2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.19 (Sat)

BAD ENGLISH 「BACKLASH」

前回に続き今回も秋の夜長に聴きたいメロディアス・ロックの名盤を紹介♪

BAD ENGLISH 「BACKLASH」


1.SO THIS IS EDEN
2.STRAIGHT TO YOUR HEART
3.TIME STOOD STILL
4.THE TIME ALONE WITH YOU
5.DANCING OFF THE EDGE OF THE WORLD
6.REBEL SAY A PRAYER
7.SAVAGE BLUE
8.PRAY FOR RAIN
9.MAKE LOVE LAST
10.LIFE AT THE TOP

ジョン・ウェイト(Vo)
ニール・ショーン(G)
ジョナサン・ケイン(Key)
リッキー・フィリップス(B)
ディーン・カストロノヴォ(Dr)


(1991年リリース作品)

JOURNEYBABYSの元メンバーにディーン・カストロノヴォを、
加えたスーパー・バンド、BAD ENGLISHの2ndアルバムです!
そういえば、ジョナサン・ケインは両方のバンドに在籍してましたね!
本作リリース後に、バンドはあっけなく解散してしまいましたが・・・。
大成功した1stの次作ということでプレッシャーもあったと思われるが、
(このメンツならプレッシャーなんて無かったかもしれないですね)
サスガ!と思わず唸ってしまう傑作アルバムを作り上げていた!
大人の哀愁漂うメロディアス・ロックをたっぷり味わえる作品です♪
1stより落ち着いた感じを受けるが曲の出来は2ndの方が良いと思う。
聴き手の心に沁み込んでくる美しいメロディーにウットリしてしまいます。
特にジョン・ウェイトのボーカルには惚れ惚れしちゃいますね。上手いです!
力強くロックを歌う声も良いが、バラードを歌わせたらピカイチですね!
ニール・ショーンも彼らしい緩急自在の素晴らしいギターを弾いています。
自身は、ギターが抑えられてしまって不満爆発だったみたいですけど。

それが原因で?製作中、メンバーは分裂状態になっていたようですが、
それでも、これだけ素晴らしい作品を作ってしまうとは!サスガです(笑)

24年前の今頃にリリースされたんだよなぁ。ちょうど失恋した頃だ・・(涙)
確かフレディ・マーキュリー死去のニュースも、この少し後だったな・・(涙)
傷心していた頃に聴いた「BACKLASHは、めちゃくちゃ心に沁みたなぁ。
哀愁漂うロックサウンドが僕の傷ついた心を優しく癒してくれていた♪
あの時に、傷心から立ち直れたのは「BACKLASH」のお陰でもある(笑)











テーマ : HR/HM ジャンル : 音楽

20:03  |  BAD ENGLISH  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■沁みますね

ジョン ウェイトの声は染みる
私もバッド イングリッシュは大好きです。
言っちゃあなんですけどジャーニーよりもと・・・
以上、哀愁のメロディー愛好家のグラハムボネ太郎でした
グラハムボネ太郎 |  2015.09.20(日) 07:11 |  URL |  【コメント編集】

■グラハムボネ太郎様

こんにちは!
BAD ENGLISH、良いですよね!
ジョン・ウェイトのボーカルは沁みますよね!
曲も良い曲ばかりで、こちらも心に沁みてきます♪
でも、僕は僅差でJOURNEYかな・・・(笑)
以上、哀愁のメロディーオタクのぶらうん佐藤でした。
ぶらうん佐藤 |  2015.09.20(日) 15:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://agreeable.blog115.fc2.com/tb.php/257-bb071458

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。