2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.30 (Wed)

ALCATRAZZ 「DISTURBING THE PEACE」

GWですね。僕は26日からの10連休!を満喫中です(笑)
前半は友人達と会い近況報告や音楽談義で盛り上がり、
明日からの後半は家族で1泊旅行などでGWを楽しみます。
さて、早速ですが今回記事にしたいアルバムがコレです♪

ALCATRAZZ 「DISTURBING THE PEACE」


1.GOD BLESSED VIDEO
2.MERCY
3.WILL YOU BE HOME TONIGHT
4.WIRE AND WOOD
5.DESERT DIAMOND
6.STRIPPER
7.PAINTED LOVER
8.LIGHTER SHADE OF GREEN
9.SONS OF LOVERS
10.SKYFIRE
11.BREAKING THE HEART OF THE CITY

1985年にリリースされた2ndオリジナルアルバムです!
今作からギタリストがイングヴェイ・マルムスティーンからスティーヴ・ヴァイ
チェンジされています。サウンドも驚くほどにガラリとチェンジしておりますよ♪
前作の様式美な感じは影を潜めて、幅広い音楽性を融合させたような複雑な
ハード・ロックを表現している。スティーヴ・ヴァイのカラーが色濃く出てますね。
グラハム・ボネットの強烈なシャウトとスティーヴ・ヴァイの変態的ではあるが、
高等音楽理論を駆使した超絶ギター・テクニックを楽しめる傑作アルバムです。
 






中学3年生の時にリリースされた1stを聴いてイングヴェイ・マルムスティーン
ギター・プレイに
衝撃を受けたので、スタジオ盤、ライブ盤共に1枚出しただけで
イングヴェイ・マルムスティーン脱退のニュースには悲しんだものでしたね・・・。
スティーヴ・ヴァイ加入!というニュースにも「誰だ、お前は」てな感じでした。
ニュー・アルバム(本作ですよ)も最初は全然聴く気にもなれませんでした・・・。
しかし、レコードを購入した友人に「コイツのギター、化け物みたいだぜ!」と
興奮気味に薦めてきたのでレコードを聴かせてもらいに友人宅に行きました。
聴いた感想は確かに凄いけどイングヴェイのイメージが付きまくっていたので、
僕は、どうも好きにはなれずカセットにダビングしてもらうこともしませんでした。

それから、VAN HALENを脱退したデヴィッド・リー・ロスに引き抜かれて、
スティーヴ・ヴァイはあっけなくアルカトラスを脱退してしまいましたね・・・。
この時は、さすがにグラハム・ボネットがかわいそうに思えましたよ・・・。
デヴィッド・リー・ロス好きの僕は当然のように彼のソロ・アルバムを購入した。
聴きまくるうちにスティーヴ・ヴァイのギターもだんだんと好きになっていました。
それから、思い出したように「ディスターピング・ザ・ピース」を購入して聴いた♪
友人宅で聴いた時よりも楽しめて、いつの間にか愛聴盤になっていましたよ(笑)
グラハム・ボネットの絶叫ボーカルとの相性もバッチリ合ってると思いますね。
ホワイトスネイクに参加した時のアルバムより、こちらの方が僕は好きです。

今では1stより、こちらの2ndを聴くほうが多いぐらいになってしまいました(笑)
イングヴェイ・マルムスティーンの素晴らしいギター・テクニックを聴くのも、
食傷気味でありまして、現在は1年に1回聴くかぐらいになってしまってます。
 テクニカル過ぎるギター・プレイは、僕はあまり好んで聴くことはないのだが、
何故か、スティーヴ・ヴァイのギターは今でも飽きずに聴けてしまうんですよ。
ソロ・アルバムも好きでよく聴いてますよ♪ライブも観たことありますしね。
そんなスティーヴ・ヴァイの才能を世界中に知らしめたアルバムとして、
「DISTURBING THE PEACE」はロック・ファン、ギター・ファンには重要な
作品として後世にも語り継がれていくことでしょう。(オーバーだったかな)
 また、グラハム・ボネットスティーヴ・ヴァイのコラボを実現してもらいたいが、
 グラハム・ボネットには年齢的にもあの強烈なシャウトは望めないだろうなぁ。





 

テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

16:19  |  ALCATRAZZ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ぶらうん佐藤さん
こんばんは!

GW終わってしまいましたねー。
しかし10連休とは羨ましい限りです(^^)
旅行、楽しめましたか~?

アルカトラス、私も当時はよく聴きました。
正直申しますと、インギーがあまり好きではないんです(^_^;
グラハム繋がりでアルカトラスの1stは即購入、
初めて聴いたインギーでしたので単純に「すげー!」と(笑)
でもあの上がって下がっての超速弾きが次第に鼻につくようになり…

そんな中登場したのがスティーヴ・ヴァイでした。
初めて聴いたスティーヴは「なんて変態ギターなんだ!」と(笑)
音楽的にも全くの路線変更でしたね。
グラハムって曲が書けないらしいので、ギタリストによって
思いっきり音楽性が左右されるんでしょうね。
でもなかなか面白いアルバムでした。

スティーヴ・ヴァイはホワイトスネイクには合わないと思ってます。
一番似合ってたのはやはりデヴィッド・リー・ロスですよね。
実はグラハムにも合わないと最初は思ってたんです。
それはリッチーのフォロワーであるインギーに関連づいてたからかも…
私も開き直ってもう一度聴きなおしてみますね。
foxxtale |  2014.05.11(日) 00:59 |  URL |  【コメント編集】

■foxxtale様

foxxtaleさん、こんばんは!

旅行、楽しんできましたよ!
充実したGWを過ごすことができました。
foxxtaleさんはどうでしたか?

インギー、最初聴いた時は「すげー」でしたよね(笑)
僕も、あのワンパターン?には次第に飽きてしまいましたが・・・。
でも、ソロ・アルバムは何故か7枚持ってます(笑)

ヴァイを初めて聴いた時は本文のとおり「?」でした。
あまりにも凄すぎて僕の許容範囲を超えてましたね!
当時は、エディ・ヴァン・ヘイレンとインギーが僕の中では最高でしたから。
あの変態ギターの良さが全く分かりませんでした・・・。
しかし、好みは変わるものですね。今では好きですよ、あの変態ギター(笑)
聴いてて快感すら覚えてしまう時もあります。僕も変態ですかね?(笑)

ホワイトスネイクには、おっしゃられるとおり合わないですよね・・・。
でも、当時は「スリップ・オブ・ザ・タング」聴きまくってましたが、
過去の作品が好きになるにつれて「ダメでしょ・・・」て感じました。

久しぶりに「ディスターピング・ザ・ピース」聴いてみてください♪
グラハム&ヴァイの相性の良さが発見できるかもしれませよ!



ぶらうん佐藤 |  2014.05.11(日) 19:13 |  URL |  【コメント編集】

ぶらうん佐藤さん こんばんわ

10連休 楽しまれたようで何よりです!

イングゥエイはテクニカルプレイ重視な感じですがステーヴ・ヴァイのギターはメロディアスな印象を受けますね。

ヴァン・ヘイレンでのエディとロスの相性がピッタリだったように、ステーヴとグラハムの相性もほんとにマッチしてると感じます♪
ももPAPA |  2014.05.12(月) 23:19 |  URL |  【コメント編集】

■ももPAPA様

ももPAPAさん、こんばんは。

充実した10連休を過ごすことができました!

スティーヴ・ヴァイの超絶テクニックには唖然とさせられますが、
ソロ・アルバムでのバラード・インストにおけるエモーショナルで
メロディアスなギター・プレイには感動させられます♪

ALCATRAZZでのグラハム・ボネットの絶叫シャウトと、
スティーヴ・ヴァイの変態ギターは相性良いですよね!
もう一度コラボしてもらいたいものです♪
ぶらうん佐藤 |  2014.05.13(火) 22:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://agreeable.blog115.fc2.com/tb.php/220-07bdc5be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。