2017年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.15 (Sun)

BRYAN ADAMS 「CUTS LIKE A KNIFE」

ここ愛知県も昨日から寒波の襲来で降雪して少し積雪した!
本来なら土曜日は仕事休みなのだが昨日は出勤日でした。
昼間の降雪は大したことがなかったが夕方から大雪になった!
乗用車のタイヤはノーマルなので「帰りはチェーン装着か」
と心配になったが道路は凍ってなくてそのまま帰宅できた。
今朝は昨日からの降雪で積雪量は多くなっていて明日の事が
心配になって少し憂鬱な気分になったが、雪はやんで晴れ間も
出てきたので明日までには道路の雪もなんとか解けそうな感じ。
さて、今回紹介するアルバムは昨日の仕事中に何故か頭の中で
リピートされていたメロディーが収録されているコレです♪

BRYAN ADAMS 「CUTS LIKE A KNIFE」


1983年にリリースされたブライアン・アダムスの3rdアルバムです。
気分がスカッとするストレートなロック・ソングが収録されてます。
本作品でブレークしましたね~!シングル「フロム・ザ・ハート
ディス・タイム」「カッツ・ライク・ア・ナイフ」の3曲がヒット!
シンプルなロックンロールやバラードがとても心地よく耳に響いてくる🎵
晴れた日のドライブのBGMや気分が落ち込んでる時に聴くといいですね。
次作である最高傑作「RECKLESS」で世界的ブレークを果たしました!
私が「CUTS LIKE A KNIFE」を初めて聴いたのが中学3年生の頃でした。
当時の新作である「RECKLESS」を聴いて気に入ったぶらうん少年は、
アルバム「CUTS LIKE A KNIFE」「YOU WANT IT,YOU GOT IT」を
レンタルしてきて、この2枚も気に入って聴きまくる日々を送りました。
特に「CUTS LIKE A KNIFE」はテープが伸びちゃうぐらいに聴いたよ♪
ロック好きの友人達の間でもブライアン・アダムス人気は高かった。
後にCDで再発されてから購入して今でも時々聴いているお気に入りだ。





昨日は正に雪の事で心配になってたこともあり「CUTS LIKE A KNIFE
に収録されている曲はピッタリで心配事も吹き飛ばしてくれていた🎵
ちなみに昨日頭の中をリピートしてた曲は「カッツ・ライク・ア・ナイフ」。
今、この記事を書いているBGMはもちろん「CUTS LIKE A KNIFE」です🎵






スポンサーサイト

テーマ : Rock ジャンル : 音楽

13:48  |  BRYAN ADAMS  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.08 (Sun)

BILLY JOEL 「52ND STREET」

少し遅くなりましたが明けましておめでとうございます!
2017年始まりました!今年もよろしくお願いします。
酉年になっちゃったんですよね。実は私、年男なのです!
めでたく今年で24歳(×2)になっちゃいます!万歳(笑)
今年も元気に仕事頑張って、大好きな音楽を聴きまくるぞ!
さて、今年一発目の記事は昨年末同様に誰のアルバムにしようか
迷いましたが私の中で殿堂入りしているミュージシャンのコレだ♪

BILLY JOEL 「52ND STREET」


1978年にリリースされた彼の5作目のアルバムとカウントされてますが、
長らく廃盤状態であった幻のデビュ―作「COLD SPRING HARBOR」が、
めでたく再発されたこともあり、通算6作目のアルバムになりますね。
前作「THE STRANGER」が大ヒットしてスターの仲間入りを果たした!
当然ながら?「52ND STREET」も大ヒットして1978年のグラミー賞では、
最優秀アルバム賞、最優秀男性歌手賞を獲得するなど大成功を収めた!
誰でも知ってる「HONESTY」「MY LIFE」などのシングルも大ヒット!
アルバムの内容は、ロック・ポップ・ジャズ・ラテンなど幅広い音楽性を
持つ楽曲が収録されていてニューヨークの雰囲気を感じとることができる。
アルバム・タイトルの52ND STREETはN.Yの52番街の事なんですよね。
ゲスト・ミュージシャンは、フレディ・ハバードジョン・ファディス
マイケル&ランディ・ブレッカーエリック・ゲイルなどのジャズ系から
ピーター・セテラなどのロック・ポップス系と、とにかく豪華な顔ぶれ!
ファンの間でも高い人気を誇るアルバムで最高傑作とも言われております。





私が初めて洋楽に興味を持ったのがビリー・ジョエルの楽曲なんですよ♪
以前にも書いていますが私が中学1年生の時に、どんなきっかけだったか
忘れましたが、クラスメイトから「さよならハリウッドのシングル盤を
借りて聴いてみたら今まで感じたことがない衝撃が体中を駆け回りました!
あっ、クラスメイトから借りたシングル盤はライブ・バージョンの方です。
一発でノックアウトでしたよ!その瞬間にビリー・ジョエルのファンになった。
そして、後日に当時の新作アルバム「THE NYLON CURTAINをカセットに
ダビングしてもらい聴きまくる日々が続き、ビリー・ジョエル狂になっていく。
アルバムも買い漁り、お小遣いはほとんどビリーのレコード代になりました。
その中でも特に「これ、めちゃくちゃいい!」と聴きまくったアルバムが、
52ND STREET」です!今でもビリーのアルバムの中で一番好きですね。
HONESTY」聴いた時は「これ、ビリーの曲だったんだ!」と知りました。
両親がよくFMを聴いていたので「HONESTY」もかかってたんでしょうね🎵
小学生だった私の心にも残るメロディーだったんだなぁ。超名曲ですものね。
大音量で聴けるリビングがある友人宅にレコードを何枚か持っていきまして、
THE STRANGER」「52ND STREET」「GLASS HOUSES」を聴いた時の
感動・衝撃は今でも忘れないぐらいに自分の心の中に刻み込まれています。
それからは洋楽が大好きになり、何故か父親が持っていたエルトン・ジョン
アンディ・ウィリアムス、トム・ジョーンズのシングル盤もよく聴いてました。
そういえば、
グランド・ファンク・レイルロードの1stアルバムもあったよ(笑)

年を重ねると音楽性の嗜好も変化していくもので、当時から全曲好きでしたが、
ジャズ風の「ZANZIBAR」は若い頃は収録曲の中での思い入れ度は低かった。
それが今ではNo.1なんですよ(笑)「BIG SHOT」「MY LIFE」を抜いて(笑)
フレディ・ハバードのトランペット・ソロを聴いて鳥肌立ててますからね(笑)
2006年の来日公演で「ZANZIBAR」演奏されたが鳥肌立てて泣いてました(笑)
トランペットはフレディ・ハバードではなかったけど、凄い感動したなぁ!
ZANZIBAR」のお陰でジャズも聞けるようになったからね。ありがとう。
昨日、久しぶりに「52ND STREET」聴いたけど、やっぱり傑作ですね!
なんだか、またBILLY JOELの全アルバムを聴きたくなってしまいましたよ♪







テーマ : Rock ジャンル : 音楽

16:38  |  BILLY JOEL  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。