2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.11.26 (Sat)

MR.BIG 「HEY MAN」

もう11月も後半!今年も残すところ1ヶ月ちょっとですね。
先週末は嫁さん、愛犬2匹を連れて紅葉でも見に行こうと、
静岡県立森林公園にドライブがてら行ってきました。
だが、まだ紅葉には早かったみたいで3分程度でした・・・。
でも、天気にも恵まれて森林浴を楽しむことはできました。
そこで、今回記事にするアルバムはドライブ中に聴いていた
CDの中から突然お気に入りになった作品を紹介したいと思います。
題して「以前は好きじゃなかったのに今は好きなアルバム」
これもシリーズ化にしちゃおうかな(笑)

MR.BIG 「HEY MAN」


1995年にリリースされた彼らの4thアルバムです♪
これが問題作でして、全体的にかなり地味なサウンドなのだ。
MR.BIGといえば、ポール・ギルバートの超絶速弾きギターと、
ビリー・シーンのバカテク・ベースが「売り」のバンドですが、
「HEY MAN」
には、そのような派手な曲がほとんど無いのだ。
ボーカル・メロディーを重視した落ち着いた感じの曲が占めている♪
確かに曲はなかなか良いのだが、最初に聴いた時は???でしたよ。
私は、アルバムにポール&ビリーの超絶テクやバトルを聴ける曲が、
何曲か収録されているのを期待していたので当時はガッカリでしたね。
まぁ、当時は私自身も20代半ばでピチピチのヤングでしたからね(笑)
このアルバムが
MR.BIGのアルバムでなかったら好きになってたかも。
でも、あの頃は食いつくことができなくて、しばらくしてからお蔵入り。
ポール・ギルバートは、この後にベスト・アルバムをリリースして脱退。
後任ギタリストとして、リッチー・コッツェンが加入しました。
リッチー加入後のアルバムも地味なサウンドでしたが何故か好きです。
実は、リッチー・コッツェンは好きなミュージシャンなんですよね!
ギターは上手いし、ボーカルもめちゃくちゃ上手い!ルックスも◎(笑)
話が逸れてしまった。で、「HEY MAN」
なんだけど最近突然気に入った!
今月初旬にラジオで本作収録曲である
「TAKE COVER」を久しぶりに聴いて、
「いい曲だなぁ」と改めて感じた。それで、これまた久しぶりに「HEY MAN」
を聴いてみたら「おい!おい!めちゃくちゃいいじゃん!」となった!!
曲の良さ、グルーヴ感がとても心地良い!ポール・ギルバートのギターも
地味に感じるが、ブルージーで味のあるプレイに耳を奪われてしまった!
現在はテクニカルなプレイにあまり興味がないのでちょうどいいんですよ。
とはいっても楽曲に溶け込みながらも難しいプレイをしているんですよね!
そして、エリック・マーティンのボーカルの上手さが際立っています!
どのアルバムでも感じてはいたが
「HEY MAN」では特に感じますね。
バラードなんか聴くと胸にじ~んときちゃってウルッとしちゃいそうになる。
今月初旬から現在まで「HEY MAN」が一番ヘビロテしたアルバムです!
一時は売りに出そうと思うこともありましたが売らなくてほんと良かった!
オリジナル・メンバーでの再結成後のアルバムは、まだ聴いたことがないけど、
良いのかな?また以前のようにテクニカルな演奏をガンガンしてるのかなぁ?









テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

19:59  |  MR.BIG  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.05 (Sat)

BOSTON 「THIRD STAGE」

先月末から仕事、プライベートでバタバタしていましたが、
ようやく落ち着きを取り戻してPCと向かい合ってます。
朝・晩とだいぶ冷え込んできましたが体調崩されてないでしょうか?
そろそろインフルエンザの予防接種受けてこないといけないなぁ。
昨年の今頃に予防接種受けたけど今年2月に見事に感染しちゃいました。
今回は少し遅めに受けてこようかな。その前に感染しちゃうかも(笑)
さて、今回紹介するCDは最近ヘビロテしている大好きなコレです♪

BOSTON 「THIRD STAGE」


1986年にリリースされたBOSTONの3rdアルバムです
前作「DON'T LOOK BACK」がリリースされたのが1978年だから、
なんと!「THIRD STAGE」は8年ぶりの新作だったんですね!
その間に私は小学3年生から高校2年生に成長していました!!
「THIRD STAGE」がリリースされる頃は音楽雑誌やラジオでは
ボストン8年ぶりの新作!」と大きな話題になっていましたよね!
シングル「AMANDA」はラジオでヘビーローテーションされてたし♪
当時、全くBOSTONの事は知りませんでしたが、あれだけ話題になると
「どんなものか?」と興味が沸いてアルバムを聴いてみたくなりました。
「THIRD STAGE」は私のBOSTON初体験アルバムです!また出ました(笑)
先ずはレンタルして聴くことにした。「アマンダを聴いた時にも感じたが、
メロディアスで宇宙的な広がりのあるサウンドに魅了されてしまいました。
適度にハードで聴きやすいロックでジャーニーTOTOナイトレンジャー
などのメロディアスでハードなロック
が好きな私にはストライクでしたね!
「カセットじゃなくてCDで聴きたい!」と思わせる素晴らしいサウンドです♪
それもそのはずで、リーダーでプロデューサーであるトム・ショルツが、
アメリカの名門マサチューセッツ工科大学卒のエリートで音にうるさい鬼才
ということで何だかよく分からないハイ・クオリティーな機材を駆使しまくり、
長い年月をかけてアルバムを作り上げたからなんですね。ほんとお疲れ様です。
そして、素晴らしいアルバムをリリースしてくれてありがとうございます。
ということで、すぐにCDを購入することにした。ダビングしたカセットでも
緻密で壮大なサウンドを十分に堪能することができたけど、やっぱりCDです!
当時、私は叔父の影響でオーディオにも興味を持ってまして、アルバイトして
単品のCDプレーヤーやアンプ、カセットデッキなどを買い揃えていました。
まぁ、高価なものではありませんでしたが良い音を出してくれてましたよ♪
そのオーディオで聴く「THIRD STAGE」のCDサウンドは格別に感じました!
特にヘッドホンで大音量で聴くと細かい音までよく聴けて耳に刺激的でしたね!
そうそう、3曲目「THE LAUNCH」
の途中でビックリした方、挙手願います(笑)
小さな音のSEっぽいサウンドが続き、途中でいきなり「ダ~ン」と大きな音!!
最初はビックリしちゃいましたよ!腰が抜けるかと思いましたからね(笑)
さすがに今ではそんなことはないですが。もし、初めて「THIRD STAGE」
今後聴く機会がある方がいらっしゃいましたら気を付けてくださいね(笑)
今は当時よりショボいオーディオで音楽を聴いてます。私の願望としては、
「もっといいオーディオで聴きたい♪」なんだけど、「音が出ればいい」と
自分に強く言い聞かせながら現在のミニ・コンポで音楽楽しんでます(笑)
さぁ、次は2nd「DON'T LOOK BACK」をヘビロテしようかな♪










テーマ : Rock ジャンル : 音楽

13:41  |  BOSTON  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |