2015年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.26 (Sat)

今年もお世話になりました。皆様良いお年を。

先週から予想以上に忙しくなってしまい、
更新&訪問が滞ってます。スミマセン・・・。
年末年始も慌ただしくなりそうなので、
この場をかりてお礼を申し上げます。
今年も幼稚な文章で埋め尽くされたブログを
読んでいただきありがとうございました。
文章力に自信がない私ですが、ここまで続けられたのは
皆様が時間を割いてまで訪問してくれたお陰です。
コメントまでいただいてありがとうございました。
来年は、そろそろネタ切れが心配になってきましたが、
マイペースで更新していこうと思っています。
年内は更新&訪問ができそうにありません・・・。
皆様、良いお年を迎えてくださいね。
どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
20:50  |  御挨拶  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.15 (Tue)

BECK,BOGERT&APPICE 「LIVE」

今日、大腸の内視鏡検査を受けてきました。
直腸にポリープが見つかり採取してもらった。
悪性ではなさそうなのでホッとしているところです。

話は変わり、最近はライヴ盤にハマっている♪
それも「ライヴ・イン・ジャパン」もの。
代表格のDEEP PURPLECHEAP TRICKはもちろんだが、
忘れてならないのが私が数日前から聴きまくっているコレだ!

BECK,BOGERT&APPICE 「LIVE」



DISC 1
1.SUPERSTITION
2.LOSE MYSELF WITH YOU
3.JEFF'S BOOGIE
4.GOING DOWN
5.BOOGIE
6.MORNING DEW

DISC 2
1.SWEET SWEET SURRENDER
2.LIVIN' ALONE
3.I'M SO PROUD
4.LADY
5.BLACK CAT MOAN
6.WHY SHOULD I CARE
7.PLYNTH/SHOTGUN(MEDLEY)

(1973年リリース作品)

3人の熱くてスリリング&驚愕の演奏が堪能できる素晴らしいライヴ・アルバム♪
カーマイン・アピス ティム・ボガートの重くてやかましいリズム・セクションに、
ジェフ・べックが負けずに縦横無尽にギターを弾きまくる圧巻の演奏が楽しめる!
これだけ熱くてラウドなハードロックが聴けるライヴ盤もそうはないだろうと思う。
パープル「ライヴ・イン・ジャパン」
と肩を並べる大好きなライヴ・アルバムだ♪
70年代のハードロックが好きなら聴かなきゃいけないアルバムだよ、これは!
「SUPERSTITION」
のイントロを聴いただけで演奏に引き込まれてしまいます。
もう何度も聴いているが全然飽きません。いつ聴いてもテンション上がりまくり!
このライブを生で観られた方が羨ましいです。私はまだ4歳だったからなぁ(笑)
まだ聴いたことがない方はべック、ボガート&アピス「ライヴ・イン・ジャパン」
すぐに購入して聴くべし♪とにかくお薦めしたいライヴ・アルバムの超名盤なのだ。
※40周年記念盤はライヴの曲順どおりに収録されてます♪










テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

18:39  |  BECK,BOGERT&APPICE  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.05 (Sat)

OZZY OSBOURNE 「TRIBUTE」

とうとう12月に突入しました。師走です。皆様いかがお過ごしでしょうか?
毎年ブログでも言ってますが歳をとるにつれて1年経つのが早く感じる。
2015年も残り1ヶ月を切りましたが無事に乗り切っていきましょうね。
前回、バッドランズの記事を書いていたらオジー・オズボーンが聴きたくなり、
どれを聴こうか迷ったがランディ・ローズの凄いギターが聴けるコレにした♪

OZZY OSBOURNE 「TRIBUTE」


1.I DON'T KNOW
2.CRAZY TRAIN
3.BELIEVER
4.MR.CROWLEY
5.FLYING HIGH AGAIN
6.REVELATION (MOTHER EARTH)
7.STEAL AWAY (THE NIGHT) ~DRUM SOLO
8.SUICIDE SOLUTION~GUITAR SOLO
9.IRON MAN
10.CHILDREN OF THE GRAVE
11.PARANOID
12.GOODBYE TO ROMANCE
13.NO BONE MOVIES
14.DEE (RANDY RHOADS STUDIO OUT-TAKES)

OZZY OSBOURNE (Vo)
RANDY RHOADS (G)
RUDY SARZO (B)
TOMMY ALDRIDGE (Dr)


(1987年リリース作品)

1982年3月、ランディ・ローズが飛行機事故で亡くなってから5年後に
リリースされた超貴重なライブ盤である。LPは確か2枚組でしたね。
悲劇の天才ギタリスト、ランディ・ローズのギターを存分に楽しめます!
ルディ・サーゾ トミー・アルドリッジ素晴らしい演奏も堪能できます!
オジー・オズボーンのボーカルも元気があり充実感が漂っています!
一応、オジー・オズボーン名義のアルバムにはなっておりますが、
アルバムのサブタイトルが「ランディ・ローズに捧ぐ」となっていますので、
主役はランディ・ローズの神がかった素晴らしいギター・プレイですね!
そして、数々の名曲を最高のライブ演奏で聴ける幸福感を味わえます。
へヴィ・メタル、ロックギター好きの方は必聴アルバムではないだろうか♪



高校生の頃に聴いたジェイク・E・リー在籍時のアルバム「罪と罰」が初オジー
それまではオジー奇行のイメージがどうも好きになれずに敬遠していた。
当時、大好きだったバンドNIGHTRANGERブラッド・ギルスがデビュー前に、
ランディ・ローズ
亡き後のツアーに参加していたということで気になっていたが、
アルバムを聴こうとまでは思えなかった。そんな思いをぶち破ってくれたのが、
「罪と罰」に収録されている大ヒット曲「暗闇にドッキリ!」を聴いてからだった
キャッチーなメロディー&カッコいいギターに惚れた。そして、笑える邦題(笑)
それから前作
「月に吠える」も購入してオジーを段々と聴いていくようになった♪
まぁ、オジーというよりジェイク・E・リーのギターと楽曲が気に入っていたのだが。
そして、「トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ」リリースのニュースが届いた!
「あの、ランディ・ローズのギターがライブ・バージョンで聴けるのか!」
買おうか迷っていたら友人が買っていたのでカセットにダビングしてもらった。
感動したなぁ。ランディのギターはもちろんだが曲がめちゃくちゃ良かった♪
ランディだったのだが噂どおりセンス抜群のギタープレイで興奮しましたよ!
そして、バンド演奏も素晴らしく聴き終えた時はしばらくの間、放心状態でした。
「I DON'T KNOW」「CRAZY TRAIN」「MR.CROWLEY」などの名曲を聴いて、
オジー・オズボーンの初期の楽曲がとても素晴らしいことに気付かされました!
ハードでへヴィーなサウンドなのだが美しいメロディー、ソリッドなギターリフ、
時には歌い、時には泣きまくるギター・ソロ。全てがサイコーじゃないですか!
だが、オジーのボーカルだけは未だに好きになれないなぁ・・・。ゴメンナサイ。
ハイライトは最後の「DEE」ランディの肉声も聴けてファンなら堪らないね(涙)
「ブリザード・オブ・オズ」「ダイアリー・オブ・ア・マッドマン」は即、買いました!
イッキにお小遣いはパーになりましたが、それ以上の喜びを手に入れました♪
それなのにBLACK SABBATHのアルバムは何故か1枚も持っていません・・・。





今週、通勤時の車の中で久しぶりに「TRIBUTE」ばかり聴いていました♪
音質の悪さが多少気になるが、やはりいつも感動してしまうライブ盤ですね!
ジャケットを見てるとなんだか胸にジ~ンとこみ上げてくるものがある(感涙)





テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

15:28  |  OZZY OSBOURNE  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。