2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.30 (Sat)

PAUL RODGERS 「MUDDY WATER BLUES- A Trivute To Muddy Waters」

8月も早いもので今日を含めてあと二日で終わろうとしている。
今月は曇りや雨の日がほとんどで「熱い夏」を体感できなかった。
広島では大雨で土砂崩れが発生して多くの方が亡くなられました(涙)
亡くなられた方のご冥福と早期の生活基盤の復旧をお祈りします。

ここ愛知県は久しぶりに朝から晴れて気持ち良い天気になりました。
カラッとしていますので過ごしやすく、を感じさせてくれてます。
さて、今回は秋に聴くとピッタリな渋くてかっこいいCDを紹介します♪

PAUL RODGERS 「MUDDY WATER BLUES」

A TRIBUTE TO MUDDY WATERS

1.MUDDY WATER BLUES (ACOUSTIC VERSION)
2.LOUISIANA BLUES
3.CAN'T BE SATISFIED
4.ROLLIN' STONE
5.GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL (PART 1)
6.HOOCHIE COOCHIE MAN
7.SHE'S ALRIGHT
8.STANDING AROUND CRYING
9.THE HUNTER
10.SHE MOVES ME
11.I'M READY
12.I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU
13.BORN UNDER A BAD SIGN
14.GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL (PART 2)
15.MUDDY WATER BLUES (ELECTRIC VERSION)

(1993年リリース作品)

いや~、これは大変素晴らしいトリビュート・アルバムですよ!
ポール作のタイトル曲以外はマディ・ウォーターズ作品を中心に、
ブルースの名曲をナイスアレンジしたアルバムに仕上げております♪
ポール・ロジャースの熱くてソウルフルなボーカルはもちろんのこと、
参加しているギタリストのメンツが超豪華で目が眩みそうです(笑)
 ジェフ・べック ゲイリー・ムーア ブライアン・メイ ブライアン・セッツァー 
ニール・ショーン トレヴァー・ラビン リッチー・サンボラ スラッシュ
デヴィッド・ギルモア スティーヴ・ミラー そして、バディ・ガイ  
凄いメンツですね!僕はこれだけで本作を買っちゃいましたから(笑)
リズム・セクションも豪華でしてジェイソン・ボーナムがドラムを叩き、
ベースはなんと!ピノ・パラディーノですよ!こちらも凄いですよね!!
選曲も良いのだが、やはりメインはポール・ロジャースの熱いボーカル♪
胸を熱くするボーカルが堪りません!ほんと素晴らしいの一言です!
ブルース・ロックを歌わせたら無敵な感じの貫禄十分のボーカルだ!
フリーバッド・カンパニーで彼のボーカルの上手さに圧到されましたが、
ここで聴けるポール・ロジャースのボーカルには更に圧到されましたね!
そして、錚々たるギタリストのプレイも思う存分に楽しめることができる!
全曲聴きごたえのあるギター・ソロを堪能できます。これは必聴ですよ♪
購入した当時、僕はまだ20代半ばで本作は「渋いなぁ」と感じていたが、
40代半ばになった現在では、大好物のアルバムになっていますよ(笑)
これからの季節に飲みながら聴くと最高の一枚になると思います(笑)
本物のブルース・ロックが聴きたい貴方にお薦めのアルバムですね♪









テーマ : BLUES ジャンル : 音楽

14:54  |  PAUL RODGERS  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ぶらうん佐藤さん こんにちわ

ポール・ロジャース

いいですね! 

ギルモアのギターは硬質で長いトーンが特徴的というか、彼独特の音世界を作ってますが、ブルースも味わい深いギターを聴かせてくれてますね。

やはり、大方のギタリストはみなブルースを基盤として独自のサウンドを築きあげてるんですね。
ももPAPA |  2014.10.10(金) 12:20 |  URL |  【コメント編集】

■ももPAPA様

ももPAPAさん、こんにちは。

ギルモアをはじめ、ジェフ・べック、ゲイリー・ムーアなど参加しているギタリストの個性が十分に出ているギタープレイは、このアルバムの聴きどころですよね。そして、なんと言ってもポール・ロジャースのボーカルです!ソウルフルでブルージーなボーカルが堪りません!お薦めアルバムです♪

ぶらうん佐藤 |  2014.10.13(月) 17:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://agreeable.blog115.fc2.com/tb.php/227-d156e036

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。