2016年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.26 (Sat)

河内淳一 「Juice」

年度末です。桜の開花が気になる時期でもあります。
皆様のお住まいの地域は桜開花されたでしょうか?
私の住む名古屋近郊はチラホラと咲いてる状況です。
さて、この時期になると毎年必ず聴くCDがあります♪

河内淳一 「Juice」


1.君の胸に抱かれたい
2.(Don't Be) Afraid Of The Light
3.Save Our Love
4.Virgin Smileの君
5.White Venus
6.You're the only one
7.
Rainy Weekend
8.Studio-Aの友人
9.届かぬ想い~Lovesick Blues~
10.Murderess
11.Let The Rain Fall Down

(1992年リリース)

80年代にサザン桑田佳祐が結成したロック・バンド「KUWATA BAND」
メンバーでリード・ギターを弾いていた河内淳一の4thソロ・アルバムです。
ビル・チャンプリンジェフ・ポーカロ(Dr) マイク・ポーカロ(B)などの
豪華ミュージシャンをゲストに迎えて爽快で気持ち良いメロディアス・ロックを
楽しめる傑作アルバムだ!聴くと気分だけはアメリカ西海岸にいる感じ(笑)
河内淳一の緩急自在の素晴らしいギター&ボーカルも堪能できます!
スティーヴ・ルカサーばりの圧倒的なギターが楽曲に華を添えております♪
TOTO80年代の
CHICAGOのサウンドが好きな方ならストライクです!
天気の良い日にドライブのBGMにするとめちゃくちゃ気持ち良いですよ♪







私は毎年春先から夏にかけて車の中にCD「Juice」
を積み込んでいます。
それも、約25年の間この時期になると毎年のことです!この時期だけ(笑)
何故か秋から冬になるとCDラックに収まり、しばらくの間冬眠状態にしてます。
それだけ私の中では春~夏に絶対聴きたい爽快で気持ち良いサウンドなのだ♪
「春だ!ドライブだ!河内淳一だ!」こんなフレーズがピッタリの爽やかなCDです(笑)
ん?80年代前半に偉大なミュージシャンの新作リリース時に似たようなフレーズを
使用していましたね。分かる方はいらっしゃいますか?さて、誰でしょう?(笑)
「Juice」以降残念ながら長い期間ソロ・アルバムはリリースされていないようですね。
Juice」「PRIVATE HEAVEN」のような爽やかなアルバムのリリース期待してます。






スポンサーサイト

テーマ : Rock ジャンル : 音楽

22:24  |  河内淳一  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.06 (Sun)

STEVE LUKATHER 「CANDYMAN」

ライブ・ツアーで現在来日しているスーパー・ロック・バンド、TOTO
今回の来日公演がアナウンスされた当初は参戦するつもりだったが、
今月は有休を取得することが大変困難だと分かりあえなく断念した(泣)
昨年リリースされたアルバムをとても気に入っていたので残念である(涙)
そこで、今回記事にするアルバムなのだが、前フリの内容だとTOTO
アルバムになるのだが、STEVE LUKATHERのアルバムにします(笑)
TOTOのギタリストであり中心メンバーですから別にいいですよね?(笑)

STEVE LUKATHER 「CANDYMAN」



1.HERO WITH A 1,000 EYES
2.FREEDOM
3.EXTINCTION BLUES
4.BORN YESTERDAY
5.NEVER WALK ALONE
6.PARTY IN SIMON'S PANTS
7.BORROWED TIME
8.NEVER LET THEM SEE YOU CRY
9.FROTH
10.THE BOMBER
11.SONG FOR JEFF

(1994年リリース作品)

TOTOのギタリスト&ボーカリストであり中心メンバー、スティーヴ・ルカサー
2ndソロ・アルバムなのだが、私の琴線触れまくりのお気に入りの作品です!
デヴィッド・ガーフィールド(Key) サイモン・フィリップス(Dr)ジョン・ペーニャ(B)
を中心としたバンドにレニー・カストロ(Per)
デヴィッド・ペイチもオルガンで参加!
そして、スペシャル・ゲストとしてポール・ロジャース「FREEDOM」参加してます。
ロック、ジャズ、ブルースを融合させた楽曲を素晴らしい演奏で楽しむことができる!
TOTOファンはもちろんのこと、ジャズ・フュージョンのファンの方も楽しめる作品だ。
バンド・メンバーの驚異的な演奏テクニックを思う存分に堪能できるアルバムです!

豪華なゲストを迎えて製作された1st「LUKATHER」もよく聴いたアルバムだが、
「CANDYMAN」1stなんか比べものにならないぐらいに聴きまくっています♪
曲良し!ギター良し!ボーカル良し!バック・ミュージシャンの演奏良し!完璧!!
TOTOでは抑えられているギターはフルスロットル状態でギンギンの弾きまくり!
TOTOでの曲に合ったセンス抜群のギターも大好きだが、「CANDYMAN」での
驚異的なテクニックを駆使した「豪快、オシャレ、泣きまくる」ギターも大好きです!
まぁ、スティーヴ・ルカサーが奏でるギターが私は大好きだということですね(笑)
ルークのソロ・アルバムは全て持っているが「キャンディマン」
が一番好きだな♪
この時の来日公演に参戦して、なんと!前から3列目でルークを観ることができた!
表情も汗もバッチリ見えた。驚異的な指の動きもバッチリ見させてもらいました!
サイモン・フィリップスのドラムにも度肝抜かれましたよ!凄まじかったなぁ!!
サイモンはこの後にTOTO
の2代目ドラマーとしてバンドに加入しました。







今回の
TOTOのライブに参戦できなくてホント残念です・・・。
ジョセフ・ウィリアムススティーヴ・ポーカロパフォーマンスを生で観たかった。
TOTOのライブは3回参戦してますが上記の2人は当時メンバーではなかった。
この記事を読んでいる方でライブに参戦される方はいらっしゃるのかな?
参戦される方は楽しんできてくださいね♪ あ~、羨ましい・・・。







テーマ : Rock ジャンル : 音楽

18:52  |  STEVE LUKATHER  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。