st♪
あっ、妖怪マツザキ様(key)も中心メンバーでしたね(笑)
演ってるのは、なんと!本格的なフュージョンなんですよ♪
渡辺香津美 和田アキラ 本多俊之などの強力なメンツの他に、
聖飢魔Ⅱのメンバー、エース清水 ルーク篁 デーモン小暮など、
豪華ゲストを迎えてテクニカルでありながらもポップで心地良い
フュージョン・ミュージックを堪能できるナイスなアルバムです♪
二人の趣味嗜好が、とてもよく表れたサウンドを楽しめますよ!
当時は、聖飢魔Ⅱもよく聴いていたので、もちろんゲットしてます。
本作は、ドライブ・ミュージックとして、とても重宝したアルバムです♪
当然、他のメンバーのソロ・アルバムもゲットしておりますよ(笑)

聖飢魔Ⅱ在籍時でも、「モンスター・リズム・セクション」として、
高度な演奏技術を見せつけていたリズム隊から生み出される音は、
まさしくフュージョン!グルーヴ感もモンスター級で気持ち良い!
バラエティーに富んだ曲を存分に楽しむことができるアルバムだ!
ドライブのお供にも最適なサウンドです♪ 一度耳にしてみてはどう?











テーマ : ジャズ/フュージョン ジャンル : 音楽

22:25  |  RX  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |